太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ

太陽パーツ株式会社のスタッフブログ

国内の品質を低価格で提供!太陽パーツ海外生産の魅力

ダイカスト製法で生産する事のメリットをご存知ない方の方が少ない時代ですので、ダイカストでの部品生産に人気が集まるのも無理はありません。
ですが人気の生産技術だからこそ、生産工場にはたくさんの生産の依頼が集中してしまうものです。中には希望する納期通りに部品の生産が間に合わないのでは?と不安を感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
もしダイカストで部品の生産をしたいと考えているのならば、太陽パーツへお任せしてみてはいかがでしょうか。なぜならば太陽パーツには「海外生産」という奥の手があるからです。
例えば中国の工場では広大な土地に日本と全く同じ機械がたくさん設置されています。さらに海外の工場は一か所だけではなくいくつかに分けられて、毎日製品の生産を行っているのです。
国内とは違って人件費も現地に合っているため、日本国内で部品の生産を行うよりも格安で部品を手に入れる事が可能になるのです。
もちろん日本国内と全く同じ品質で部品の生産を行う事が可能です。スケジュールに沿って現地のスタッフと日本のスタッフが、コツコツと製品の生産を行って丁寧に梱包して国内に輸送します。
なので日本国内じゃないと品質が問題になるとか、納期に間に合わないといった問題からも解放されて、ストレスもどこかへ吹き飛んでしまうでしょう。
技術スタッフも多く、様々な問題に取り組んできたので何かがあったとしても、安心してお任せする事が可能です。
もしもダイカスト製品の生産を検討しているという方で、少しでもコストを削減したいと検討中の方は、ぜひ一度太陽パーツへとご相談されてみるといいでしょう。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカスト鋳造法と砂型鋳造の特徴を比較すると?

ダイカスト鋳造法と砂型鋳造はとても似ています。というか金型を使って金属を流し込んで固めて部品にするというのは全く同じ方法です。
ですがこの二つの鋳造方法というのは似ている部分もありますが、違っている部分もあるものなので、その違いはどんな事なのかについてをお話いたします。
まずはダイカスト鋳造法についてを具体的に説明しますと、ダイカスト鋳造法はアルミニウムやアルミ合金、その他の金属を熱して溶かし、金型に流して圧力をかけて冷やして固めます。
金型は複雑な形状に作る事も可能で、入子をしたり中子を入れたりして部品の生産を行う事ができます。生産性が非常に高いのが特徴で、一度に大量に精度の高い製品を作る事が可能な製造方法でもあります。
しかも製品の表面もとてもキレイに仕上がるので、処理をする時にもとても処理しやすいというメリットがあります。一つ一つのコストがとても安くなるため、他の金属加工よりも利用する方が多いのも特徴でしょう。
一方で、砂型鋳造というのはどのようなものなのかというと、砂を使って鋳造の金型を作って、その砂型の中に解けた金属を流して冷やし固めて部品の生産を行います。
ダイカストとは違って製品の精度はそれほど精密ではありません。ただ使用する型のコストは安く済むのが特徴ですが、決して一つの製品の価格が安いというわけではありません。
大量生産をするのには向いていません。ただアルミダイカスト鋳造法で製造する事が難しいと言われる大きな部品の生産を行うのには適しているといっていいでしょう。
ただし砂型なので製品の表面はザラザラとしているため、表面処理をする必要があるでしょう。またアバウトな寸法ではなくてしっかりとした寸法が欲しい場合には、二次加工を施す必要がある場合もあります。
太陽パーツではダイカスト鋳造法、砂型鋳造などの製品の生産を行っています。今後砂型やダイカストで製品の生産を検討しているのであれば、ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談くださいませ。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

