ブログ

インジェクション成形について

今回はインジェクション成形の話です。

インジェクション成形ですが、金型内に樹脂を注入することからインジェクション成形(Injection molding)と言われます。

インジェクション成形は、主としてプラスチック部品など微妙に複雑な形状を作るときの成形方法方法です。
そしてその用途は日用品から精密部品まで様々に対応できるのが特徴ですし、また、複雑で精巧な部品が短時間で完成させることができ、非常に生産性が高い工法という特徴があります。

プラスチック加工を行う場合にはインジェクション成形の場合が多いといえるでしょう。

言い方ですが、インジェクション成形は、プラスチック射出成形と呼ばれることもあります。
プラスチック射出成形のほうがイメージはわきやすいかもしれないですね。

プラスチックは今日の社会の様々な分野で使われている大事なものですし、現代社会にとって、なくてはならない物です。
近年の地球環境問題など環境対策等の問題が顕著に現れてくる製品、アクリル、ポリカーボネイトなどの樹脂製品は今後もその環境との関連での配慮を意識しながらニーズがなくならないものでしょう。

関連する記事