ブログ

ダイカスト(ダイキャスト)金型の製造・設計なら太陽パーツへ

ダイカスト製品の鋳造を行うためには、まずダイカスト金型が必要になります。

ダイカスト(ダイキャスト)は、ダイカストマシンに取り付けられた金型にアルミニウムやマグネシウムなどの融解金属を高圧で射出し、成形・鋳造します。

そのため、ダイカストは生産性も高く、量産にも適した製法です。
ダイカスト製品は寸法精度も高く仕上がり、複雑な形状の製品でも容易に鋳造することができるため、様々な分野で活用されています。

そのような高精度の製品を製造するためには、冒頭でも述べたように金型が必要になります。
お客様が作りたい製品の形状などのご要望を詳しくお聞きした上で、より高品質で、コスト削減につながるダイカスト金型のご提案をさせていただきます。

ですが、ダイカスト金型といえば製造・設計には品質・コスト面でも、お客様に大きな影響を与えてしまいます。

さらに従来まではダイカスト金型の設計・製造といえば、固定型と可動型の2種類の金型を必要とするため、その両方を設計・製造しなければいけません。

しかし。
太陽パーツでは、そんなお客様のご負担を少しでも軽減するための対策を行っております。
それが『エコダイカスト』です。エコダイカストは、従来の品質を変えることなく、金型費用が半額になります。

それは、固定型の金型であるベース部を太陽パーツ保有の金型を使用いたします。
そのため、お客様には製品部分の金型となる可動型のキャビティ部のみのご負担となります。

高額な金型費用にお困りの方は、コスト削減に有効なダイカスト金型の設計・製造なら太陽パーツまでご相談ください。

お問い合わせはこちらから

関連する記事