太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > ダイカスト > アルミダイカストと進化する技術

アルミダイカストと進化する技術

金属の材料は通常、酸素の含有量を調整するための熱処理を施すことが定例となっています。
しかしながら昨今注目を集めているアルミダイカストは、その熱処理を必要としていません。

その理由は簡単です。
鋳物は基本的に熱処理を施すと不具合を生じる可能性があるため、熱処理はしないのです。
また、この熱処理工程を外すことがコスト削減にもつながっています。


しかし、熱処理を施すことで、アルミダイカストの素材の性質をさらにアップすることが可能であることが認識されつつあり、熱処理をほどこす動きもでてきています。

具体的な方法は、真空処理によって酸素などをはじめとした空気そのものをシャットアウトすることで、熱処理による不具合をさけることができるということです。
これを真空ダイカストや無孔性ダイカストと呼びます。


最近では、不可能と言われてきた他の素材とアルミダイカストのスポット溶接での接合処理が可能になってきています。
さらに肉厚が問題となってきた点も研磨する技術開発によって徐々に肉薄のものが開発されつつあります。

技術の進化によってアルミダイカストの可能性はますます広がりを見せています。
今後、ダイカスト鋳造をお考えの方、新しい製品づくりに挑戦されたい方は、ぜひ太陽パーツまでご相談ください。

皆様にメリットのある製法などご提案いたします。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > ダイカスト > アルミダイカストと進化する技術


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.