太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > アーカイブ > 2013-07

2013-07

ダイカストの現代までの歩みと用途

ダイカストとは、「ダイ・キャスティング」の略で金属の鋳造方のひとつです。

ダイカストは一般の鋳造法に比べて、短時間で高精度の製品を製造できるため、現在多くの企業でダイカスト鋳造法が採用されています。日本では第一次世界大戦前の1910年にダイカスト製法に関する研究が始まり、大戦後にダイカスト生産が始まり、高度経済成長や自動車産業の発展によりダイカスト製法は多くの企業に導入されるようになってきました。

また、2000年代に入ると、FA化の動きが強まり、コンピュータ・コントロールによるダイカスト製法はますます重視されるようになりました。鋼とその他アルミニウム等の非鉄金属を混合させることによって、強度を向上させた金属を鋳造することができますが、その合金の鋳造にもダイカスト法を用いることができます。

アルミニウムなどを利用して鋳造された合金は非常に靭性(じんせい)が高く、自動車エンジンの、シリンダーブロック、クランクケース、また、トランスミッションのミッションケースなどにも用いられています。

中でもアルミダイカストとは特にアルミニウム合金のダイカスト鋳造法を指します。
アルミダイカストは機械性能の向上のための優れた鋳造法として注目されているのです。


太陽パーツでは、ダイカストに強みを持ち、お客様にメリットのある方法を提案しております。ダイカストやモノづくりで悩まれている方はぜひ太陽パーツまでご相談ください。
金属、ゴム、樹脂製品の製造、その他の機会加などにも対応しております。

●コスト削減に強みを持つダイカスト鋳造法についてはこちらから
http://www.taiyoparts.co.jp/lp/
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

金型製作に関するコストをできる限り抑えるダイカスト製法

ダイカストの金型価格に頭を悩まされている企業様は決して少なくないのではないでしょうか?

ダイカスト鋳造法を採用するにあたって、多くの方が悩まれるのが「金型製作費用をできるだけ抑えたい」という点です。
特に複雑な形状、精密な形状の製品、高精度の金型を製作したいならば金型費用はより高くなりますが、可能な限り費用を抑えたいかと思います。

そこで、太陽パーツでは複雑な形状のダイカスト、高精度を求めるダイカストにおいて、金型製作費用をできるかぎり抑える製法をご提案しております。

それが、弊社の特許製法である【エコダイカスト】です。

エコダイカストは、今までのダイカスト金型とは違い、金型製作費用をなるべく抑えることができるダイカストです。
例えば皆様がダイカスト金型にかけた費用はいったいどのくらいでしょうか?エコダイカストではその金型製作費用が半額になります。
それはダイカストにおいて必要なふたつの金型のうち、キャビティ部の製作費用のみをお客様にご負担いただくからです。ベース部は弊社保有のものをお使いいただきます。

そのため、ダイカスト金型費用が半額になり、製作コストを大幅に削減することができるのです。
ダイカスト金型製作費用を抑えることができれば、製品一個当たりの製造コストも下がるため、トータルコストの削減にもつながります。

ダイカスト鋳造を現在ご利用の方、これからの仕様を検討されている方は、太陽パーツのエコダイカストで金型製作コストをできる限り抑えませんか?

詳しい内容に関しましては太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

寸法精度が出しやすい亜鉛ダイカスト

亜鉛ダイカストには様々なメリットがあります。

例えば、そのひとつに金型寿命があります。
亜鉛の融点はアルミニウムよりも低いため、金型寿命が長いというメリットです。
金型寿命が長ければ長いほど、全体的な製品コストが安くなり、安定供給が見込めます。

さらに、なんといっても薄肉がしやすく、寸法精度が出しやすいというメリットがあります。複雑な形状も鋳造しやすいからこそ、加工工程を少なくすることができます。

寸法精度が出しやすいため、大型サイズはもちろんのこと、極小サイズの製品製造もできます。
比較的自由な形状で製品づくりができるため、さまざまな製品を作るのに利用されています。


また、亜鉛ダイカストは寸法精度が高いものが、低コストで鋳造できるだけではありません。
鋳造品の表面処理が容易に行えるというメリットもあります。


亜鉛ダイカストを利用して製造されるものには、ボタンなどの小さなものから、装飾品、コンピューター部品、ネジ製品など様々なものが作られています。


太陽パーツでは、ダイカストにおいて特別な特許製法で皆様の製品製造をサポートしております。コスト削減、短納期など、さまざまな皆様のお悩みをお聞かせください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

金型の種類について

金属加工、機械加工、射出成形、押出成形などにおいて、最も重要なのが金型です。
最近では、数値制御式で加工できるNC加工もありますが、金型が必ず必要な加工法も多くあります。

実は金型には大きくわけて2種類の金型があります。
ひとつはmold型、もうひとつはdie型です。

mold型というのは、例えば射出成形やダイカスト鋳造に利用される金型です。
これは、液状の樹脂や金属材料を金型に流し込み、冷却して固まってから取り出します。
プラスチックやゴム製品を製造するには、製品形状を決める金型が必要です。金属を射出して成形するダイカスト鋳造も同じです。
この金型の特長は密閉型であるとことです。

