太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 機械加工

機械加工 Archive

様々な機械を使用する板金加工での安全対策について

板金加工は金属の板を使って製品の生産を行う技術です。板金という名前の通り金属の板を「曲げる」「切断する」「溶接する」といった加工を行い部品を加工するのです。

さまざまな加工方法があるので、板金加工を行う際にはその加工に適した機械を使って加工されていきます。板金加工の機械で金属の板を切る加工を行う時、ハサミを使うように切るのではありません。
また、曲げる加工を行う時も決してゆっくりと時間をかけて曲げたりするわけではありません。共通の金型を使って圧力をかけて切断したり曲げ加工を行ったりします。
時には高速で機械が動く加工もあるでしょう。作業を行う時は全自動ではなく人の手を添えて加工を行う事もあります。もしも加工を行う時に指や手などを挟み込んでしまったらただでは済みません。
高圧で押されるわけですから骨折したり、指を失う可能性も無いとは言い切れません。このため板金加工においては安全対策をしっかりと行う必要があります。
もちろん人がケガをするというだけではありません。機械に不具合を起こす可能性だってあるのです。例えば安全対策をしていても機械がそれを察知しない事もあります。こうした危険を回避し安全確保を行うためには、人への教育も非常に重要ですが、機械の点検を毎日しっかりと行うという予防策も必要になるのです。

特にせん断加工を行うせん断機械とプレスブレーキは事故が多発しているので、なぜ事故が起こるのかについてを学び、少しでも事故を減らせるよう安全装置の特性を理解する事が必要です。
例えばプレスブレーキやせん断機械に挟まれないように注意していても、安全装置が検知できない場所、つまり安全装置の死角がある事を頭に入れておくと良いでしょう。
安全装置外のパンチとダイの間に指を挟む事故は、レーザー安全装置を取り付ける事によって改善は可能です。ただしレーザーが当たらない死角があるのも事実です。
事故が起こる事によって生産性が低下してしまうだけではなく、取り返しがつかない大けがをする可能性がありますので、安全対策への教育を徹底する必要があります。

太陽パーツでは板金加工に限らず常に安全対策についての教育を行っています。お客様にも安心して安定した製品の供給をお約束いたします。板金加工に限らずあらゆる金属加工のご相談をお待ちしております。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工の要素を調べてみました

プレス加工はさまざまな製品の生産に使われている金属加工技術の一つです。プレス加工は金型を使って数秒から数分で製品の生産を行えます。
短時間で大量に部品の生産が可能なので、自動車のボディなどの大きなものから日用品に至るまで、あらゆる分野で活用されている生産技術です。

とても優れた加工技術ですが、全ての製品をプレス加工で行えるかどうかは別のお話です。プレス加工でその製品の加工ができるかどうかについては、いくつかの条件を満たしている必要があります。
例えばプレス加工機械で加工する事ができる形状である事、基本的なプレス機械での加工は『切る』『曲げる』『伸ばす』といった加工です。
また、プレス加工を行う時に使用する材料を調達する際に、時間がかかったりするとせっかくの生産性が損なわれる事にもつながりますので、材料を簡単に調達できる事も条件に入ります。
その製品を生産するにあたって、速く安く作る事ができるかどうかも重要です。生産性が低くコストが高いのではプレス加工を行うメリットがありません。
プレス加工で製品の生産を行う時には、これらの要素についてもしっかり検討してから加工に踏み切る事が重要です。

次にプレス加工を行う時の3つの基本的な要素について調べてみたのでご紹介いたします。プレス加工の3つの要素とは『金型』『材料(被加工材)』『プレス機械』です。
プレス加工で重要である以上に必ず必要な最低限の要素こそがこの3つなのです。どれが欠けても製品の生産ができません。
また、高い生産性を維持するためにはどの部分にどのくらいの力がかかるのかや、負担がどこの部分に一番かかるのかなどにも気を配る必要があります。
機械の構造や加工の時の負担を知る事も、生産性を落とさず維持するためには必要な事だからです。企画の段階では気づけなかった問題を素早く解決する事にもつながります。
多くの場合要素を知る事は機械の改良や金型の改良、そして使う材料の変更に役立ちより生産性を改善する事にもつながるのです。
実はこうした作業を繰り返していく事こそが、PDCAサイクルにつながり業務全体を改善させる糸口になり、加工の技術の向上へとつながっていくのです。

太陽パーツではプレス加工に限らずあらゆる金属加工のご相談をお待ちしております。詳しくは太陽パーツまでお気軽にお問合せください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削工具に用いられるダイヤモンド焼結体とは?

