太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 機械加工

機械加工 Archive

様々な製品製造に利用される板金加工の特徴

機械加工にはいろいろな種類の加工方法があり、加工する部品の種類によって加工する機械も変わっていくものです。

板金加工は、人の手で行われるものもあれば、機械で行うものまで実に幅広い加工方法です。
後者には、精密板金と呼ばれる加工方法もあります。精密板金は、主に電子機器や通信機器、半導体製造器などにも使われたり、コンピュータの部品など高い加工精度を必要とする製品の製造に利用される加工方法です。

切断やカット、穴開け、打ち抜き、タッピング、折り曲げ(ベンディング)面取りに突起やくぼみを付ける加工などが可能です。
しかも、精度の高い製品を作れるだけでなく、量産にも向いているためとても重宝されている機械加工なのです。

板金加工で作られる製品は、機械などの部品ばかりとは限りません。
例えば、美しい飾りや家庭で使われる家電製品のフレームなど、実用性の高い製品を作ることでも知られています。つまり私達の生活に密着した製品にも板金加工は利用されているのです。

さらに、比較的小さなものから大きなものまで製造できるのは、板金加工の魅力でもあります。


太陽パーツでは、板金加工のご依頼も承っております。
板金加工を含めた二次加工や表面処理など、幅広く対応しておりますので、太陽パーツではトータルにお客様の製品づくりのサポートが可能です。
現在、お困りのことや、これから新たに製品をお作りになる際にはぜひお気軽にご相談ください。

=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

NC旋盤加工の機械の種類と加工法について

切削加工はあらゆる分野で利用されている加工方法です。
金属加工業には欠かすことができない技術ですが、用途によって機械の種類もいろいろとあります。

では切削加工の代表的な機械であるNC旋盤の種類と、加工についてを簡単ながら説明します。

NC旋盤は、汎用旋盤と全く同じ動きができる機械ですが、さらにNC制御により、プログラムした通りに加工することができます。
加工の方法も同じであり、素材をつけて素材を回転させてバイトやチップなどを使って削ることができる機械です。

NC旋盤加工でできる加工は、端面を削る加工、外径を削る加工、内径を削る加工、穴開け加工、面取り加工、テーパー加工、ねじ切り加工、突切り加工など、様々な加工ができます。


NC旋盤加工が重宝される理由の一つが、二軸を同時に動かしながら切削できるため、X軸とY軸を変化させてテーパー加工をする事ができるのです。
プログラム通りに切削することができるため、製品の寸法の誤差が少なく量産加工にも向いています。

ちなみに、NC旋盤の機械には、タレット式とクシ刃形の2つの種類があります。
それぞれが特徴を活かした製品を作るのに利用されています。


太陽パーツでは、旋盤加工を含めた切削加工も得意としております。
NC旋盤加工などを含めて、お客様の作りたい製品を一緒にお作りいたします。
まずはお気軽に太陽パーツまでご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

製品製造で多く利用されるプレス加工の金型の種類について

プレス加工にも金型の存在は欠かすことができません。
プレス加工は生産性の高い加工技術で、自動車のボディなどの加工を始め、あらゆる製品製造に多く利用されている技術です。

今回はプレス加工に使用される金型について、簡単にご紹介いたします。

プレス加工の中にもいろいろな加工法があるため、実は金型の種類は一種類ではありません。
プレス加工の金型の種類は、「抜き型」「曲げ型」「絞り型」「圧縮型」の4種類が主になります。

抜き型加工とは、いわゆるパンチをして切り抜くという加工方法です。
オスメスの型を上下に取り付けて間に板をセットして、パチンパチンと抜いていくのです。

曲げ型は、こちらにもオスメスの型があって、間に金属板を挟み、ゆっくりとプレスしていき、凹まるなどの加工をしたり、角度を付けて曲げるなどの、R加工を施せます。

絞り型は、上下からプレスして1枚の板を立体的な形にする加工に用いられる金型です。
特に、わかりやすい例を挙げれば、アルミ缶などの製造方法としても知られています。

圧縮型は、強い圧力を密閉した金型でかけることで、浮き上がらせるような加工をする事ができます。


太陽パーツでは、ダイカスト鋳造やアルミ押出しだけでなく、プレス加工を始めとした機械加工も得意としております。
プレス加工での製品製造をお考えの際には、ぜひお気軽にご相談ください。

