太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ

太陽パーツ株式会社のスタッフブログ

製作に時間と費用がかかる金型についての知識

金型製作の技術の発展によって、より精度の高いより複雑な製品を作り出せるようになりました。
金型を使った鋳造製品の魅力は複雑で精度の高い製品を、大量生産できる事にあるようですが、確かに大量生産するのであれば、ダイカストなどの金型を使った加工にを頼るのは当然なのかもしれません。
ただし、鋳造加工に使用する「金型」は非常にコストが多くかかってしまう部分ですので、金型を製作するときには様々な事を考慮して製作する必要があるのです。
通常、金型を使って製品を加工する場合には、金型を新しく作る必要があるのか? 金型にはどのような材質を使うべきなのか? 本当に金型を使って加工する事が必要なのかなどについてを考慮する必要があるのです。
また、金型を使って製品の生産を行う場合には、生産性の事も考慮して製作する必要があるでしょう。
なぜならば、金型を使った鋳造というのは金型を製作する段階で、かなりの時間と費用がかかってしまう事が予想されるからなのです。
金型を製作する必要があるのかについてですが、例えば以前にも金型を使った部品生産を行っているのであれば、過去に使った金型を使用する事はできないのかを検討すべきでしょう。
また、複雑な金型を作ろうとすると、それだけ製作に時間がかかってしまったり、かかった時間の分だけ費用がかさんでしまう事も十分に考えられます。
そうならないようにするためには、金型を製作する時にできるだけ安い費用で作る事ができる、簡易タイプの金型を検討する必要もあるでしょう。
簡易型の金型を製作する事に抵抗がある方もいるかもしれませんが、例えばダイカストの金型を例に挙げると、通常はベース部分にかなりの材料を使用するのが一般的です。
金型の部分と同じくらいの大きさの材料が必要となるので、その分コストが非常に高くなってしまうのです。ところが簡易金型を使う事によって、費用をグンと削減する事も可能になります。

太陽パーツではエコダイカストという、従来の金型の精度はそのままにベース部分の材料をカットする事ができるので、精度はそのままに非常にコストを下げる事が可能です。
しかも簡易金型といっても金型としての精度は従来と同等、またはそれ以上の金型なので、どうしても新しい金型を製作しなくてはならない場合には、太陽パーツへぜひお気軽にご相談してみてはいかがでしょうか。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

自動車や家電などの部品を製造するダイカスト金型

日本の製品は世界に誇れる技術によって作り出されています。数ある技術の中でダイカストの技術の発達は目覚ましく、今では自動車や家電製品の部品の製造に欠かす事ができません。
ダイカスト製品といっても様々な製品があります。そして製品に使われている素材も種類が多いものなのです。

アルミニウム合金や亜鉛合金はその代表的なものですが、最近ではプラスチック製品を加工するのにも、ダイカストの技術が使われるようになったのです。
そんなダイカストは大きくわけると3つの部分で構成されていて、どの部分も重要なものなのですが、中でもダイカスト金型は非常に重要な役割を持っているのです。
ダイカスト金型は製品を左右するとても重要な部分です。ダイカスト金型は二つの型を合わせて使うのですが、二つの金型を合わせると隙間ができます。
その隙間の事をキャビティと言い、この部分に溶けた材料を高圧で流し込んで、製品を金型の形に成形していくのです。
溶けた金属が流し込まれる部分は熱に強い処理を行い、他の金型部分よりも傷みに強く作られているのです。
ダイカスト金型は合わさる二つの型を使って製品を加工しますが、実はその金型もたくさんの重要な役割を持った部品で構成されているのです。
簡単に説明すると、固定主型という固定された側の金型には、固定入子にスプールブッシュ、スライドストッパーや傾斜ピンが収まるようになっています。
そして可動主型にも可動入子にスライドコア、スプールコアそれとスライドホルダーが収まっています。
そこに可動中子やスプールブッシュ、冷却リング、スプールコア。押出板前板や押出後板やダイベースなどがついています。
これらの部品はそれぞれに必要な強度や表面精度が必要となり、それぞれが完璧に働いて精度の高い製品を作り出す事が可能になるのです。
ただし、これらの全ての構造を兼ね備えるために、大きなベース部分を必要としますので、どうしても金型の費用が高くなってしまいがちになるわけですね。

太陽パーツではダイカスト金型をセパレートタイプにする事によって、これまでの金型のおよそ半分の費用でダイカスト金型を作る事ができます。
エコダイカストについての詳細が知りたい方は、太陽パーツにお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス金型を用いた加工ではどんな事が出来るのか