ダイヤモンド焼結体は切削工具などの先端に取り付けて使用する、刃物の一種として使われていますが、ダイヤモンド焼結体って何だろう?と思う方もおられると思うので簡単に説明いたします。
ダイヤモンド焼結体というのはダイヤモンドの結晶(細かい粒のもの)を金属、セラミックなどの粉と一緒に焼いて固めたものの事を言います。別名でPCDという言い方をする事もありますね。
PDCというのはポリ クリスタルライン ダイヤモンド(Pory crystalline diamond)の頭文字をとったものです。ダイヤモンドの小さな結晶を金属やセラミックなどと一緒に混ぜで高温高圧で焼き上げる事で作られています。

非常に硬いだけではなくきわめて強度に優れているため、切削加工を行う時のチップや刃物の先端にコーティングのように取り付けて使う事が多いです。
お察しの通り、ダイヤモンドの比率が高ければ高いほど硬度や強度は高いのですが、ダイヤモンドだけだとどれだけ高温高圧で加工しても多結晶化しにくいという問題があります。
より寸法精度が高い製品の加工を行う時に、ダイヤモンド焼結体を使って加工を行いますが、実はダイヤモンドの比率によってダイヤモンド焼結体にも違いがあるので注意しなくてはならないでしょう。
例えば、よく外形などの仕上げに使われるダイヤモンド砥石ですが、実はこれも広い意味ではダイヤモンド焼結体に含まれるのですが、正式には違うものです。
ダイヤモンド砥石の場合はバインダーというつなぎの金属部分が多いので、硬さや強度もダイヤモンド焼結体には劣ります。ただダイヤモンド焼結体よりも容易に作る事はできます。
ダイヤモンド焼結体で切削用の刃物を作る時には、ダイヤモンド砥石を使って加工されるのですが、PCDは大変硬度が高く加工がしにくい素材なので、必要な形状に加工するのはとても大変な仕事なのは言うまでもありません。

ちなみにPCD加工を行う時のダイヤモンド砥石には『ビトリファイド』という硬度の高いバインダーを使って作られた砥石を使って加工を行います。
これらの加工を施されたツールは、非常に高価である事は変わりありませんが、その分寸法精度の高い製品を作る事ができるので、金型の製作を行う時などにも大活躍しています。

太陽パーツでは金型の製造や微細加工などにも力を入れています。金型の事や研磨の事などお尋ねになりたい事がありましたら、ぜひお気軽にお問合せください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工ではどんな材料が加工されているの?

プレス加工は様々な製品の加工に適しています。と言ってもプレス加工機で使用される材料は金属板なので、厚みのある金属の加工には向いていません。
プレス加工では金型を使って金属板を曲げたり切断したり絞り加工を行えます。使用される金属も大変幅広く「鋼」「真鍮」「アルミ」などで加工する事が可能です。
製造される製品は肉厚が薄いので軽量化を行う時などにも利用されます。大量生産が行えるので一つあたりのコストを抑える事も可能です。
実際にプレス加工で使用される金属を詳しく説明いたしましょう。

