太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > アーカイブ > 2011-04

2011-04

ブロー成形の方法

ブロー成形は別名、吹込成形、中空成形とも言われています。

ブロー成形の古くは、ガラス瓶の手吹き法までさかのぼる事になります。1930年代より合成樹脂を材料に生産が開始されたと言います。
今では、樹脂容器を製造する成形方法として知られています。また、ブロー成形では、ペットボトルなどやポリタンク、中空型の自動車外装部品や産業用部品が作られます。
そして、ブロー成形の方法は以下のようなものがあります。

1、押出式ブロー成形
押出式ブロー成形では、押出機から円筒状の溶融樹脂=パリソンを押し出します。そして、それを成形したい形状の金型で挟んで、片方を閉じて圧縮空気を吹き込み中空品を成形する方法です。

2、射出式ブロー成形
射出機で最初に有底パリソンを成形し、これを成型用金型へ移動させて、圧縮空気を吹き込んで中空品を成形していく方法です。

3、延伸ブロー成形
延伸ブロー成形では、2軸延伸フィルムのように、瓶の落下衝撃強度を向上させるために、この成形方法が行われています。

4、次元ブロー成形
次元ブロー成形では、3次元的に屈曲している形状、二重壁構造の成形品などをブロー成形いたします。

=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

インジェクション成形について

今回はインジェクション成形の話です。

インジェクション成形ですが、金型内に樹脂を注入することからインジェクション成形(Injection molding)と言われます。

インジェクション成形は、主としてプラスチック部品など微妙に複雑な形状を作るときの成形方法方法です。
そしてその用途は日用品から精密部品まで様々に対応できるのが特徴ですし、また、複雑で精巧な部品が短時間で完成させることができ、非常に生産性が高い工法という特徴があります。

プラスチック加工を行う場合にはインジェクション成形の場合が多いといえるでしょう。

言い方ですが、インジェクション成形は、プラスチック射出成形と呼ばれることもあります。
プラスチック射出成形のほうがイメージはわきやすいかもしれないですね。

プラスチックは今日の社会の様々な分野で使われている大事なものですし、現代社会にとって、なくてはならない物です。
近年の地球環境問題など環境対策等の問題が顕著に現れてくる製品、アクリル、ポリカーボネイトなどの樹脂製品は今後もその環境との関連での配慮を意識しながらニーズがなくならないものでしょう。

=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

三次元レーザーについて

今回は三次元レーザーの話です。そういえば最近行った展示会での話ですが、三次元レーザーのメーカーさんが出ていました。
三次元レーザーはそのほかのメーカーさんなどでも出ていてパンフレットで見たことがあります。

三次元なので二次元形状から三次元形状まで全形状対応が通常ですが、この三次元を見るといつもどんどんとすごくなるなと感心してしまいます。
そういえば前にあるメーカーさんの話を聞いたことがありますが、その会社さんでは
「世界で初めてうちが三次元5軸レーザ加工機を開発しました。切磋琢磨して創出した独自機能を着実に積み重ね、
他を圧倒する操作性 高速・高精度を実現しました。まさにベストワン オンリーワンの領域を確立しています。」
と話されてました。

三次元レーザー導入による、幅広い仕事への対応はかなりのメリットだと思いますし、それ以外にも、現在の作業と比較しての作業効率アップや加工時間の短縮だけでもありがたい話です。

太陽パーツではお客様のご要望にお答えするため、今は昔二次元レーザーだったものが三次元レーザーへと進化したように日々進化し続けます。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

焼結工程について

焼結工程は圧縮成形された部品に強度を付与する熱処理工程のことです。
加工にあたっての、加圧→成形→焼結という作業を行っていくにあたって、焼結工程は重要な一工程です。

焼結を行う目的もさまざまですが、その用途によって大きく分けることができます。

  • 焼結体に高い高度が必要か否か
  • 大量生産を必要としないか否か
などによってその工程内容も異なります。

さらに、多品種の少量生産かどうかによっても異なります。
ご要望によってはさらに
  • 熱効率を改善したい場合や
  • 温度のムラを抑えてほしい場合や
  • コストを安く抑えたい場合や
  • 型の消耗を防止したい場合など
用途によっても異なります。

太陽パーツでは、熱処理工程においても最適な工程のアドバイスや内容のご相談をさせていただきます。
まずはご相談ください。お力になれる自信があります。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

MIM成形について

MIM成形をご存知でしょうか?