プレス金型を用いた機械加工では、様々な製品を加工する事が可能です。プレスというと圧力をかけて潰すというイメージがあるようですが、その力を利用していろいろな製品を作り出す事ができるのです。

例えば、プレス金型を用いる事によってせん断加工ができますが、せん断加工には「穴あけ」「外形抜き」「切り欠き」「切断」といった加工を行う事ができます。
他にも「曲げ加工」を行う事ができますが、曲げ加工にも使う金型によって様々な製品を作り出す事ができるのです。
それぞれを簡単に説明すると、好みの大きさの穴を開けるための円形の金型を使って打ち抜きを行う事ができます。
外形抜きは製品の外周部分を打ち抜き加工を行います。切り欠き加工は部分的に分離する加工で、切り込みを入れたりする事ができます。
そして最後に切断を行い、製品を一つ一つ分離していくという加工なのです。これらは全てそれぞれの形状に打ち抜き加工ができるような金型を使って行います。
製品を作る場合には、これらの金型を順番に使って完成していくのです。
他にもプレス金型にはベンディングという曲げ加工を行う事ができますが、この加工にも金型をよく使っているのです。
V字型に曲げる事ができるような金型を用いたり、L字型に曲げる事ができる金型を用いたり、Uじ型に曲げる事ができる金型を使ったり、Z型の金型を使って段差のある製品を作る事も可能です。
最後に金型は直角だけではなくRを使って、絞り加工を行う事だって可能なのです。絞り加工は金属の板に圧力をかけて、伸ばして製品を作る事も可能なのです。
最近では、打ち抜き加工や絞り加工や曲げ加工の技術を上手に融合させた加工もできるようになっています。
例えばせん断と絞りを複合的に行い、より複雑な製品を作り出す事ができるようになったのです。それがバーリング加工であったり、ハーフピアスだったり切り曲げ加工だったりするのです。

太陽パーツではプレス金型を用いた複合的な製品を作るお手伝いをしています。詳しくは太陽パーツへお気軽にご連絡ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

金型を締め付けるダイカストマシンの構成

ダイカストマシンは精度の高い製品を大量生産するのに最適な機械です。そして他の機械と同じようにダイカストマシンにも重要な部分はあります。
大きくわけるとダイカストマシンの構造は、型締めと言われる部分と、射出する部分と製品押出の3つの構成で作られています。どの部分も重要ですが、ダイカストマシンの3つの構成をわかりやすく説明しましょう。

まず型締めの部分に関してですが、この部分は金型がついている部分で、可動型の部分と固定されている部分とに分かれて設置され、高い圧力をかけて製品を冷やし固める部分です。
金型の可動型の方には、取り外すための押出ピンなどがついていて、金型を高圧で押して内部に熱した金属を流し込み、冷やして固めた製品を押して金型から外します。
この部分が「製品押出」という部分で、この部分があるからこそより複雑な製品を、傷つけないように外す事が可能となるわけです。
そして金型に溶けた材料を流し込む部分が「射出」という部分で、溶けた材料を金型に射出する働きのある部分となっています。
この射出の部分にも高い圧力が必要となり、高圧で溶けた金属を金型に隙間なく入れる事ができるのです。
このように、どの部分も高い圧力を必要とし、その圧力を上手に使う事によって精度の高い製品を作り出すのがダイカストマシンの技術なのです。
ちなみに小さな製品には特別高い圧力は必要としませんが、製品が大きくなればなるほど高い圧力と、それに耐える事ができる装置が必要となるわけですね。

太陽パーツでは、小さな製品から大きな製品まであらゆる製品をダイカストマシンで製造しています。
しかも小ロットの製品にもコストを下げて製造する事ができるので、ダイカスト製品の事でお悩みならば、お気軽に太陽パーツへご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