まず鉄鋼、つまり鉄材では「SPC」「SPH」「SAPH」「SPFC」などの加工ができます。どの鉄鋼を使うかは部品の使い道によって変わってきます。
最終的に熱処理を行って強度を出す事が可能で、後の処理によっても使われる鉄鋼は変わります。必要な強度に合った鋼材を使うわけですね。
次に特殊鋼と言われるものも加工できます。例えば合金鋼は機械などの構造に必要な素材で「S-C」「SCr」「SCM」などが使われます。
特殊な使い道の部品の生産に適している「SUS」「SKD」「SUJ」といった特殊な金属を使います。また、工具を作るのによく使われている「SK」「SKD」「SKH」なども使われます。
もちろん鋼金属だけではなく、非鉄金属の加工も行えます。アルミ合金なら「A1050」「A2218」「A4032」「A5052」「A6061」「A7075」なども使われています。
あとは鋼合金の「C1100」「C2400」「C2600」「C280」なども使われます。その他はチタンやマグネシウムなども加工をする事が可能です。
特にアルミ合金は表面処理も容易にできますし、電気を良く通すという特性があるのと部品が軽いというメリットがあります。
どのような使い道なのかをしっかりと考えて部品の生産をお願いする必要があります。軽量化だけが目的ではないケースでは、通電性に富んでいるとか錆びにくいといった特性にも注目すると良いでしょう。

太陽パーツでは、お客様のご要望に応えるため様々な素材の提案や、製品の加工を行っております。どんな金属を使えば良いのかなどのご相談にも真心こめて対応いたします。
どうぞお気軽に太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

難しい加工も得意!切削加工の加工方法

切削加工は様々な形状の製品を生産できる加工技術です。今回は切削加工とはどんな加工なのか?切削加工でできる加工方法についてをわかりやすくご紹介いたします。

まず切削加工についてですが、金属を専用の機械を使って加工する技術です。加工する機械には汎用旋盤、NC旋盤、多軸加工機、マシニングセンター、フライス旋盤、ボール盤などがあります。
旋盤加工の機械には円筒形の金属を使って加工を行います。高速で材料を回転させて外形にチップなどを当てて削りながら必要な大きさに加工する事ができるのです。
外形加工は円筒形の素材の外側にあたる部分に刃物を当てて加工する方法です。直線に加工する事も可能ですしテーパーを付けて加工する事も可能です。外形にねじ切をする事もできます。
それと同様に内径側にも同じような加工を施す事が可能です。最初はドリルなどで穴をあけて小さい内径バイトを使って切削を行い、徐々に大きな穴をあけて必要な内径に仕上げます。
外形同様にねじ切りをしたり溝を入れたりする事も可能です。できた製品を切断するつっきり加工なども行えます。
フライスやマシニングといった機械加工では、まる材だけではなく角材を使って加工を行う事ができます。
素材の真上に刃物をあてて表面を削る加工を「正面削り」と言い、真上に段差を作ったりする時や角出しを行う時などの加工です。
他にも正面削りにはエンドミルを使った加工やサイドカッターをを使ったり、ソリッドエンドミルなどが使われます。
穴あけを行ったりするのはドリルですが、エンドミルは表面をキレイに仕上げる事も可能ですが、溝を入れたり段差を入れたりする加工でも使われます。
穴あけ加工に使用されるのはドリル、タップ、エンドミルに似たツールを使って加工する事もあるでしょう。タップ加工を行う時にはまずドリルで穴あけ加工を行います。
その後タップを使ってねじ切をしていきます。旋盤加工の場合はねじ切り用チップを使って切っていきます。高速で一気に削っていくので慣れないと怖いと感じるかもしれません。
このように数種類の加工方法を駆使して、様々な製品を作っているのです。

太陽パーツでは切削機械を駆使して様々な加工を行います。お客様のご要望に沿えるような加工を行います。
金型の加工技術も高いので、金型の生産についてのご相談にもお答えしておりますので、お気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工で知っておきたい長所と短所~②~

前回はプレス加工での長所についてお話させていただきましたね。もちろん長所もあれば短所もあります。

プレス加工の短所は溶かした金属を金型通りに加工するのではないため、どうしても成形に制限がでてしまうのが短所の一つです。どうしても理想的な形状にならないという事もあるわけです。
次にもしもプレス加工で生産した部品のみを使って一つの製品を作った場合、部品の数が非常に多くなってしまうという短所があります。
これはプレス加工では作れる部品の形に制限があるからです。基本的に単純な形状の製品の生産はできますが、複雑な製品の製造には向いていからなのです。
比較的小さな部品を加工するにしても、かなり大きなプレス機を要しますし、さらに高速で金型が金属板を挟むので、機械を熟知している必要があります。
万が一の事故が起こった時ただでは済まないため、いきなり初心者がプレス機械を扱う事ができないというのも短所になりますし、設備投資にも莫大な資金が必要になるのも短所と言えるかもしれません。
このようにプレス加工には長所と短所がありますので、プレス加工の長所を上手に活用して製品の生産を行う必要があるのです。

