太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > ダイカスト > アルミダイカストと金型温度の関係

アルミダイカストと金型温度の関係

アルミダイカストは技術の向上によって精密かつ複雑な製品を作る事ができるようになってきています。
より複雑な形状のものを製造できるようになってきても、不良品を完璧に防ぐことは難しいでしょう。

例えばダイカストの場合、技術の問題だけでなく、金型温度も密接に関係しています。
アルミダイカストで作る製品の不良品は、気泡が入ってしまうなどがほとんどです。
ところがそれ意外にも金型に製品が焦げ付くなどの不良も発生することがあります。

通常、ダイカストで製造した製品は、金型から外す時に水溶性の離型剤を使って剥がします。
この水溶性の離型剤を使うのはずっと伝統のようになっていますが、この離型剤が原因で起こる不良品も少なくはありません。

最近では、油性の離型剤も登場し、製品の剥がれが良くなり不良品が出にくくなったというわけです。これは金型温度が高温になる事と水の蒸発の関係を研究した結果得られたことです。


アルミダイカストを含めたダイカスト技術はこれからもまだまだ発展します。
太陽パーツでは、高精度・高品質のダイカスト鋳造を行っております。
不良品にお悩みの方を始め、コスト削減や製造方法のご提案も行りますので、ぜひお気軽にご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > ダイカスト > アルミダイカストと金型温度の関係


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.