太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 機械加工

機械加工 Archive

組み立て加工の中のひとつカシメ加工とは?!(2)【機械加工について】

今回は前回に引き続きカシメ加工についてご紹介いたします。


カシメ加工は、接着剤などを使うこともありませんので接着剤にかかる費用を削減することが可能です。
接着剤を使わないということもあってか、接合した部分がべたべたとしないのも特徴のひとつだといえるでしょう。

溶接などをしないので同じ素材同士を接合しないのであっても問題は起こりません。
つまり異なる素材であっても接着をする事が可能です。
もしも塗装などの表面処理をしていたとしたら、溶接をすると変色したり変質したりしそうですが、熱が加わることがないので問題が発生する心配はありません。
部品を破壊することがないので不良が出る心配もありませんし、管理がしやすいというメリットがあります。

カシメ加工の代表的な製品といえば、皆さまもご存じの洗濯機のドラムですよね。ねじや溶接個所がないので洗濯物を傷つけることがありません。
また、ファンヒーターの灯油タンクなどもカシメ加工を使って製造されています。上部で美しく長持ちさせたいものに利用される加工方法なのです。

カシメ加工には「ハゼ折りカシメ」といって外観が美しく強度や安全性が欲しい部品に行う方法、「シーミング」という強度と安全性が欲しい部品に行うカシメ加工の方法があります。
ほかにも「巻き締めカシメ」という異なる材質の締結をする時の方法、「スポットカシメ」といって方向に左右されないカシメの方法があります。
また「コーナーカシメ」というより強度が欲しい角の接着の方法もあります。

太陽パーツではプレス加工や板金加工などを行った時や、お客様のご要望の製品を作り組立をする時などに、製品に合ったカシメ加工を行っております。
詳しい加工や製品についてのご相談、お見積りなどがありましたらぜひ太陽パーツへお気軽にご相談くださいませ。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

組み立て加工の中のひとつカシメ加工とは?!(1)【機械加工について】

カシメ加工というのは、金属の板と板を接合する時の工法をカシメといいます。
一般的に金属と金属をつなぎ合わせようとしたら、ねじを使って止めようとしたり溶接をして止めようとしたりすること事もあるでしょう。
しかし実は、カシメとは溶接やねじといったものを使わないで接合する方法なのです。
もちろんすべての金属の接合にカシメ加工をするのではありません。

例えば金属だけど溶接をしようとすると破壊してしまう場合や、溶接をすると色が変わってしまうといった場合などに使います。
部品の中には金属の板にプラスチックの部品を接合する場合もありますが、こういう場合にも溶接をすると溶けてしまいますよね。
こうした接合する部品の特性によってはカシメ加工が必要なケースがあるわけです。

ではカシメ加工の特徴についてを簡単に説明いたしましょう。
ボルトやリベットなどの接合に必要な部品が不要である事!
通常だと接合するためにリベットやボルトを使うとなると、副資材が必要となりますが利用しないので用意する必要がありません。

また、接着剤などを使うこともありませんので接着剤にかかる費用を削減することが可能です。
意外と接着剤の費用はかさんだりするものですので助かります。

太陽パーツではプレス加工や板金加工などを行った時や、お客様のご要望の製品を作り組立をする時などに、製品に合ったカシメ加工を行っております。
詳しい加工や製品についてのご相談、お見積りなどがありましたらぜひ太陽パーツへお気軽にご相談くださいませ。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

いろいろな金型の種類と特徴

生活を豊かにしてくれるものは家電製品や、自動車、さまざまな輸送機器などもそうですが、これらの便利なものたちは全て、小さな部品が集まって作られています。
今回はこれらの部品の加工と金型の関係、種類、そして特徴についてご紹介いたします。

①鍛造金型
鍛造というのは叩いて鍛えて整えるといったイメージです。製造する部品は車のエンジン内のピストンなどの部品、さらに歯車などの強度が必要な部品に多く用いられる方法で、金型を使って製造されます。

