ブログ

量産性に強みをもつアルミダイカストのメリット

アルミダイカストとは簡単に言えば、金型の中に高熱で溶かしたアルミニウムを流し込み、冷えて固まったところで型を外し形状を取り出す製法です。
最近では形状次第では精度も段々と機械加工のレベルに近づいてきています。

つまりしっかりとした型を一回作ってしまえば、それを繰り返し利用することによりかなりの精度で同等のものが作れるという事になります。

現在一般的に使われている材質の金型だと、ある程度精度を必要とする機構部品でも一つの型から50,000個くらいの製品が生産可能とされています。製品の材質や形状により異なる場合もあります。

一つ一つ手作りになると製作に時間がかかり、もちろんその分製品の単価も上がってしまいます。
ですが、アルミダイカストを利用すれば金型が劣化しない限りほとんどの工程はひとつの機械で行うことができます。

金型の寿命が来るともう一度同じ型を作らなければいけません。
大型の製品や複雑な部品になればなるほど、金型製作には大きな費用が掛ってしまいますが、それでも大抵の場合は一個ずつ生産する板金加工や切削加工などよりも価格的にもメリットがあります。

しかも太陽パーツであれば、ダイカストの金型製作に必要な費用が従来の半額になる製法をお届けしております。

複雑な構造の上に一定以上の精度が必要で、なおかつ大量生産が求められるような場面になれば、アルミダイカストはますます力を発揮できる技術です。

大量生産の製品をお考えならば、量産性に強みを持つダイカスト技術を利用してみませんか?
また金型製作費用が抑えられるため、小ロットの生産にもご利用いただけます。

ダイカスト鋳造をお考えの方は、お気軽に太陽パーツまでご相談ください。

関連する記事