太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > アーカイブ > 2012-07

2012-07

プレス加工のひとつである深絞り加工【板金加工】

板金を加工する際に使用される加工法にプレス加工法があります。
さらに、プレス加工により板金をカップなどの三次元形状に成形する加工、それを深絞り加工と呼びます。

深絞り加工の身近な例としては、飲料缶などの製造に見られる加工法になります。


この深絞り加工のようなプレス加工法は、順番や組み合わせ、金型の調整が悪ければ、製品に割れやひずみ、変形などが発生します。


深絞り加工を行うメリットとしては、溶接加工を行う必要がないことが多くあります。
溶接加工を施した場合、どうしても気になるのが継ぎ目です。しかし溶接を行わないのであれば、継ぎ目もなく、製品に耐久性や美観を持たせることができます。

また溶接という工程がなくなりますので、コスト削減というお客様のメリットにもつながります。

深絞り加工では、絞り加工を複数回行うことで、深さや高さを得ると同時に硬度も得ることができます。
それは、板金の加工硬化がすすむことで硬度が増します。それにともなっ手絞り込みにくくなるという点もあります。

そのため、深絞り加工では、絞ることで薄くなりますが、製品の強度も高まります。


太陽パーツでは深絞り加工を始め、プレス加工にも精通しております。
コスト削減やリードタイム短縮の製造法など、お客様にメリットの製造方法をご提案しております。

ぜひお気軽に太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アイデアをカタチに!共同開発で製品の具現化をサポート【ODM・OEM】

太陽パーツでは、お客様の考えた製品アイデアの開発・設計のサポートもしております。
もし今お考えのアイデアを「カタチ」に具現化されたい方は、ぜひ太陽パーツまでご相談ください。

太陽パーツでは、住宅建材などのオリジナル商品の製造も行うなど、金属加工・機械加工を駆使してお客様のあらゆる製品を具現化いたします。


太陽パーツでは、海外生産にも精通していますので日本の品質で製造し、中国の価格での製造を行います。

●OEMの場合

製品の詳細設計など、製作や組み立て図面まですでにあるアイデアであれば、
太陽パーツにて速やかに製品製造に取り掛かります。

●OEMの場合

製品のアイデアをお持ちで、製品の設計から開発まで任されたいという場合であれば、
太陽パーツ独自のノウハウをもとにお客様のアイデアをカタチへ、具現化するサポートをいたします。


お客様のアイデアと技術、太陽パーツの技術を合わせること、より良い製品の共同開発をしてみませんか?


太陽パーツでは、短期間での商品化から、QCDに優れた製品の量産までもトータルサポートいたします。
また、販売ルートの確立とサポートにもつとめ、お客様にメリットのあるご提案をさせていただきます。


もし、他の企業様でコスト面が合わなかった場合などもお気軽にご相談ください。
共同開発・委託開発にご興味をお持ちの方は太陽パーツまでお問い合わせください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

板金の丸曲げ加工について

本日は板金の曲げ加工についてです。
板金の加工には曲げ加工があり、曲げ加工の中にも丸曲げ加工というものがあります。

丸曲げ加工は、板金を円筒形に曲げる加工法になります。
板金を台となるパイプの局面にそって拍子木と手で曲げていく作業を行います。

その一番初めに行うのが鼻曲げ加工と呼ばれます。
鼻曲げ加工では初めに板金の端を大きく曲げることで、円筒に丸めた時の重なり部分がなめらかになるからです。


そして、板金の丸曲げ加工を行うためには、板金をパイプの外周に沿うように手えを使って曲げていきます。
最後の仕上げには再び拍子木そ使用します。

また最後のに板金の端部があるため、端部ははぜ組み加工で接合し、円筒を完成となります。

これが主な丸曲げの加工になります。


太陽パーツでは、丸曲げ加工を始め、板金加工にも精通しております。
板金の穴あけ加工や溶接、NCタレパンやレーザー加工も行っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミダイキャストとアルミ鋳造の違いについて

アルミダイキャストとアルミ鋳造は言葉的には似ていますが、微妙に違う点があります。

アルミダイキャストは、アルミ合金や亜鉛合金などを溶かし、金型へ圧入して成形します。
圧入することで高精度で鋳肌のきれいな鋳物を大量生産することが可能な製造方法になります。

それに対して、アルミ鋳造はアルミ合金や銅などの金属を、融点よりも高い温度で液体にして金型に流し込み、冷やして固める方法になります。


また、アルミダイキャストでは金属の金型を使用するのに対して、アルミ鋳造の場合は砂型を利用するのが一般的です。
ダイキャストを行う際には金属の塊から金型を設計・製作を行うため、高額な製作費用が必要になります。