②鋳造金型
砂型や金属を用いる金型鋳造のことです。
大きな部品を作るのに適した砂型鋳造は、ひとつひとつ部品の製造を行いますので、コストが若干高くなります。

③ダイカスト金型
金型を作って大量に精度の高い部品を作ることができます。
主に精密機械などの部品や家電の部品など、さまざまな分野の部品加工に用いられている製造方法です。

④プレス金型
板状の金属を金型で打ち抜くという製造方法です。
実はプレス金型は4種類の型があり、抜くだけの抜き型や曲げる時のための金型の曲げ方、筒状に加工をするための絞り型、そして圧縮型の4タイプにわかれています。

⑤プラスチック用金型
パソコンやテレビ、携帯電話や家電製品のプラスチックの部分の部品の製造に利用されています。
射出成形、圧縮成形、真空成型といった生産方法があって、それぞれにプラスチック用金型が利用されています。

太陽パーツではダイカストで作った製品に必要な表面処理をして納品する事ができます。
コストダウンをお考えの方は、お気軽に太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

大量生産に向いているプレス加工!!

プレス加工は大量生産に向いている加工方法です。
金属の板を自由自在に加工する事ができるのがプレス加工です。
プレス加工はその加工の名前の通り、プレス(圧をかける)する事によって金属の板を加工していく加工法です。

プレス加工の加工方法は、製品に必要な金属の板などを用意して、機械の台の上に設置された金型(雄雌)の中央に固定します。
そして多くは丈夫の金型を、大きな力(数トン)で挟み込んで加工をするのです。金型に挟まれてプレスされた金属板は、瞬く間に金型の形通りに製造する事ができるのです。

プレス加工の優れたところは、同じ形状の製品を短時間で連続して生産する事ができるという事です。
さらにプレス加工で使用される金属板は、鉄、チタン、アルミ、ステンレス、銅、マグネシウムなど豊富なので、金属を選ぶ事もありません。
金型は一度作れば寿命がくるまで使い続ける事が可能なので、大量生産をする時にはコストの面でもかなり貢献してくれます。

大きな部品でも一体化した製品を作る事ができるので、合成の部分でも大変強い製品を作る事が可能です。自動車や新幹線などが良い例でしょう。
家電製品や電子部品の部品にも利用されている加工技術なので、製品の精度の高さも折り紙付きだといえるのではないでしょうか。
もちろん普段私たちの生活の中で、プレス加工によって生産されている製品や部品は数知れず存在しています。

一体化してしまえば作業効率が上がる可能性があるのであれば、より一層プレス加工での生産に切り替えた方が良いケースも数多く存在するのです。

コストを削減したい、大量生産で製品を製造したいとお考えであれば、一度太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削加工をおこなう上での工夫について

金属の切削加工はさまざまな形状の部品を生産する事ができるので、金属加工業を生業としている会社の多くで切削加工ができる機械を導入しています。
特に日本は世界に誇る切削加工の技術を持っている国でもあります。
例え同じ機械を使ったとしても工夫がなければ良い製品は作れないのです。

さて、切削加工をおこなう上での工夫ですが、同じ機械を持っていてもそれぞれの工夫によって、得意な加工があるのです。
最も重要なのは加工する機械の特性をよく理解するという事です。
同じ機械でも機械の使い方によっては癖が出てくるものだからですね。
そのため、加工者はプログラムなどで微妙に切削速度や寸法を調整して切削加工を行う事になるのです。

例えば切削加工をおこなう時には送りと切削によって加工していきますが、部品の寸法や工程によってはバイトやチップなどの工具に工夫をします。
また、加工する金属によっても多少の工夫は必要になるでしょう。送りも切削する時の削りしろなども工夫します。
ステンレスとアルミニウムとでは、切込み量も送りも金属に合った加工を行っていくわけです。

