太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > ダイカスト > ダイカスト鋳造と砂型鋳物の比較

ダイカスト鋳造と砂型鋳物の比較

型を使って部品を製造する鋳造という製造方法にはいくつかの方法があります。
その中でも代表的なのがダイカスト鋳造と砂型鋳物という方法があります。また、この二つの方法は溶かした材料を流し込んで冷やして固めるという製造工程がとてもよく似ています。

ところがこの二つの製造方法というのは似ていても全く違うものなのです。
どちらの製造方法にも特徴があり、得意なものとそうではないものがあるため、その製造方法に合った製品を加工する事が望ましいでしょう。
そこでどちらの製造方法がどんな製品に最適なのか、それぞれの特徴と製法を比較してみましょう。

ダイカスト鋳造の特徴は次の通りです。

・早く鋳造する事ができる。
・自動でできるので人件費がそれほどかからない。
・精密部品を作れるので二次加工をあまり必要としない。
・薄肉部品を作る事ができる。
・部品の寸法が一定して精度が高い。
・鋳肌がキレイなので表面処理が簡単にできる。
・インサートの利用ができる。
・材料が節約できる。
・最も生産性が高い。

砂型鋳物の特徴は次の通りです。

・少量生産ができて経済的。
・アンダーカット形状の製品が簡単である。
・大きな製品を作る事ができる。
・鉄や銅などの材質の製品も作れる。
・溶接が簡単にできる。
・試作期間が短い。
・1回製造するごとに新しい砂型を必要とする。


それぞれの特徴を比較してみると、ダイカスト鋳造で加工した方が適しているというものと、砂型鋳物で製造した方が良いものとが別れます。
それぞれの特徴を知ることにより、最も適した製造方法はどれなのかを検討する事ができるでしょう。

太陽パーツでは、様々な加工技術と取り扱っている他、これまで気づいたノウハウを元に、お客様にとってメリットのある最適な製法をご提案いたします。
モノづくりのことなら太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > ダイカスト > ダイカスト鋳造と砂型鋳物の比較


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.