MIMとはメタルインジェクションモールドの略語です。
英語でいうと、Metal Injection Mold この頭文字をとってMIMです。

MIM:メタルインジェクションモールドは、簡単に言うと、複雑な形の小型金属部品を効率よく製造作業を行うための最先端の金属加工技術のことです。
日本語で言うと、金属粉末射出成形、といわれることがあります。こちらのほうが意味がイメージしやすいですね。
金属粉末を原料として射出成形する技術です。

MIM:メタルインジェクションモールドの一般的な特徴は以下にご紹介いたします。

  • 複雑な形状の製品でも、大量生産が可能です。
  • 金属粉末でも、樹脂と同じように射出成型が可能です。
  • 切削加工が難しい難加工材でも大丈夫です。(難加工材・・・超硬金属・チタンなど)通常の切削加工では、素材を削って加工を行うため、切った粉は廃棄になってしまいますので。
  • 焼結時の拡散結合により高密度・高強度の製品制作が可能です。
MIMの技術を活用することで生産性が大幅に向上し、量産も可能になったとされています。
MIMを使った製造のご相談は太陽パーツにご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

主な旋盤加工

旋盤加工は、加工物を回転させながら刃物台を自動又は手動によって操作していきます。そして、刃物台に取り付けられた切削工具により加工物を切削して形を作ります。

旋削加工では単なる丸削りだけでなく、ねじ切り、溝入れ、突っ切りなどの加工も行われます。
また、ドリル、ボーリングバーを使用し穴加工も行います。

ねじ切り ・・ タップとダイスを使った「ねじ切り」
端面溝入れ加工 ・・ 端面溝を加工する場合
穴加工 ・・ 穴加工は最も頻度の高いものです。

などさまざまな加工が旋盤加工の種類にあります。
また旋盤加工にはNC旋盤加工があります。NC旋盤の「NC」は「Numerical Contorol」を略したものです。日本語に翻訳すると「数値制御」という意味です。
「旋盤」とは回転している材料に刃物をあて、円状や円筒状に部品を加工する工作機械です。NC旋盤では、2軸以上を同時に移動することができます。 そのため、汎用旋盤ではできないような複雑な形状にも、部品を加工することができるのです。以上ざっと旋盤加工についてご紹介いたしました、旋盤加工のご用命の際には太陽パーツにお任せください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削加工の種類

前回切削加工についてご紹介いたしましたが、切削加工は切削工具類を用いて対象物を切り削る加工方法です。
今回は切削加工の種類についてご紹介いたします。

切削についてですが、大きく分けて【1】旋盤加工、【2】フライス加工の二つについて説明致します。

【1】旋盤加工

旋盤加工は、旋盤とは、円柱状の材料を回して、それにバイトと呼ばれる刃を当てて材料を削っていきます。
旋盤加工は機械加工で最もよく使われる工作機械の一つです。

旋盤とは材料を回転させ刃物を固定して加工するものです、そのため、旋盤工は材料を回転させ切断加工を行うため、断面形状が円になるもの(回転体)の加工が主となり、軸、軸受け、ネジ、等の円形機械部品を作ることができます。

次に、【2】フライス加工

フライスとは加工物の表面や溝を削る工具で、平面加工をするときに使う代表的な工作機械です。工作物を回転させる旋盤とは違い、刃物を回転させながら、工作物を取り付けたテーブルを移動させて切削していきます。