多くの金属製品の製作を可能にする旋盤とフライス盤

金属の部品を加工するためには、金属を加工する事ができる機械を使わなくてはなりません。旋盤とフライス盤はその基本的な加工を行える代表的な機械です。
この二つの機械の加工の違いやそれぞれの機械の特性をよく知って、今後、部品加工の事で悩んだ時には最適な加工方法で部品の生産を検討する事ができるのではないでしょうか。
まず旋盤の方から説明すると、旋盤加工というのは材料が高速回転をします。その高速回転をしている材料に対して、チップや刃物を使づけて切削加工を行うのです。
基本は円筒形の部品加工を行います。外径の切削加工だけではなく内径へドリルでの穴あけを行い、内径バイトを使って内径を広げていく加工も行います。
溝入れをしてねじ切りを行ったりする事も可能です。加工できる金属の種類がとても多いのも特徴で、金型などのために使う硬い素材の加工も専用のバイトで行えます。
一方でフライス盤での加工は、丸材を加工するというよりも角材を加工したり、旋盤加工を行った後の二次加工などのために利用する事が多いです。
加工できるのは平面削りやエンドミルを使っての段差加工をしたり、溝加工をしたり穴あけ加工をしたりする事も可能ですし、ドリルを使って指定された場所に穴あけを施す事も可能です。
タップを立てたりする事も可能です。旋盤加工との大きな違いは旋盤加工のように材料が回転するのではなく、ツールの方が高速回転をして部品の加工を行う事です。
この二つの機械加工を使って、様々な複雑な形状の製品を作る事も可能です。
もし金型の製造や切削による部品の生産を検討しているのであれば、太陽パーツへお気軽にご相談ください。きっとご希望に沿った部品の加工でお応えしてくれるでしょう。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

高価な金型も半額に!太陽パーツ自慢の「エコダイカスト」

太陽パーツでは様々な部品生産を行っております。加工機械の種類はとても豊富ですが、その中でも特に人気が高いのが「エコダイカスト」という特許製法での部品の生産です。
なぜこれほどまでに太陽パーツの「エコダイカスト」は人気でおすすめできる加工技術なのかというと、太陽パーツのエコダイカストは特許製法だからです。
一般的にダイカストを使って部品の生産を行う時、何を一番心配してしまうかというと、それはやはり「ダイカストで製品を生産できるようになるまで」に時間がかかるという点です。
なぜならばダイカストで部品の生産を行う時には、製品生産に必要な金型が無くてはならないからです。実はダイカストで部品の生産を行う時には、まず金型を製造する必要があります。
ダイカストの金型というのは一般的には非常に費用のかかるものです。なぜならば金型は上下で一対となっていて、それぞれの材料代や加工費がかかるからです。
だから生産数が多い部品の加工を行うためにダイカストの選択をするケースが多いのです。ただし従来のダイカストの場合は大量生産の部品以外には利用しないものでしたが、エコダイカストは全く違ったダイカストです。
通常のダイカスト用の金型というのは、ベースの部分と金型の部分が一体化されています。ベースの部分は金型ですが金型としては使わない部分なので、この部分の材料費だけが問題だったのです。
エコダイカストの金型はベース部分は必要ありません。この部分は太陽パーツの共通部品となっているので、お客様の負担は従来のダイカストの半額で済んでしまいます。
つまり大量生産をするためにエコダイカストを活用する事もできれば、50個くらいの極小ロットにまでも対応する事ができるようになった事になります。
当然ですが部品の精度もどこにも負ける事はありません。ただただ金型の費用を半額にまで抑える事ができ、変わらぬ製品制度で部品の生産ができるのでおすすめできるのです。
詳しくは太陽パーツの担当者まで、お気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

太陽パーツの切削加工商品を作り出す4つの機械加工!

