ブログ

ダイカストと他の鋳造法との比較【1】

ダイカストというと生産性が高くて均一に制度の高い製品を大量に作る事ができる技術なので、どうしても他の鋳造法とはちょっと違います。
実はダイカストだけではなく他にも鋳造法を用いた製造方法があります。それぞれに特徴があってメリットやデメリットがあるものです。
今回は、ダイカストと他の鋳造法を比較してみる事にしました。まずはダイカストについてわかりやすく説明いたします。

・ダイカストは高い生産性と低コストな鋳造法
金型を使った鋳造法の中で、ダイカストはどの鋳造法より速く製品を鋳造する事が可能な技術です。
さらに、製品の加工を行う時にたくさんの職人は必要ありません。セットしてしまえばスムーズに作業を開始する事ができ、連続で製品を製造できます。
製造された製品は高い寸法精度があり、表面が他の鋳造よりもなめらかである事が多いため、美しい部品を短時間で大量生産する事ができる技術であると言えます。
また、金型を一度作ると数千個~数万個製造する事が可能なので、コストを削減したい場合にも有利でしょう。
また、薄肉の製品を鋳造する事ができますが、厚みが欲しい部分があれば望み通りに製造する事が可能です。
太陽パーツではダイカストのコストをさらに削減できる、エコな金型を用いて加工を行います。少しでもコスト削減を検討されているのであれば、太陽パーツへお気軽にご相談ください。

関連する記事