太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > ダイカスト > ダイカスト法にもメリット・デメリットはある!

ダイカスト法にもメリット・デメリットはある!

ダイカストは技術の進歩によって、様々な製品を製造する事ができるようになりました。製品の加工表面はとても美しく、処理を行う時にも容易に行う事が可能です。
より小さな製品を作る事もできるようになり、高い技術でより複雑な製品を作り出す事が可能になりました。そしてその技術は今も進歩を続けています。
ダイカストでの部品生産を行う事のメリットはたくさんあります。その最たるメリットと言えば、金型で製造するため大量生産を行う場合にはコストが安く済むという点です。
複雑な形状でも肉薄な製品の製造を行う事も可能な加工技術ですが、どんな加工技術にも問題点はあるものです。メリットが大きい分デメリットも全く無いとは言えないのです。
ダイカスト法のメリットは極小の製品から大きな製品まで作る事ができる点、大量生産をする時には低コストで作る事ができる点、そして製品の表面がとても美しいという点。
もちろんデメリットはそう多くはありません。例えばどうしても溶けた金属を使って製造を行うため、”す”が入ってしまう事があります。これはガスが発生するためです。
技術によってガスの発生を抑えられるようにもなったようです。そしてもう一つのデメリットが金型の費用が高い事です。
ダイカストで製品の製造を行うためには、まず金型を製造してから製品の生産を行います。この金型はとても頑丈に作られていますが、溶けた金属で製品の製造を行うため、痛みが激しいというデメリットがあります。
そのため金型は一定の個数を生産したら再び新たに金型を必要とするので、定期的に金型の費用がかかってしまうわけです。
つまり金型にかかる費用を抑える事が、ダイカスト製品を作る時の最大のデメリット回避になります。
もし金型のコストを少しでも下げたいと思うのならば、太陽パーツへ金型の製造をお任せしてみてはいかがでしょうか。通常の半額で製品の生産ができますのでデメリットがメリットに代わるかもしれません。

詳しくは太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > ダイカスト > ダイカスト法にもメリット・デメリットはある!


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.