部品加工を行う時には、その部品の生産内容に合った方法で加工を行います。例えば太陽パーツでは、『試作品を作りたい』『小ロットの部品の生産をしたい』『量産専用の金型が欲しい』などの場合には切削加工を行っています。
太陽パーツの切削加工は、汎用旋盤、NC旋盤、フライス加工、MCの4つの機械を駆使して部品の生産、または金型の生産を行っております。旋盤加工とNC旋盤では金型や製品のブランクの部分、の外径と内径の切削などを行います。
フライス盤やMCでは、二次加工やカットなどを行ったりして加工します。旋盤加工とフライス加工はそれぞれ得意な加工があるのですが、近年ではワンチャックでほぼ完成品にまで加工する事ができる、多軸機械を使って加工する事も可能になりました。
一般的に量産部品の生産を行う時、金型を使って大量生産を行った方が一つあたりのコストが安くつくのですが、まだ試作の段階で大量生産に踏み切れていない製品に関しては、金型を作ってしまうと余計コストが高くなってしまいます。
また、試作品のために部品を数点のみという場合にも同様に、他の加工技術を使うとコストが高くなってしまうので、切削機械を使って加工を行った方が、より安く確実に良い製品を作る事ができるのです。
切削機械加工の良さは、たった一個から加工ができるという点だけではなく、3次元データがあるだけでもしっかりと製作する事が可能な点、そして製品精度の高い部品を作る事ができるという点です。
大量生産にするかどうかを決定する事が決まれば、そのための金型の製作へとすぐに移行する事ができるのもメリットだと言えるのではないでしょうか。太陽パーツでは切削機械を使って丁寧に部品の生産を行います。
もしも試作品を作りたいと思っていたりした場合には、たった1個であったとしてもぜひお気軽にご相談ください。詳しくは電話もしくはメールなどでご連絡をお願いいたします。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

職人技が光る板金加工の「曲げ加工」について

金属を曲げる加工を「曲げ加工」と言います。さまざまな金属部品で曲げ加工を活用していますが、曲げ加工を行うためにはプロに依頼する必要があるのをご存知でしょうか。
例えば一言で曲げると言っても、角材を曲げるのも丸材を曲げるのも曲げ加工ですし、曲げて欲しい部分を性格に折り曲げる加工もあります。指示されている部分を指示通りに曲げるのはとても大変な事なのです。
曲げ加工を行うためには長年のカンも必要になりますし、専用の機械も必要になるでしょう。多くの場合の曲げ加工はベンダーといった加工機械を使って行われるようです。
ベンダーとはいわゆる板金加工の一つで、機械の圧力を使って金型の形を転写して加工いたします。
加工する際には、金属の金型と上から金型に金属板を押し付けて、オスメスの金型に挟み込む形で、曲げの形状を転写する加工となります。
曲げ加工を行う時、慣れた職人の場合は曲げた時の素材の寸法と、曲げ終わった時の金属の寸法や、折れ曲がった時の金属の特性をしっかりと計算しつつ加工を行います。
なぜならば、曲げた時の金属の変化の事を頭に入れておかないとならなかったり、金型から解放した場合の角度の開きなどを計算に入れておかなければならなかったりするからです。
これらの事をしっかりと計算しつつ素材を決定して、曲げ加工を行うようにする必要があるので、とても簡単そうに感じるベンダー加工も、職人技が必要になる金属加工の一つなのですね。
ベンダー加工を行う時には、曲げを行った時の素材への影響についてしっかりと考える必要があります。素材のたわみとかも考慮するといいでしょう。
太陽パーツではベンダー加工を行う際にも最新の注意を払って加工を行います。加工後の問題を少しでも解決したいと思うのであれば、ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談くださいませ。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

