太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > ダイカスト > 肉厚と肉薄の製品づくりに利用されるダイカスト技術

肉厚と肉薄の製品づくりに利用されるダイカスト技術

ダイカストで作られた製品や部品は、荒いというイメージはありませんか?
ですが、最近では精密部品を同じ精度で大量生産ができ、技術の向上により様々な分野でダイカストは利用されています。

特に肉厚製品において、は軽量化には欠かすことができない技術がダイカストです。
最近では小型軽量化や薄型という製品が求められる傾向にあります。例えば、パソコンやテレビなどを見てみるとわかるように、薄型イコール軽量化であり技術の集結が感じられます。事実薄型にするためにはかなりの技術が必要であり、その考え方は間違いではありません。

ダイカストでも部品を薄くするために、日々研究が行われています。
例えば、アルミダイカストの場合、薄い形状の製品を作る時の平均的な肉厚は、1mm~8mmだと言われているのですが、より軽量化や小型化にするためにはこれでは厚い場合もあるでしょう。
そのため材質を変更してみたり金型を改良してみたり、溶湯の温度を調節するなど、経験や技術、今まで培ったノウハウを元により良い製品を作るため日々技術は進歩しています。


太陽パーツでは、ダイカスト技術を始め、あらゆる製造方法に精通し、お客様の製品づくりをサポートしております。
肉厚や肉薄の製品づくりをお考えの際には、太陽パーツまでご相談ください。

太陽パーツでは、お客様にコストメリットのダイカスト技術もご提案しております。
詳しくは、一度お気軽にお問い合わせください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > ダイカスト > 肉厚と肉薄の製品づくりに利用されるダイカスト技術


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.