=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

円筒絞り・角筒絞りができるプレス加工の絞り加工

プレス加工には色々な用途に応じた加工方法があります。
絞り加工と呼ばれるものもプレス加工のひとつになります。
絞り加工はプレス加工では一般的な加工法であり、予め必要なだけの材料の板を切り出しておき、それをプレスにセットします。そしてダイとパンチの間に材料をセットして、パンチで押し込み金属の板を伸ばして加工するという方法です。

絞り加工で製造することは、切削加工などで同様の形状のものを製造するよりも製造が早く、コストダウンにもつながります。
もちろん、削り出しや鋳造でも作ることは可能ですが、絞り加工であれば製造時間も短く、量産にもメリットがあります。
デメリットといえば伸びた部分は当然薄くなってしまうため、強度的にはあまり強いとは言えないかもしれません。しかし、最近では加工をする材料や加工技術の向上によって、圧力がかかる製品のケースとして利用される事が多くなっています。例えば、消火器などの容器が絞り加工で製造されている事からわかるように、強い強度の製品も作れるような技術である事は間違いありません。

そんな絞り加工の中でも「円筒絞り」と「角筒絞り」という二種類の加工方法について簡単にご紹介いたします。

▼円筒絞り加工
円筒絞りはその名の通り、円筒の形に加工する絞り加工です。
板状に抜いておいた材料を、ダイとパンチの間にセットしてズレないようにしっかりとくわいで(押え板で押さえる)、上からパンチでプレスして製品を製造します。

円筒絞り加工の代表的な製品と言えば、お鍋や金属製のたらいなどが最もわかりやすい製品ではないでしょうか。

▼角筒絞り加工
ダイとパンチ両方が角筒状になっていて、その型でプレスした時に角筒状になるのが角筒絞り加工です。
円筒絞りと同様の製造工程で行われる加工法であり、アルミ製のお弁当箱などの形状がこの製造方法で作られていることが多いでしょう。


太陽パーツでは、切削加工やアルミ押し出し、ダイカスト以外にもプレス加工にも対応しております。
お求めの製品製造を太陽パーツがサポートいたしますので、お悩みやお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

穴あけ加工ならボール盤加工~穴あけ加工の種類~

穴あけ加工と言えば、ボール盤ですが、その加工法は実は細かく別れています。
今回は、ボール盤加工時に行われる、穴あけ加工の種類をいくつかご紹介いたします。

▼穴あけ・穴広げ加工
ボール盤上の台に加工したい材料を固定し、もみつけをした場所へドリルで穴をあけます。
大きな穴を開けなくてはならない場合は、まずは小さなドリルで穴を開けてから、徐々に大きなドリルへと変えて穴を広げたり、穴あけ加工を行います。

▼リーマー加工
リーマー加工は一般的には穴を広げる加工でもありますが、開けた穴の精度を高める加工でもあります。リーマーといわれる工具を使い、ドリルの穴にリーマーを通して精度の高い穴に仕上げることができます。

▼タップ立て
タップとはネジきりのことです。ボール盤ではネジ切り加工などはできませんが、タップというネジ切り用の工具を使うことで可能になります。
下穴を開けて座ぐりを入れた後でタップを使ってねじ山を移すことで、ねじ切りをしたのと同じ効果を得られます。
強度が欲しい時は若干大きめのタップを入れて、ヘリサートなどを入れて強いねじに仕上げる事も可能です。


太陽パーツでは、様々な加工法に精通し、お客様の製品づくりをサポートしております。
現在、製品製造でお悩みのことがございましたら、太陽パーツまでお気軽にご相談ください。太陽パーツでは、お客様にメリットのあるご提案をお届けしております。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

様々な加工に利用されるエンドミル加工の種類

エンドミル加工にはいくつかの種類があります。
段差をつけるための段削り、素材の側面を削る端面削りなど、エンドミルの加工法をいくつか五條海いたします。

▼段削り加工
段削り加工とは、基本はエンドミルの先端部分を使って部品に段をつける加工です。段の数は基本的にいくつでもつける事ができます。
また、エンドミルの形状を利用したり、機械の性能を利用したりして、段のコーナーを直角に削る事もできますし、角度やRをつける事もできます。エンドミルに角度をつけることによってテーパーのついた段削りをする事ができます。