小ロットでダイカスト製品の製造を叶える「エコダイカスト」

ダイカストで製品の生産を行う事によって、コストを大幅に削減する事が可能です。金属加工業の中でもアルミダイカストは製品生産率が非常に高く、短期間に品質の良い製品を生産する事が可能な技術です。
そのため多くの企業で採用している生産方法なのですが、たった一つだけ問題となる点があるのも事実でした。恐らく多くの方がこれが原因でダイカストをあきらめているはずです。
それはダイカストで使用する『金型』の費用が高いという点です。なぜダイカストの金型がネックになって、ダイカストでの部品生産を躊躇するのか、その理由をお話しいたします。
実はダイカストの金型というのは非常に大きなものです。一般的にはベース部分と金型の部分が一体化しています。
しかもダイカスト機械の上下に取り付ける必要があります。ごく一般的な金型だと重量がかなり重いため、一人で段取りを行うのが大変難しいでしょう。
それは巨大なベース部分を含む金型を、いちいち取り外して別の金型を乗せなくてはなりません。そんな場合には足に落としてしまったりしては大変なので、複数で行うための人件費がかかるわけです。
しかも巨大なベース部分と金型の部分は同じくらいの材料費がかかってしまいます。重くて材料の費用がかなり高いとなると、生産予定の部品が多くなければ一つの部品の価格が高くなります。
これがダイカストで製品の生産がしたくても、数が少ないからコストがかかるのでダイカストにできないという問題です。
ですがこれを解決する方法が一つだけあるのです。それが太陽パーツの特許製法でもある『エコダイカスト』です。エコダイカストはベースの部分は太陽パーツの共通部品となっているので、金型にかかる費用は従来の半額で済みます。
半額で済むため50個という少ない部品生産も、ダイカストの技術を使う事ができるというわけなのです。これなら試作品の生産にも活用できますし、本格的な生産に移ったとしても問題はありません。
ただ金型が半額で済んだというメリットは、そのまま精度の不安があるのでは?という不安になるかもしれませんが、エコダイカストは従来の精度はしっかりと守れますので、安心してダイカストで製品の生産を検討してみるといいでしょう。
詳しくは太陽パーツへご相談されてみるといいでしょう。きっと疑問も不安も全て解消されていくはずです。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミニウム合金【熱処理】の大切な役割

アルミニウム合金で熱処理を行うのはなぜなのでしょうか?
これは金属に熱を加える事によって、求められている性質を出すために『調質』を行うためなのです。
金属は熱処理を行う事によって、硬い性質に柔軟性を加えたり、さびやすい性質を錆びに強い性質に変える事だって可能です。
さらに熱処理以外にも表面処理を同時に施す事によって、より丈夫に傷がつきにくいようにする事だって可能になるわけです。
アルミニウム合金にも熱処理を行う事は可能です。加工を行う以前に合金にするために熱処理を行っているものもあって、非熱処理合金と熱処理合金の中から必要な性質を持った金属を選びます。
熱処理合金には「2000」「6000」「7000」があり、硬度などを出すために『時効処理』を行いますが、それ以前に熱処理を行う必要があるのです。
さらにアルミニウム合金の熱処理には、容体化処理という難しい熱処理もあります。焼き遅れなどが起こらないように徹底的な温度管理や処理管理能力を必要とします。
アルミ合金はさまざまな熱処理を行う事によって、金属の硬度だったり粘度だったり強度だったりの特性を引き出す事が可能です。
むしろ合金としての特徴は熱処理にかかっていると言っても言い過ぎではないのです。それぞれのアルミ合金の特性は熱処理によって、結晶のつながりを変化させたりする事で引き出します。
だから熱処理を行う事は非常に重要な事なのです。それによって航空機の部品になったり船舶の部品になったり、電車の部品として使われたりするのです。
金属加工において熱処理を行う理由はさまざまですが、アルミニウム合金の熱処理には大切な役割を果たすために行われているものなのですね。
どのような部品を生産するのかによっても材質の選び方を考える必要があります。微妙に悩むケースも多いかと思うのですが、太陽パーツはアルミ合金の性質にかけてはかなりの知識を持っています。
もし微妙に悩む事がありましたら、ぜひお気軽に太陽パーツに相談いただければ、きっと条件にピッタリのアルミ合金を選ぶお手伝いができるのではないでしょうか。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