そのため、アルミダイキャストは、大量生産を目的とする場合にはメリットがありますが、小ロットでの生産を考えている場合はアルミ鋳造を利用する場合があります。


太陽パーツでは、アルミダイキャストの小ロットも可能にした、【エコダイカスト】の特許製法をお届けしております。

エコダイカストは、金型の製作費用を半額に抑えることができるダイキャストになります。
だからこそ太陽パーツでは、アルミダイキャストによる小ロット生産にも対応することが可能です。

高精度の鋳造が可能なアルミダイキャスト【エコダイカスト】で皆様のご希望の製品をお作りいたします。

詳しくは、お気軽に太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミ板製品の製造なら大阪の金属加工・機械加工の太陽パーツへ

機械加工・金属加工を得意とする太陽パーツでは、アルミ板製品の製造も行っております。

アルミ板製品には自動車の車体に使用されるようなボディパネル、建築物の外壁などから身近にあるアルミ缶、電子部品など様々な形状に加工されて、気づかずとも私たちの身近に多くあります。

それはやはり、アルミニウムの特長として耐食性が高く、軽くて丈夫な性質が様々な製品に的しているからです。
また素材となるアルミニウムの板金にも、使用される目的により、建築板金、自動車板金、機械板金などに分類されます。

それらのアルミニウム板金の加工には大きく分けて、板金加工とNCタレパンやレーザー加工があります。

通常の板金加工では下記のような加工方法があります。
抜き加工・穴あけ加工・曲げ加工・溶接・、バリ取りやタップ加工などの前加工です。


通常の板金加工とは別に、NC加工があります。
NCプログラムを利用するNCタレパン・レーザー加工をはじめ、曲げ加工、溶接、タップ加工もNC加工で行うことができます。

NC加工を行うことで、精度の高い同一の製品を大量生産することが可能です。


太陽パーツでは、お客様の目的とコストに合った製造方法をご提案しております。
大小ロットに限らず、1個の試作からもお受けしておりますので、ぜひアルミ板製品の製造も太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミ押出しの製造・表面処理・二次加工なら太陽パーツへ

太陽パーツの得意とする製造技術のひとつが【アルミ押出し】です。
アルミ押出し材は、機械の熱交換器や自動車部品、アルミサッシなど建築部材、パイプなど様々な製品に加工されます。

まずアルミ押出し製品を製造する際には、アルミをトコロテンのように押し出すところから始まります。
押し出す用のアルミをビレット(押出用地金)と呼び、約600度で加熱し、お客様のご要望に合わせた形状部なるようにダイスと呼ばれる金型を通して押し出します。

アルミ押出しの特長は、どのような断面のものでも簡単に製造できるところがポイントです。


押し出されたアルミ押出し材は、美しさや耐久性、耐食性を高めるための表面処理を行います。
表面処理は、アルミ押出し材の表面のを美しく、硬さや耐摩耗性の向上などまた酸化被膜を形成しますので、より耐食性が強くなります。
その他にも製品に着色を施すこともできるなど、お客様のご希望に合わせた表面処理加工(アルマイト加工)を施します。


そして、アルマイト処理した製品は、お客様のご要望に合わせて切断や切削加工など、二次加工も行っております。


太陽パーツでは、アルミ押出し材の断面の設計から製造、表面処理、二次加工をトータルでサポートしております。
さらにアルミ押出し材の組立・梱包も行い、お客様のもとへご要望の状態でお届けいたします。

その他、コスト削減化の提案など、お客様にメリットのあるご提案をしておりますので、どのようなことでも一度ご相談ください。

=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

精密ダイカストの製造工程

機械加工によって複雑な形状の製品を製造することも可能ですが、それらをより早く、手間をかけずに製造できるのが精密ダイカストです。
特に複雑な形状の場合、加工の手間も増えてしまいますよね。
でも精密ダイカストなら瞬時に複雑な形状の製品も成形することができます。


本日は精密ダイカストの製造工程を簡単にご紹介いたします。

全体的な流れとしては・・・

金型設計・製作⇒ダイカスト鋳造(試作・量産)⇒加工・組立⇒品質検査⇒梱包出荷

このような流れになります。太陽パーツでは金型製作からお客様のもとまでの出荷するまでを一貫したトータルサポートを行っております。

ダイカスト製品

◆金型設計・製作
ダイカストによる製品を製造する場合、必ず必要なのが金型です。
金型はお客様のご希望の製品の形状を考慮し、素早く設計、設計図にもとづき製作いたします。