精度は従来のままでコスト削減を実現!【エコダイカスト】

ダイカスト鋳造品は金型にアルミや亜鉛などを射出して、高圧で冷やし固めて製品を作る製法ですが、高い精度の製品を一度に大量生産できるとして、世界中で活用されている製造方法です。
高い精度の製品を作ることができるようになったのは、ダイカストの設備が良くなったという事も事実ですが、金型の技術が高くなったからだという事も忘れてはいけません。
ダイカストで作られる製品は、薄肉で複雑な形状で寸法が厳しい製品が必要で、なおかつ大量生産をすればするほど一個当たりの単価が安くなるため、従来のダイカストでは小ロットでの生産には向いていないと考えられていました。
その理由はダイカストで使われている「金型」にかかる費用が高いからです。
通常、ダイカストで使われている金型は、ベースの部分と金型の部分が一体化しており、金型全体に費用がかかっていました。
だから大量生産ではない場合、どうしてもコストを削減するのが難しかったのです。その部分を解決したのが太陽パーツのエコダイカストなのです。
エコダイカストの場合だと、従来ベース部分と金型の両方にかかっていたコストを、半分に削減する事ができるのです! それだけではなく製品の精度は従来の保つ事が可能なのです。
金型にかかっていた費用が半額に削減できる事によって、小ロットのダイカスト製品の生産をする時にも、従来通りの費用で作れる事になるわけです。
つまり、生産する量に関係なくダイカストの製品を作る事ができるという事になるわけです。
もしも現在、ダイカスト製品のコストをできるだけ抑えたいという方や、ダイカスト製品の品質を落とさずにコスト削減をしたいという場合には、太陽パーツへお気軽にご相談してみてはいかがでしょうか。

もちろん太陽パーツでは、小ロットのダイカストではエコダイカスト、ロット数が500個以上になった場合には、量産金型でのダイカスト製法となるので、どちらでもコストを削減できる仕組みになっています。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

溶接や仕上げ加工まで一貫として行える板金加工

日本の板金加工の技術はとても高く、特に自動車の修繕をする技術はまさに職人技ですよね。

ところでそれとは別に金属加工でも板金加工という製造方法があるのですが、機械加工における板金加工は設計から仕上げまでを一貫として行う事ができる数少ない加工技術でもあります。
まずは設計図を展開していき、それぞれの部品を裁断する作業を開始します。裁断が終わったそれぞれのパーツに必要な加工を施します。
例えば穴をあけるとか曲げを加えるといった加工ですよね。これらの加工を施した後はいよいよ組み合わせをしていきます。
部品と部品同士をリベットやねじ、溶接などで接着していきます。この時にバリが入ってはいけないので、しっかりと面取りやバフをかけるなどをします。
溶接をした後で溶接した時にできた凹凸などを丁寧に修正して、塗装などが必要な時には加工後の処理を行って終わりです。
最近の板金加工用機械はNC装置がついているものも増えてきたので、昔よりもより寸法精度の高い製品を作れるようになりました。
それによって精度の高い製品を大量生産する事ができるようになるわけです。ちなみに仕上げまで一貫作業ができるので、比較的短納期で製品を手に入れる事ができるのも事実です。
優れた製品を作る事ができる板金加工なのですが、溶接をする時の作業だけは時間がかかってしまいます。
ですがこれは溶接による熱での変形があるためで、一度に大量に行えない分多少時間はかかってしまう印象を持たれるかもしれませんが、確かな製品のためには当然の時間だと言えるでしょう。

太陽パーツでは板金加工による精密加工を行っております。
もちろんバフ掛けや塗装処理なども行えるので、板金加工について知りたい方はお気軽にお声かけください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

太陽パーツ テクニカルニュース vol.3



太陽パーツがお届けする
エンジニアのための技術情報紙『Taiyo Parts Technical NEWS』 vol.3

詳細についてはこちら

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

板金加工で使われている板金材料の種類とは?

板金加工というと、多くの方は鉄を加工したり叩いて修正をしたりといったイメージが強いのではないでしょうか。
いわゆる自動車修理工場などで行っている自動車の修理ですよね? 確かにそういう仕事も板金加工だと言えるのかもしれませんが、実は板金加工というのはそれだけではありません。

まず、板金加工は専用の機械を使って様々な加工を行う事ができるのですが、加工方法は穴あけに曲げなどもできるので、いろいろな製品に利用されている加工技術です。
そんな板金加工に使われている板金材料にもたくさんの種類があります。
もちろん板金加工同様に鉄しか使わないのでは? というイメージがあるかもしれませんが、実はもっとたくさんの種類の材料を使うのです。
代表的なのが鉄です! 鉄は昔から板金加工で使われている材料で、加工がしやすく低予算で製品を作る事ができる板金材料だと言えるでしょう。
ただし鉄は錆びやすいのが唯一のデメリットなので、錆び防止処理をしておかないとなりません。
ですが処理をしても他の金属材料を使うより安く作れるというメリットがあります。
もちろん鉄の特性では製品に支障が出るという製品を作る時には、別の板金材料を使う事になるわけです。
錆びにくく美しいステンレス! ステンレスも鉄からできた金属なのですが、クロム、ニッケルをプラスして腐食しにくい性質をもった金属です。
しかもクロムの美しさをもっているので、食器やキッチンのシンクなどにもよく使われていますよね!
アルミニウムや銅合金も使われています! 例えば磁気を通さない性質の金属でカバーを造りたいといった場合には、鉄やステンレスではいけません。
この場合にはアルミニウムを使ったりする事が多くなっているのです。このように適材適所で板金加工の材料も変える事ができるのです。

