ブログ

ダイカストの現代までの歩みと用途

ダイカストとは、「ダイ・キャスティング」の略で金属の鋳造方のひとつです。

ダイカストは一般の鋳造法に比べて、短時間で高精度の製品を製造できるため、現在多くの企業でダイカスト鋳造法が採用されています。日本では第一次世界大戦前の1910年にダイカスト製法に関する研究が始まり、大戦後にダイカスト生産が始まり、高度経済成長や自動車産業の発展によりダイカスト製法は多くの企業に導入されるようになってきました。

また、2000年代に入ると、FA化の動きが強まり、コンピュータ・コントロールによるダイカスト製法はますます重視されるようになりました。鋼とその他アルミニウム等の非鉄金属を混合させることによって、強度を向上させた金属を鋳造することができますが、その合金の鋳造にもダイカスト法を用いることができます。

アルミニウムなどを利用して鋳造された合金は非常に靭性(じんせい)が高く、自動車エンジンの、シリンダーブロック、クランクケース、また、トランスミッションのミッションケースなどにも用いられています。

中でもアルミダイカストとは特にアルミニウム合金のダイカスト鋳造法を指します。
アルミダイカストは機械性能の向上のための優れた鋳造法として注目されているのです。

太陽パーツでは、ダイカストに強みを持ち、お客様にメリットのある方法を提案しております。ダイカストやモノづくりで悩まれている方はぜひ太陽パーツまでご相談ください。
金属、ゴム、樹脂製品の製造、その他の機会加などにも対応しております。

●コスト削減に強みを持つダイカスト鋳造法についてはこちらから
http://www.taiyoparts.co.jp/lp/

関連する記事