太陽パーツでは、お客様のご要望に応えるため様々な問題に取り組んでいます。製品の加工の事ならどんな事でも柔軟に対応いたします。ぜひお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工で知っておきたい長所と短所~①~

私たちの生活が便利になった背景には金属加工業の活躍があるからかもしれません。

自動車や家電製品のほかにも事務用品や加工機械そのものも金属を使って作られているからです。
金属加工のおかげで私たちの生活が楽になっているのはわかりますが、金属加工にもいろいろな種類があって、それぞれの加工技術で生産された部品を組み合わせて一つの製品が作られているのです。
その中で今回はプレス加工の長所と短所についてをわかりやすく説明して参ります。

プレス加工というのはいったいどういう加工なのかというと、金型を使って金属の板を加工する転写加工の事を言います。使用する金属は板状のものを使って金型に挟み込んで製品を作るのです。
そのため生産性が非常に高く高速で部品の加工ができるというのが長所の一つでしょう。さらに材料を無駄にする事がありません。例え出たとしても少量の切粉で済むのも長所と考えて良いでしょう。
例えば同じ板材を使って別の製品の生産を同時進行する事もできます。薄い金属板を使って加工を行うので、小さい製品や軽い製品を作る事も可能ですし、薄肉の製品を作りたい時にも最適な加工方法です。

自動で製品の生産が可能なので低コストで大量の部品生産ができるというのも長所になります。ちなみにプレス加工では一度の加工で40~50の部品を1分間で生産する事が可能です。
これは他のどの金属加工にも真似できない長所です。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

生活に欠かせない製品作りを支える板金加工~②~

今回も前回に引き続き、板金加工についてを詳しくご紹介いたします。

さて、板金加工は塑性加工の一つですが、板金加工にも人が手で加工を行う「手加工板金」と機械で製品を作る「機械板金」とに分けられます。

手加工板金は皆さんがイメージしやすい人の手で叩いて形を作るか加工技術で、自動車板金や打ち出し板金、そして建築板金が含まれています。
人の手で様々な形の金づちのような工具を使って、裏側にアテバンと言われるものを当てて叩いて形を整えるやり方です。
機械板金は金型を機械に設置して、高い圧をかけて「切断加工」「抜き加工」「曲げ加工」「絞り加工」ができます。
もちろんそれぞれの加工に使われる機械は全く別ものです。例えばカットする時、上から圧をかけて加工するパンチプレスで切断しますがダレが出る事があります。
ダレが出ても構わない製品は問題ありませんが、そうではない製品を作る時にはレーザーカットなどを使って加工します。
さらに製品を曲げる必要があるケースでは、ベンディングマシンという板金加工の機械を使って曲げ加工を行うのです。このように板金加工にも形状によってさまざまな加工機械が必要になるのです。
ただし板金加工とプレス加工はとても良く似ています。全く同じ加工技術ではないのですね。利用されている金型も板金加工は他の生産方法とは異なる点があります。
その代表的なものは加工者に技術や経験が必要になるという点です。板金加工は汎用金型という金型を多く使って加工します。
そのため大量生産を行うのには向いていないかもしれません。ただし金型の生産にかかる費用は安く、作業に入るまでの時間も短いというメリットがあります。
比較的大きな形状であっても加工しやすく材料を選ばないのもメリットでしょう。こうした背景から板金加工はどちらかというと大量生産ではなく、多品種を少しずつ生産するのに向いている加工技術だと言えるでしょう。

太陽パーツでは板金加工やプレス加工、ダイカスト、押出などを駆使してお客様に最適な製品を生産いたします。金型の生産から行っていますのでお気軽にご相談ください。
お客様にとって最適な加工方法で製品を生産いたします。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