▼端面削り加工
端面削り加工とは、エンドミルの先端部分や側面部分を使った加工の方法で、角出しをしたり表面を削って加工をしたりする加工です。表面を削りながら側面を削りだしする事も可能です。

▼半円溝加工
エンドミルを使って半円の溝を彫ることができ、これを半円溝加工と言います。
一般的なエンドミルを使ってもRを出すことはできないため、半円溝加工を行い際には、ボールエンドミルを使って溝加工を行うことになります。

▼窓加工
窓加工では、部品に貫通した穴をあける加工になります。
例えば、アルミ押出で製造したサッシなどに貫通した加工をする時などに利用されます。
ブラケットや自動車部品のプーリーなどの側面に貫通した穴加工を行いますが、これも窓加工といってエンドミルを使って加工したりします。

▼創形加工
創形加工はエンドミル加工の中でも、最も力を発揮している加工であると言われています。
この加工はエンドミルの先端を使って細かく設定し、三次元的な製品を作り出す事ができるのです。
フライスでは難しいかもしれませんが、マシニングセンターを使って加工を行います。


太陽パーツでは、お客様の求める形状を実現するため、あらゆる加工法で製品づくりをサポートしております。
作りたい製品がある、他社で断られた製品など、まずは一度お気軽に太陽ぱーっつまで=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

へら絞り加工(スピニング加工)の加工方法について

日本は製品の加工をする技術が昔から高いとされ、その中の一つに金属加工の技術だと言われていますね。
例えば、伝統的な加工方法でもある「へら絞り加工(スピニング加工)」の事をお話したいと思います。

▼へら絞り加工(スピニング加工)とは?
たまに大きな薄い形状の製品を見ると「どうやって作ってるんだろう?」と思われた事はありませんか?例えば蓄音機などのラッパの部分がそうでしょう。
へら絞り加工というのは、あんな円形の大きな薄い金属の製品を作る事ができる技術なのです。もちろんスピニング加工自体は専用の機械が必要です。
ほとんどは回転する板を技術者が「へら」や「ローラー」などを押し付けてプレス加工を行う技術なのです。

▼へら絞り加工(スピニング加工)の加工方法
一枚の板金を回転する機械にセットして回転させます。
次に回転している板に少しずつローラーやヘラを使ってプレスしていきます。
すると押し付けた部分が変形していき、目的形状になっていくのです。
加工時には成形型をセットしているため、最終的には成形型の通りの形状ができあがる仕組みになっています。


絞り加工を利用した製品には様々なものがあります。
例えば、パラボラアンテナなどがこの方法で製造されていたり、照明器具などの製造にも利用されています。

近年では、NC制御ができる絞り加工の機械もあり、へら絞り加工の技術も上がってきています。
横に溝が入っている製品、円筒状からテーパーのついた形状にするなど、さまざまな形状を製造することができます。


太陽パーツでは、様々な加工に対応しております。
作りたい製品でお悩みやお困りのことがございましたら、ぜひ一度太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

機械加工の基本のひとつはボール盤加工

機械加工、金属加工の基本中の基本でもある穴あけ加工には、「ボール盤」がよく利用されます。
ボール盤加工とひと言に言っても種類があり、穴あけを行うだけでなく、穴を広げたり、整形したりとさまざまな加工があります。

まずはボール盤について簡単にご紹介します。
そもそもボール盤とは、小型の機械で、主にドリルやリーマと呼ばれる工具を使って加工を行う機械のことを言います。
主軸とモーターがつき、左右に取り付けられるハンドルがついているので、ドリルのついた部分が上下に動き、穴あけ加工を行います。
万力などを使って据え付ける事ができる卓上タイプのボール盤もあります。

また、オール版加工では、主に3つの工程で行われることが多くなります。
最初の工程では、まず目的寸法よりも小さなドリルを使い穴を開けます。次に目的寸法に合ったドリルを使い、穴を広げる加工を行います。最後に穴の内面を滑らかにするための仕上げ加工を行う、この3つの工程が典型的な穴あけ加工になります。

ボール盤でできる加工は、主に穴あけ加工など、限られている部分はありますが、工夫をすることにより大活躍する加工法です。


太陽パーツでは、お客様のモノづくりを製造方法、コスト面でもサポートしております。
製品製造に関するお悩みやお困りのことは、太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

