太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 切削加工 | 加工について > 【切削・研削・研磨】それぞれの加工について ~1~

【切削・研削・研磨】それぞれの加工について ~1~

金属を加工するための加工方法は『切削』『研磨』『研削』などの方法がありますが、どの加工方法で部品の製作を行うのかについては、部品がどんな形状であるかや部品に求められる寸法精度などにも関係しています。

今回は切削加工、研磨加工、研削加工のそれぞれの加工方法やどのような製品の加工に向いているのかについてをご紹介いたします。

【切削加工】
切削加工とは刃物やドリルなどの工具を使う加工方法です。加工機械としてはフライスや旋盤加工、マシニングセンタやNC旋盤ほか複合機などがこれに当たります。ボール盤やペンチレスなども切削加工の一種ですね。

切削加工の特徴としては刃物を使いますので、ある程度の厚みで加工ができるので加工がスピーディーです。粗取りから仕上げ加工までができるので、中心的な加工技術として使用されています。

ちなみに切削加工はプレス加工やダイカスト、押出などで使用する金型を加工する時などにも利用される技術でもあります。最近は金型の精度が上がって精度の高い製品ができるようになったと言われていますが、これも切削加工の技術が発達した賜物かもしれません。

また、加工場の特徴としては刃物である程度の切込みで削っていくので、大きめの削りかすが出ます。

【研磨加工】
研磨加工とは加工済みの製品の表面をさらに滑らかにするために仕上げの仕上げ加工として利用されます。例えば製品の性質上切削加工の細かな溝もキレイにしたい場合などに使われる加工技術です。

研磨加工は『遊離砥粒方式』と『固定砥粒方式』があり、これらの加工に使われるツールは砥石やラップ剤です。砥粒とウエイトを使って製品を一定の圧力で加工していきます。

平研のようにテーブルの中に製品を入れて加工するタイプもあれば、軸に加工する製品を取り付けて回転させ、円錐形の大きな回転した砥石を近づけて仕上げ加工を行ったりします。

砥石の形状も色々とあって、加工する製品の形状に合わせた砥石を注文する事ができます。加工後の表面はとても滑らかで切削による削り跡などもキレイに仕上げる事ができます。

~2~へ続く=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > 切削加工 | 加工について > 【切削・研削・研磨】それぞれの加工について ~1~


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.