また、切削をする時の金属によっては、切削を行う時にかかる抵抗についても工夫が必要になるでしょう。
穴を開ける加工の時には、ドリルの大きさ(太さ)によって送りや回転などにも気を使います。
これらの機械の特性や金属の特性などをよく理解した上で、使用するバイトや加工方法を考えつつ制作を行うわけです。

また、切削加工を行う時には加工する時に起こる温度変化にも気をつけなくてはならないでしょう。
金属は高速回転をした状態で切削加工を行いますので、かなりな高温になってしまうものなのです。これはプラスチック加工でも同じことです。
そのため切削加工をする時には、切削油などをうまく使って温度が高く上がりすぎないように工夫する必要があるのです。

一般的にNCやMCといった切削加工用機械には、ポンプやタンクがついていて、常にろ過して細かい金属粉が加工している製品にかからないようになっています。
こうしたたくさんの工夫があるからこそ、日本の切削加工部品というのは精度の高い安定した製品になるのです。

太陽パーツでは、切削加工においても高い寸法精度の部品製造を心掛けております。切削加工の事でお悩みの方はぜひ太陽パーツへご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

板金加工の基礎!!Part4~板金加工で使われる材料の種類~

金属加工の中で板金加工という製造方法があります。板金加工で行うことができる加工は、図面の展開、切断加工、穴加工、前加工、曲げ加工などがあります。
そして溶接や仕上げ加工などまでを一貫として行う事ができる加工方法です。

今回は板金加工で使われる材料の種類について簡単にご紹介いたします。

板金加工で使われる金属板の種類は大きく分けると4種類ほどあります。
代表的なのはステンレスや鉄などではないでしょうか。

ステンレスの場合は板厚が6mmまでのものを曲げるのが一般的です。
機械によってはさらに厚みのあるものでも加工できないという事はありません。
鉄もステンレスと同じで厚み6mmくらいまでのものが多く使われているようです。
非鉄金属ではアルミや銅などもあります。
アルミや銅はやわらかい素材ですので、比較的厚みがあっても板金加工は行えますので、加工を依頼する時に相談するといいでしょう。

太陽パーツでは、アルミダイカストを利用した製品製造も行っております。
ダイカストと言えば、金型費用が高額になる製造法でもありますが、太陽パーツでは金型費用が従来の半額になる特許製法による製造もご提案しております。
製品づくりのことでお悩みやお困りごとがございましたら、お気軽に太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

板金加工の基礎!!Part3~曲げ加工と溶接・仕上げ加工~

部品を曲げたりする時の加工のことを曲げ加工といいます。
ダイと呼ばれる曲げの型の上に展開部品(曲げ加工前の部品)を乗せます。
そして上からパンチを使って圧力を加えて展開部品を曲げていく加工です。

ベンダーは直角に加工することもできますし、R曲げやU曲げ、そしてロールベンダーを使ったO曲げなどを行うこともできます。

次は溶接です。

曲げ加工を行った製品を他の部品とつなぎ合わせる時に溶接を行うことが多いです。溶接をする時にはリベットを使って接合することもあります。
もちろん金属同士を溶かして溶接するという方法も一般的です。

そして仕上げ加工です。

仕上げ加工には凹凸を削って平らにしたり、メッキを施したりすることもあります。
必要に応じてメッキ処理を行うこともあるでしょう。
丁寧にバリ取りや凹凸を削ってやすりやバフがけなどを行ってから、しっかりと汚れを落として最終来なメッキ処理や塗装処理を行います。

板金加工の基礎的な加工についてはほぼ全国的に同じような工程で作業を行います。

また、太陽パーツでは板金加工だけでなく、切削加工、アルミ押出、プレス加工、ダイカストなど、その他の製造法も幅広く対応しておりますので、お客様の製品製造の幅を広げることも可能です。
コストダウンができる製造法のご提案など、お客様のメリットになるように製品製造をサポートいたしますので、まずは太陽パーツまでお気軽にご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