太陽パーツでは板金加工で使う板金材料の種類が豊富です。どんな製品にしたいのかをしっかりとお伝えいただければ、最適な材料で板金加工を行います。
詳しくは太陽パーツ株式会社までお問合せください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミニウムが世の中で多く使われる理由

世の中にアルミニウムの製品がたくさんあるのには理由があります。アルミニウムというのはとても柔らかい金属でもりますよね。
柔らかくて実は丈夫な金属なので、加工しやすいだけではなく強い製品を作り出す事が可能なのです。強いのに金属としての重さはとても軽いのも特徴的ですよね。

例えばこれまで鉄や銅などで作られてきた製品を、アルミニウムで製造すると非常に軽い製品が出来上がるのです! それは大きければ大きいほど差が出てきます。
飛行機や自動車などは軽ければ軽いほど燃費が向上しますよね、だからアルミニウムで作られた製品がどんどん増えていきているのです。
それにアルミニウムというのは電気をとてもよく通しますので、昔は送電線の多くは銅で作られていたのに、最近は軽くて丈夫なアルミニウムの線に代わってきているのです。
さらに、アルミニウムというのはもともと酸化被膜をまとった金属ですので、耐食性がとてもいいのです! 傷が入ってしまって酸化膜に傷が入っても、自己修復ができるのもメリットだと言えるでしょう。

金属加工業界では、鉄やステンレスといった固くて粘着質な金属の加工よりも、サクサクと削れていろいろな形状に加工できるアルミニウムはうれしい存在でもあります。
ところでアルミニウムはパソコン製品などにも多く使われていますが、これも実はアルミニウムの磁気を帯びないという特性があるからなのです。
そのほかにも熱伝導率が良いというのもありますし、低温でも脆弱破壊がありません。つまり宇宙で使う製品としても有効活用できる金属なのですね。
また、鋳造するときにも多く使われていますし、熱や光を反射するというものもあります。先ほども触れましたが、宇宙工学で必要な特性を全て兼ね備えているのでアルミニウムは全世界で多く使われているのです。
そしてアルミニウムが使われている最大の理由が「リサイクル性が高い」という事! 何度でも再利用できるのがいいのです! 資源を大切にしたい現代に最適な金属、それがアルミニウムという事なのです。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

熱間も冷間も可能なアルミニウムの押出成形

アルミニウムの押出成形は様々な部品の製造に使われています。基本的にアルミニウムは柔らかい素材なので、加工しやすいというメリットがあります。
押出加工もいろいろとあるのですが、金型を使って加工するので寸法精度の高い製品を大量生産ができるため、製品コストを下げる効果も高く人気の加工方法です。

さて、アルミニウムの押出成形の方法ですが、冷間鍛造と熱間鍛造の二種類があるので、使用する目的に応じた製品の製造が可能となるのです。
冷間鍛造は後方押出法、前方押出法、型鍛造法、シゴキ加工、穴抜き加工など、製品の形状に合った加工が可能で、加工する時には特に温めて柔らかくする事もありません。
常温の状態で加工する事ができるので、小さな部品の製図をするのに最適な方法だと言えるでしょう。
また熱間鍛造の場合ですが、多くの場合はダイスと言われる金型を使って、一定の温度に温めたアルミニウムを、後ろから圧力をかけてゆっくりと通していきます。
そうする事で複雑な形状の製品を作り出しますが、ところてんのように押し出して成型するので、丈夫で美しい製品ができ、主に建具などに利用されています。
熱間鍛造は温めて加工をするので、焼き戻し軟化抵抗があるので丈夫で高温にも強い製品を作り出す事が可能となります。
どちらの製造方法でも一度に大量生産が可能な加工技術なので、製品のコストを削減するのに最適です。
さらにアルミニウム押出成形をする事によって、仕上がりがとても美しく後の処理をする時にも、特別な処理をせずに仕上げを行えるのもメリットだと言えるでしょう。

太陽パーツではアルミニウムの押出も行っています。もちろん金型の製造も行っているので一貫した作業が可能です。
詳しくは太陽パーツまでお気軽にお問合せください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.