繊細な加工が得意なレーザー加工の性能

レーザー加工は金属を切断しながら加工していく特殊な加工技術です。切断加工というとプレス加工というイメージが強いようですが、製品によってはレーザー加工を選択する事もあります。
まずはレーザー加工とはどのようにして加工をしていくものなのかについてを簡単にお話すると、レーザーを使って必要な形に切り抜く事が可能な技術です。
複雑な形状であってもコンピューターで描いた図面通りにプログラムを行う事で、製品の生産を行うので金型を必要としないという特徴を持っています。
普通なら金属をカットする場合は、カットする形状の金型(抜き型)を作って、プレスの力で加工を行うものですが、レーザー加工の場合は金型が無くても同じ形状の部品を作れるところもメリットだと言えるでしょう。
一度プログラミングをしてしまえば、同じ形状の製品を複数作る事も可能ですので、試作品として複数枚製造するにはピッタリの加工技術ですが、大量生産を行う時には時間がかかるのでコストがかかってしまいます。
レーザー加工はとても複雑な部品を作る事が可能ですが、大昔は加工できる金属が意外と少ない技術でした。
近年では鉄、ステンレス、アルミニウム、真鍮、銅、チタン、紙、木、アクリルなどの加工も可能ですし、溶接加工や曲げ加工などもできるので、試作品や少数の部品の生産には最適な加工技術です。
他の金属加工との違いは、レーザーのパワーによって色々な金属や材質を加工できる事です。さらに断面もとてもキレイですし、素材をセットすれば自動的に機械が製作してくれるのも特徴と言えるでしょう。
環境に優しいというのもメリットだと言えるのですが、最大の難点は加工賃が比較的高めであるという点です。それ以外ではレーザーによるダレが出ては困るものには向いていないかもしれません。
もちろんそれも味になると考える製品にはうってつけです。例えばアクセサリーなどの精密加工などがそうです。
レーザー加工は「複雑な形状を作る事ができる」「精密な部品加工を行う事ができる」「小さい製品の加工を行う事ができる」という3つの要素を兼ね備えた加工技術なのです。
コストの問題がクリアできるのであれば……と考えているのであれば、太陽パーツへ相談されてみてはいかがでしょうか。
お問い合わせはお電話、ホームページのメールなどでも対応していますので、ぜひお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削加工を行う際の「剛性」について

世界中で「日本製なら大丈夫」という信頼をいただいているのはご存知の方多いと思います。なぜ日本製は安心して使えるのか? それは剛性があり、とても丈夫だからというのが一番の理由かもしれません。
つまり剛性が高いという事は壊れにくいという事です。でも日本製だからと言っても、どこで作っても同じだけの剛性があるのか? 同じだけの精度があるのかというと、実はそんな事はありません。
製作するメーカーや企業によっては同じ製品でも剛性も違ってくるものなのです。例えそれが同じ切削機械を使って切削加工をしていても違うものなのです。
日本における切削加工というのは、機械が同じでも使っているツールや加工方法によって、多くのものが違ってきます。もちろん見た目は全く変わらないかもしれません。
ですが技術者によっては刃物を自分で作ったり、プログラムの方法が違っていたり、それぞれが独自の方法で加工を行っていますので、どれ一つとして同じものはもしかしたらないのかもしれません。
もちろん全く同じ機械じゃなくても、品物の大きさや求められる形状によっては、その製品に適した切削加工の機械で加工する事も必要ですね。
剛性が関係してるのは製品だけではなく、実は加工をする機械にも大きく関係しています。特に切削加工を行う機械は剛性が高いものの方が、より安定した製品を加工する事ができるのです。
振動が主な原因です。高速で材料が回転したりツールが回転したりするため、その遠心力で振動を起こすのです。
もしも本当に高い品質の製品の加工をしたいと思うのならば、機械の特性や癖、そして剛性にあった加工方法を行う必要があるのです。
これらの問題をクリアできる事が良い製品を作る事ができるという事につながるのです。太陽パーツでは機械の性質や癖をしっかりと見極め、最適な機械で切削加工を行います。
部品生産や金型の製造のお悩みを解決したいと思っているのならば、ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.