◆ダイカスト鋳造
鋳造機で溶融したアルミニウム合金などを製作した金型に射出成形することで、複雑な3次元形状のものを成形します。

◆加工・組立
成形した製品に必要な二次加工、表面処理加工などを施します。
製品を他の部品と組み合わせるなど、ユニット組立などの作業も社内で行います。

◆品質検査
製品寸法の測定や強度テストなど、製造した製品の精密な品質検査を行います。

◆梱包・出荷
お客様のご希望の条件に従って、梱包・出荷し、納品いたします。

***他社と違う太陽パーツのダイカスト***
太陽パーツでは、お客様にコストメリットのある精密ダイカストをご提案しております。
それが弊社の特許製法【エコダイカスト】です。エコダイカストなら金型費用を半額に抑えることができます。

詳しくはこちらから⇒エコダイカストについて

もしくはお気軽に太陽パーツまでお問い合わせください!!
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

カシメ加工について【金属加工・組立加工】

組立加工の中に、カシメ加工というものがあります。

カシメ加工は、簡単にいえば素材を変形させて他の部品へと固定する方法になります。

穴の中に棒(リベットなど)を入れ、棒に向かい穴の近辺を変形させて棒が抜けないように固定する加工法になります
もしくは、棒を変形させることで、穴から抜けなくする方法もカシメ加工と呼びます。

特に、薄板(金属板など)の穴にリベットを通した先を叩きつぶすことで締結する方法としてもよく利用されます。


カシメ加工は、他にもさまざまな場面で使用される言葉であり、プラスチックの棒の先端を溶かし、部品を固定する方法もカシメ加工とされ、熱カシメと呼ばれます。


またカシメ加工は、空調関連の用語としても使われます。
ボイラー・水槽・圧力容器などのリベット締めした板の縁をたがねと呼ばれる工具で密着させるため、こちらもカシメと呼ばれます。


太陽パーツでは、金属製品のカシメ加工に対応しております。
その他、金属製品の一貫した製作から組み立て、コスト削減の方法まで、お客様にメリットのある方法をご提案させていただいております。

現在の製造方法、納期期間など少しでも悩まれている方は太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

板金の接合方法について

本日は板金の接合方法について、一部をご紹介いたします。

板金の接合方法には、機械的接合法と冶金的接合法があります。

●機械的接合法とは・・・

機械的接合法には、はぜ組み、リベットやボルトで締めて接合する方法になります。
はぜ組とは、板金の端の部分を組み合わせて接合します。またはぜ組みにも種類があります。
リベットやボルトを利用した接合は、板金に穴をあけて、リベットもしくはボルトを差し込み片方を変形させて接合します。もちろんこちらにも接合の仕方が様々異なります。


●冶金的接合方法

冶金的接合法には、大きくわけてガス溶接、アーク溶接、ろう付け溶接、電気抵抗溶接などがあります。

溶接の主流としてはアーク溶接と電気抵抗溶接であるスポット溶接が良く利用されます。

今回はアーク溶接とスポット溶接についてご説明します。
アーク溶接は、アーク放電(放電現象)を利用してヽ金属と金属をつなぎ合わせる方法になります。
スポット溶接は2枚の母材を圧着しながら電流を流します。そして、その抵抗熱を利用して金属を溶かして接合させる方法になります。


このように板金加工一つとってみても様々な接合方法がございます。
太陽パーツでは、お客様の製品に最適な加工方法のご提案から、コスト削減化の方法など、お客様にメリットのあるご提案をさせていただきます。

板金加工を始め、あらゆる金属加工のお悩みはぜひ一度太陽パーツまでご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

カセット金型システムによるダイカスト鋳造のメリット

太陽パーツのコスト削減化のダイカスト、【エコダイカスト】ではカセット金型システムが利用されています。

カセット金型とは、製品部の形状を決めるキャビティ部をベース部から着脱可能な金型にしたものになります。
そのため、カセット金型だけを交換することでお客様のご希望の製品を鋳造することができます。


そこでベース部は太陽パーツが保有するものをお使いいただくので、お客様にご負担いただく金型費用はキャビティ部のみとなります。
そのため、金型にかけるコストは従来の2分の1となります。

さらに、太陽パーツではベース部を成形機にのせたまま、キャビティ部の金型を着脱可能なため、金型交換にかかる時間は5分と短く、ベース部に熱が残り、予熱が不要になります。
だから太陽パーツのエコダイカストは30個からの小ロット生産にも対応できるダイカストです。


金型費用にコストがかかるダイカストですが、エコダイカストなら大幅な製品コストダウンにもつながり、従来切削・鋳物・素ストワックスなどで製造していた製品もコストダウンが可能になります。

ぜひ、現在製造している製品のコスト見直しをエコダイカストでしてみませんか?
太陽パーツが皆様にコストメリットのある方法をご提案させていただきます。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

1 / 212

HOME > ブログトップ > アーカイブ > 2012-07


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.