ブログ

ダイカスト金型の金型寿命

ダイカストで製品を製造する場合、その金型の寿命についても考えなければいけません。
例えばダイカストで製造した製品で利益を得ても、金型の寿命が短かったり、補修・更新など頻繁にあれば、コストメリットがありません。

ダイカスト金型の寿命は、製品の形状や製造する材質によっても大きく変わってきます。
アルミ合金と亜鉛合金では、亜鉛合金の方が溶解温度が低いため、より多くの製品を製造することができます。

例えば、アルミ合金であれば、溶解温度が高くなるため金型の寿命は数千~数十万ショットになります。
亜鉛合金を使用する場合は、約数十万ショットから100万ショットぐらいになります。

回数で寿命を決める場合もありますが、製品の仕上がり・美観などで寿命を決める場合もあります。

鋳造ごとに金型のメンテナンスを行うことも重要なポイントのひとつです。
より鋳造回数を重ねれば重ねるほどにメンテナンスは重要なものになります。メンテナンスを行うことで金型寿命を引き延ばすことができます。

太陽パーツでは、ダイカスト技術に強みをもち、長年のノウハウをもとにお客様により長くご利用いただけるダイカスト金型をご用意いたします。
また、ダイカスト金型ならエコダイカストで皆様の金型製造コストも半額になりコスト削減につながる方法もご提案しております。

ダイカストのことならどのようなことでも太陽パーツまでご相談ください。

関連する記事