生活に欠かせない製品作りを支える板金加工~①~

私たちの便利な生活を支えているのは金属加工業があるからです。そして金属加工には様々な種類があり、板金加工もその中の一つです。

板金加工と一言で言ってもあまりピンとこないかもしれませんので簡単に説明いたしますと、私たちの生活に欠かす事ができない製品に、数多くの板金加工製品が使われています。
例えば普段使っている生活用品の中にも板金加工によって製造された部品が多く使われています。代表的なのは洗濯機や冷蔵庫そしてスプーンやフォークなどといったものも板金加工が利用されています。
パソコンなどの基盤などもそうですし、エアコンの部品の多くも板金加工によって生産された部品を使って作られているのです。
自宅で使うものだけではありません。例えば外食産業で使われている大型の冷蔵庫や、キッチンのシンクなども板金加工で作られています。
さらに自動車の部品や会社などで使われているロッカーなども板金加工によって製造されていますし、よく利用する自動販売機なども板金加工によって製造されています。
びっくりする程たくさんの製品に利用されている板金加工にも、実は様々なタイプの加工機械や加工技術があるのです。
例えば先ほども出ましたが、パソコンの部品などは精密に作らないとなりません。こうした精密部品の場合は精密板金という技術が使われます。
そもそも板金加工というのは塑性加工といって、金型を使って金型の形を転写して製品を生産するものもあれば、金型が刃物になっていて高い圧力でその形に切断する事で製品の生産をします。
ちなみに塑性加工にも様々な加工技術があります。例えば金属などの塊を圧力をかけて薄く伸ばしていく「圧延加工」というものは同じ塑性加工でも板金加工ではありません。
ダイスと言われる回転式の金型を使って、材料にその形状を転写するという転造加工という技術がありますが、これも転圧するという点では塑性加工ですが、板金加工とは全く違った技術なのです。
他にも押出加工や引き抜き加工といった加工もありますが、こちらもまた別の技術となり板金加工とは似ていても全く違う加工技術です。
金型を使って加工する技術はアルミダイカストなどを始めとして、実に6種類以上の加工技術があります。それぞれ加工に特徴がありこれらの製品を組み合わせて様々な製品が作られているのですね。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

塑性加工で重要な役割を果たすプレス機械

塑性加工とは加工をする物質に圧力をかけて製品を生産する技術です。プレス機械は材料である金属の板をプレス機械に挟んで製品を生産します。
プレス機械がなぜ惰性加工で重要な役割を果たすのか?今回はプレス機械の役割についてお話をいたします。

プレス機械で製品を生産すると、高速で大量の製品の生産が可能となります。そのためにプレス機械には様々な構造で作られています。
例えば一般的なプレス機械ですが、モーターが回転する時の動きをクランクを使って上下の往復運動に変えた「クランク式」が多く使われています。
高速で製品の生産ができるので、大量生産を行う時に多く利用されています。
他にも「液圧プレス」という機械があります。この機械は油や水をポンプでシリンダーに送る時の圧力を使ってプレス加工を行う技術です。
クランク式とは違って油圧もしくは水圧を調節する事が可能ですので、加工する材料の厚みなどによって荷重を微調整する事ができるという特徴があります。
精密な製品の加工を行う時には油圧式が利用される事が多く、これは水圧に比べると制御性が高いという特徴を持っています。
圧力を加減できるため大きな製品の生産にも使われている技術なのです。機械メンテナンスも容易なのもメリットの一つですね。
もう一つはパンチプレスというプレス機械です。パンチプレスはその名前の通り、金属の板に穴をあけたり打ち抜きをするための機械となります。
薄肉の製品の加工に使われるプレス機械の一種です。複数の塑性加工用機械を使用してオートメーション化する事もでき、様々な分野で活用されているのです。
また、プレス機械は大きな製品を生産する事も可能で、加工用機械などのカバーなどの生産や、自動車などの部品の生産にも活用されています。
塑性加工は低コストで製品の大量生産を行えるだけではなく、幅広い分野で利用される製品の生産を行える、産業を支える重要な役割を果たす機械なのです。

太陽パーツではプレス機械での加工や金型の製造を行っております。品質の高い金型や製品の生産の事でお悩みでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

1 / 3112345...102030...最後 »

HOME > ブログトップ > 機械加工


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.