フライス加工は、材料を固定し、刃物を回転して加工するもので、これを一般的にフライス盤といいます。
旋盤とは逆に、フライス盤は刃物が回転するため、刃物の動かし方次第でどんな形状も加工することができます。



最近ではこの旋盤加工とフライス加工を同じく行う複合加工機の機械なども出てきており、
1台でお客様のご要望にあわせた複雑な加工が可能になってきています。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削加工とは

切削加工は切削工具類を用いて対象物を切り削る加工方法です。
切削加工技術はその他の鋳造、鍛造加工などに比べて高精度の加工が可能です。

切削加工と対比した言葉にプレス加工がありますが、イメージでは量産製品の場合はプレス加工で技術力の必要な場合や単品加工などの場合には切削加工が多いかと思います。

太陽パーツでは 切削加工商品では、旋盤加工・NC旋盤加工・フライス加工・MCの4つを軸に機械加工を幅広く活動しており、 超精密加工(ミクロン台)まで対応可能です。

鉄・ステンレス、アルミの丸物切削加工、丸物複合加工、角物加工部品はもとより、2次元加工から3次元ソリッドモデルの製作、加工まで対応 しています。お客様からのデータ図面も、そのまま
切削加工に移せます。
こちらに具体的な加工事例をご紹介します。



切削加工のご相談の場合に、お聞きするポイントは以下の通りです。もちろんお判りの情報だけで構いません。
1. 金型製作の有無  2.量産か試作か  3.納期  4.予算   5.ロット
依頼内容によっては技術スタッフを御社まで訪問させて頂きます。切削加工は太陽パーツにお任せください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

マシニング加工について

マシニング加工とは、マシニングセンタという機械を使って、さまざまな加工(切削・穴あけ・曲面加工等)を施す加工作業のことをいいます。
加工を施す部品を機械にセットするだけで、機械が自動で工具を交換し、工作物を加工します。
コンピュータの数値情報をセッティングして入れると自動でプログラミングが始まります。

そして、その入力されたプログラミングに沿って、道具を交換しながら加工するので、複雑な形の部品や各種機械部品、数が少ない試作品、サンプル品などの製作にも使われます。

マシニング加工は複雑な形の部品加工などが得意ですし便利です。
その理由は、加工する対象工作物ではなく、加工を施す工具の方が回転移動し、工作物を切削する加工方法です。

五軸・三軸といったマシニングセンタがあり、軸の多さによって軸の固定する部分の多さが異なるので、より複雑な部分まで加工ができます。
試作品などでまずは一度作ってみるという場合にはこのようなマシニングセンタは重宝されます。

マシニング加工のご用命も、まずは太陽パーツにご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

押出成形加工とは

金太郎飴をご存知でしょうか。ちょうど押出成形は金太郎飴に例えられることがあります。金太郎飴はどの部分を切っても同じ金太郎の顔が出てきますよね、そのイメージで金太郎飴と同じように、どこで切っても同じような断面が出てくる製品を製造していく、これが押出成形のイメージです。

押出成形の技術は身の回りでいうと住宅、家具、車体、家電など、あらゆる用途に使われています。
金太郎飴のイメージがありますが、ところてんにも例えられることもあります。ところてんを作る際に「にゅるっ」押出成形加工のように、細くしていくということがありますが、その内容と同じく押出成形加工を行うというわけです。

太陽パーツでは、押出用地金(ビレット)を加熱(約600度)し、様々なダイス(押出金型)を通し、押し出して製造します。
製造の前工程である、設計開発ももちろん対応可能です。SolidMX、SolidWorksを使用しておりますので、2次元図、3次元図データでの対応が可能です。さらに、3次元データのみの図面レス加工にも対応です。

押出成形加工は用途が多く優れた技術です、40mくらいになり、一度に押出す長さはそれを5m前後にカットして運搬します。
最小ロットは100kg、太陽パーツに押出成形はお任せください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

1 / 212

HOME > ブログトップ > アーカイブ > 2011-04


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.