主なフライス盤加工の方法について【ミーリング加工】

現場では「ミーリング」とも呼ばれる、フライス盤加工の主な方法をご紹介します。
フライス盤加工では、金属材料を固定し、工具を回転させながら、切削を行う加工法です。
加工を行う金属は、主に角ものや箱もの、板金などの形状が主になります。時には丸ものを加工することもあります。


フライス盤加工では、平面切削を行うことが多くなります。
ただし、平面切削であっても呼び方が微妙に異なっています。

例えば、材料の面に沿って切削を行う正面フライス加工があります。
さらに、深く削ることで段差を付ける場合は、角フライス加工と呼びます。

段差を付けるフライス加工には、別の方法もいあり、円筒状の工具の側面で削る角側フライス加工というものもあります。
円筒状の工具の側面で切り込みを入れれば、溝を入れることができる溝フライス加工が可能になります。

また、面積の大きい円筒状の工具で切削を行えば、平板状の一面を一気に削ることもできます。


太陽パーツでは、フライス盤加工を含めた切削加工を行っております。
製品づくりのことでお悩みのことなどございましたら、一度太陽パーツまでご相談ください。
長年の豊富なノウハウと様々な加工技術で、お客様のモノづくりをサポートいたします。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

旋盤加工に利用される機械の種類

旋盤加工では、加工したい材料を回転させ、固定したバイトという工具を用いて切削する機械加工です。
ただし、旋盤加工と一言に言っても加工時に使用する機械には、いくつか種類があります。作りたい製品に合わせて、どの機械を使用するかが変わります。

今回は、旋盤加工で利用する機械をいくつかご紹介いたします。

▼汎用旋盤
最も古くからある旋盤加工の機械が汎用旋盤です。
主に4つのチャックと呼ばれる爪に金属を固定し、回転させながら切削を行います。
削る時は横のメモリと縦のメモリを見ながら加工をしていきます。ネジ切りや溝入れ、外径や内径、そして切断などの加工をする事が可能です。

▼ペンチレース
小さな部品の加工をする時によく利用されます。
職人によってはシャーペンの芯くらいの細さの穴を空ける事もできます。
切断をしたり、ネジ切りや溝入れといった作業を行なうのに適しています。細かな作業を行なう事ができるのが特徴です。
また、最近ではNCペンチというNC制御のついたタイプも利用されています。

▼NC旋盤
NC装置のついた旋盤で、プログラミングにより効率よく製品を削ることが可能です。
汎用旋盤では苦手とされたR加工やテーパー加工などを行なうことができ、より精度の高い製品を製造することが可能になります。
プログラムで動くため、大量生産をする際に利用されることが多いでしょう。

▼カム式自動盤
長い材料を使って作業をする時に便利な機械です。
バーフィーダーと呼ばれる装置を使って自動的に材料を設置する事ができ、バイト交換でストップする以外はノンストップで作業を行なうことができます。24時間作動する工場などで利用される事が多いです。

▼多軸NC旋盤
多軸NC旋盤は、一度に大量の部品を生産するのに適した機械です。
何本もの材料を一気に加工できるのが最大の特徴です。
ただし、段取りは普通の場合よりも時間がかかるため、一度段取りすれば、しばらくの間は動かせるくらいの大量生産でないと意味がありません。

▼複合機
旋盤加工もでき、二次加工も可能なのが、複合機です。
大量生産でかつ二次加工を必要とする製品を加工するのに適した機械であり、一つのチャックで加工できるため、芯ブレをすることもなく、歪みなどの心配もしなくて済みます。

旋盤加工では、機械の種類が豊富にあります。
製品の精度や量によって利用する機械を考え、最も適した機械で加工をすることが望ましいでしょう。


太陽パーツでは、旋盤加工を含めた切削加工にも対応しております。
あらゆる製造法・加工法に精通しているからこそ、お客様に最適な加工法をご提案いたします。
切削加工の場合、ダイカスト化することによるコスト削減が可能になる場合もございます。

より高精度、高品質、そしてコスト削減をお考えならば、ぜひ一度太陽パーツまでお気軽にご相談ください。

=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

10 / 25« 先頭...89101112...20...最後 »

HOME > ブログトップ > 機械加工


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.