ブログ

携帯電話やスマホの製造にも利用されるダイカスト技術

現在の便利な発明品のひとつと言えば、やはり携帯電話やスマホがあげられるのではないでしょうか。
電波さえあればどこでも、誰にでもつながる事ができる携帯やスマホなどの便利なものを作るためには、やはり最先端の技術が必要になります。

携帯電話やスマホは小さな精巧な部品のひとつひとつを丁寧に組み上げる事でできていますが、その部品の一部にはダイカストで作られた製品が使われています。
どの部分に使われているのかというと、基板であったり電池ボックスであったりと、意外と重要な部分の部品を製造するのにダイカストという技術が使われているのです。
もちろんケースなどもダイカストで製造することも可能です。

ダイカストでこれらの部品を製造するのには理由があります。
ダイカストは金型に高温で溶かした材料を流し込み、圧力をかけて冷やして形成します。
このようにダイカストの製造法は金型を用いて製造するため、同じ寸法精度で大量生産が可能になることが、その理由のひとつです。
そのため、部品の形状や寸法などのバラ付きを極力を抑えることができます。

一度に大量に作る事も可能ということは、人件費の削減にもつながるため、トータルコストの削減にもつながるのです。
ダイカストは様々な部品の製造をする事が可能なので、様々な分野で活躍する製造方法です。
このような高い技術があるからこそ携帯電話やスマホの小型化や量産が可能になったと言っても過言ではありませんね。

太陽パーツではお客様のご要望の製品づくりをサポートしております。
ダイカストを始め、アルミ押出、切削加工、板金加工など、その他の製法にも精通しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

関連する記事