板金加工の基礎!!Part2~切断加工・穴加工と前加工~

板金加工による切断加工や穴加工というのは、ダイと言われる部分に金属板を置き、上からパンチを使って切断加工や穴加工を行います。

シャーリング加工(せん断加工)用機械では、金属をカットする事ができる刃が下りてきて金属板を切断します。
他にはタレパン加工機械などを使って切断や穴あけなどを行います。
コンピューターでプログラミングをすると、自動的に穴あけ加工をする事ができるので、一つの部品でたくさん穴加工を必要とする場合に多く利用されています。

また、板金加工ではパンチや刃を使って切断や穴あけ加工を行いますので、どうしても切断面の抜け方向にバリが出てしまいます。

そのためバリ加工をしてからタッピングを行ったり、切断後にバリ取りのための処理を行うのです。これを前加工と呼んでいます。
他には曲げ加工を行う前にタッピング加工をしたりしますが、これも板金加工では前加工と呼んでいます。

太陽パーツでは、機械加工を得意としており、お客様のお求めの製品づくりをサポートしております。
他の加工法にも精通しておりますので、太陽パーツではお客様にメリットのあるご提案をさせていただきます。

製品製造のことでお悩みをお持ちの方は、一度太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

板金加工の基礎!!Part1~図面の展開~

金属加工の中で板金加工という製造方法があります。
板金加工で行うことができる加工は、図面の展開、切断加工、穴加工、前加工、曲げ加工などがあります。

そして溶接や仕上げ加工などまでを一貫として行うことができる加工方法です。
一般的な板金加工の基礎でもあるこれらの加工を、種類ごとにわかりやすく説明するとともに、仕上げ加工までの工程をまとめてみました。

一般的に部品の図面は正面から見た図、横から見た図、下から見た図などを『第三角法』で描かれているものですが、板金加工の図面にするにはこの図を展開しなくてはなりません。

ただ単に展開図にすればいいというのではなく、正確な寸法にするためには曲げを行う時の、金属の伸びなどを含めた展開図にする必要があるのです。

この伸びの部分というのは金属の厚みや金属の種類によって、多少の違いがあるなどを考慮しつつ伸びしろをマイナスして計算するのです。

太陽パーツでは金型製造から処理までを一貫して行うことができるので、どのような細かな部分であっても安定した供給をお約束できます。
お客様のメリットになるように製品製造をサポートいたしますので、まずは太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

研削加工のメリット・デメリットについて

研削加工の定義は高速回転させた砥石で金属を削るという加工です。簡単に説明しましたが研削加工で使用する砥石というのは、切削加工と同じように荒取りができるものや、仕上げで使うものなど種類が豊富です。
そして研削加工の機械にもいろいろな種類があって、加工する製品の形状によって使用する機械や砥石も変えていくものなのです。

そんな研削加工のメリットは、一般的に硬すぎて切削加工が難しいといわれている金属を削り取る事が可能な点です。
また難削材だけではなく陶磁器などの素材でも加工が可能です。
先ほど説明したように、極めて高い寸法精度を出す事が可能なので、0.0001~0.0005という交差に入る製品を加工する事も可能です。
それだけでなく仕上げ面の粗さが小さい製品を加工する事ができます。

とてもいいことづくめではありますが、研削砥石にもデメリットがあります。
一つは直角を出さなくてはならない加工の場合、定期的に砥石を削って精度を保つ必要があるという事、砥石が回転している時に誤って製品を落として巻き込んでしまう事があります。

研削加工にもメリットもあればデメリットもあります。
製品の性質や求める精度によって加工方法をうまく組み合わせるといいでしょう。

太陽パーツでは、機械加工を得意としており、お客様のお求めの製品づくりをサポートしております。
他の加工法にも精通しておりますので、太陽パーツではお客様にメリットのあるご提案をさせていただきます。

製品製造のことでお悩みをお持ちの方は、一度太陽パーツまでお気軽にご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > 機械加工


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.