太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > ダイカスト > 自動車におけるダイカストの展開性について

自動車におけるダイカストの展開性について

ダイカスト製品が用いられる傾向として、特にエンジン部品やカバーなどに利用されています。
また、最近ではその応用分野として、自動車ボディや足回り部品への展開が進んでいます。特にボディ分野は今後発展性を見込める分野であると思われます。

最近は自動車も計量化が求められているので特にアルミの利用分野については広がりを持ち、ダイカストはその寸法精度の高さを利用したボディの開発に貢献しています。
海外の自動車メーカーは、高性能の車種に採用してきており、その歴史も深いです。日本でも一部の車種にはドアなどで採用されたりしています。

足回り部品では、高級スポーツカーや高級セダン等で採用されており、実績も増えてきているため、その生産コストダウンが命題でもありますが、設備自体は汎用化が進んでいるため、いずれ採用車種は増えていくと考えられます。

一足飛びにカーボンの応用が叫ばれているところもありますが、成形性の問題や価格がまだまだ高いこともあり、普及には時間がかかりそうです。
機械関係部品が逆に樹脂化する傾向の中、自動車への応用についての開発は今後加速すると思います。


太陽パーツのダイカストでは、生産コストダウンの課題に答える「エコダイカスト」という製法をご提案しております。
金型製作費用を従来の半額に抑えられるため、生産コストの削減につながります。生産コストでお悩みの方は、ぜひ太陽パーツへご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > ダイカスト > 自動車におけるダイカストの展開性について


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.