ブログ

身の回りにあふれるダイカスト製品

普段私たちが何げなく使っている製品がどのように作られているのかご存知でしょうか?

知っているようで知らないことが世の中には多いですが、今回は私たちの身の回りにあるダイカストで生産されている製品についてご説明いたします。


私たちが移動手段として使っているのが自動車です。自動車には多くの鋳造技術が活用されていますね。

例えばエンジンはダイカストで生産されています。ダイカストはできるだけ組み立てを必要としない複雑な形状のエンジンを作るのに最適なのです。
寸法精度が高いので、船舶や鉄道や航空関係の機械部品に生産機械の部品まで、幅広い分野で製品が使われています。特に製品の原料がアルミなどの非鉄金属なので、軽量化や小型化などにも貢献しています。


携帯電話などが軽量化や薄型化できるのもダイカスト技術の進歩が少なからず影響しています。スポーツ用品などでもダイカスト技術が活躍しています。ゴルフ用品やスキー用品などにも使われていますし、釣り用品ではリールの部品の生産にも貢献しています。


最近では特殊鋼を使ったダイカスト製品もあります。高い精度が必要なカメラ用ハウジングや、無線通信に仕様される部品などの生産にもダイカスト技術が活用されています。


溶かした金属を金型と同じ形状に加工できる技術なので、金型の技術が高くなればなるほどより複雑な製品の生産が可能です。


鋳造技術は古くから世界中で用いられてきた生産技術です。その中でもダイカストは鋳造技術の中でも、最も身近に使用されている家電製品や自動車やバイク、自転車などの部品を作るのに利用されていることがわかります。


寸法精度が良く大量生産が可能な技術であるからこそ幅広い分野でその技術が使われているのですね。そして今後も技術はどんどん進化していくでしょう。


太陽パーツではダイカスト技術で多くの製品の生産に携わってきました。

もし現在ダイカストでの製品の生産を検討していたり、ダイカストについてお知りになりたいことがあれば、ぜひ太陽パーツにお気軽にお尋ねください。

関連する記事