太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > ダイカスト > アルミダイカストの融点と金型の関係

アルミダイカストの融点と金型の関係

アルミニウムという金属材料は融点が低いため、金型に流れ込んだ溶解金属が金型を溶かすことがありません。そのため金型として他の鋼などを使うことができます。

反対に、鋼や炭素含有量の多い鋼鉄などを溶かして、ダイカスト鋳造しようと思えば、その鋼鉄の融点より高い融点の金属で金型を作る必要があります。

もし、成形したい金属材料よりも融点の低い金属を用いれば、溶融金属と金型がくっついてしまったり、金型が溶けて溶融金属の一部として成形されてしまうことが、考えられるからです。


そこで、一般の鋼より融点が低いアルミニウムは重宝されるわけです。
鋼の金型でダイキャスティングできるアルミニウムは成形性もよく、他の多くの特性にも優れています。

また他の金属とも相性がよく、アルミニウム合金という形でも用いることができます。
一般にはアルミニウムに他の材料を添加したアルミニウム合金が広く用いられています。
例えばシリコン、マグネシウム、ニッケル、スズ、チタン、クロムなど他にも多くのレアメタルと呼ばれる金属がアルミ合金に用いられます。

これらのレアメタルを用いてダイキャスティングされた合金は様々な特性を備え、工業機械の最新技術において欠かせない金属材料となっています。


太陽パーツでは、ダイカスト鋳造に強みを持っております。
アルミダイカスト鋳造からその他の金属による鋳造まで、お気軽にご相談ください。
特にコスト削減に大きなメリットのあるダイカストのご提案もしておりますので、ぜひ一度お問い合せください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > ダイカスト > アルミダイカストの融点と金型の関係


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.