そして、die型にはプレス加工や鍛造加工、板金加工などがあります。
die型は、金属材料などの比較的強度の高いものを金型に挟み、曲げ加工を施したり、打ち抜き加工を行ったりします。特徴としては開口部が広い開放型の金型です。

目的の製品形状に合わせて加工法を決めれば、金型を用意する必要があります。
製品づくりの際は、どの加工法が適しているのか、また選択した加工法で製造する時は金型製作費用はどのくらいかかるのかなど、製造方法から製造コストの検討を行う必要があります。

太陽パーツではあらゆる加工法・製法に精通し、その金型製作も行っております。
製品精度、コスト削減や短納期など、どのポイントに重点を置くかなど、皆様に最適な製造法をご提案いたします。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミ押出し材の小ロット生産について

アルミ押出しによる製品製造をお考えの方の中には、
小ロット生産をご希望の方もいらっしゃるかと思います。

ちなみに、小ロット生産の際は最低でも、300kg/回のロット数からというところも多いのではないでしょうか。また中には200kg、100kg/回にも対応してくれるところもありますが、実際にはなかなか対応してくれないということありませんか?

太陽パーツでは、そんなアルミ押出し材の小ロット生産を諦めてきた皆様をサポートしております。大小ロットに関わらず、まずは一度ご相談ください。


さらに、弊社ではアルミ押出し材の小ロット生産をご希望のお客様のために、小ロット生産用の金型製作も行い、数本からにも対応しております。

もちろん、その逆の大ロットである大量生産と量産金型の製作にも対応しております。


その他、アルミ押出し材の大ロット・小ロット対応だけでなく、試作品の製作などにも対応し、お客様の悩みのひとつひとつにお答えしております。


製造後の機械加工、組立などトータルでサポートしているのが太陽パーツです。
アルミ押出しに関することでお悩みの方、その他の機会加工、製造法でお悩みの方はぜひお気軽に太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

調理器具の製造にも利用されるダイカスト技術

ダイカストで鋳造される製品といえば、どのようなものを思い浮かべるでしょうか?

主に利用されているものといえば、

・自動車部品
・建築材(アルミサッシなど)
・熱処理用治具         …etc

上記のようなものが真っ先に思い浮かぶかと思います。
さらに、より身近に使用するものもダイカストが形作っています。

それが調理器具です。
例えば、フライパンや鍋などもダイカストでは製造することができます。

このような調理器具などは主に大量生産となります。
ダイカストであれば、同じ精度・寸法で製造できるため、大量生産時にも役立ちます。

太陽パーツでは、ダイカスト鋳造後の製品の表面処理や、後加工にも対応しております。
組立が必要な場合であれば、組立・梱包して納品いたします。

**********太陽パーツだけのお得なダイカスト技術**********

ダイカスト鋳造時に問題となるのが金型製作費用です。
通常であれば高額な金型費用ですが、太陽パーツでは金型費用が半額になる製法をご提案しております。金型には2つの型が必要となりますが、ベース部の金型として弊社が保有のものを、お使いいただいております。つまり、金型費用は半分のキャビティ部のみの費用をお客様にご負担していただいております。
だからこそ、コスト削減を考えた製品製造が可能になります。

**************************************

機械の製造、建築材料の製造だけでなく、あらゆる分野の金属製品をお作りなりたい方は、太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

金属部品の製造ならコストダウンのエコダイカスト技術

現在、身の回りでは様々な電子機器、精密機械、大型機械など、金属を使用した製品が数多くあります。
例えば、身近なものであれば、小型なものは携帯電話から、大型なものは自動車と金属を使用した製品が毎日目に付くかと思います。

そんな金属製品を製造するのに、よく用いられている技術が、機械加工です。
さらに、複雑な形状のものも一度の工程で作ることができるダイカスト技術などもあります。

ダイカストは金属部品の製造においても大変メリットのある製造方法ですが、ひとつのネックにより機械加工で製品作りを考える場合も多くあります。

そこで、太陽パーツでは金属部品の製造のコストダウンを可能にするダイカスト技術をご提案しております。
従来の半額に金型費用の削減が可能になったため、金属製品の製造において、トータルコストを大幅に削減することも可能です。

例えば、今までに携わった金属部品の製造では、下記のようなもののコスト削減に成功しています。

切削加工品⇒ダイカスト化で63%OFF

機械加工からダイカスト鋳造に切り替えることでコスト削減を図れる可能性があります。
太陽パーツでは、他とは違うコストダウンが可能な【エコダイカスト】技術で皆様のモノづくりをサポートしております。

金属部品の製造コスト削減などをお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。
太陽パーツでは、製造業の皆様をどこまでもサポートいたします。

金属部品の製造ならばコストダウンが図れる太陽パーツのエコダイカストをご利用ください。
その他、機械加工、アルミ押出しなどあらゆる製法に強みを持ち皆様をサポートしております。

詳しくは太陽パーツまで⇒=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

NC加工の特徴について~NC加工なら大阪の太陽パーツへ~

機械加工の中には、機械を数値情報で操作することができる加工法があります。
それが、NC加工です。NCはNumerical Controlのことであり、数値制御のことです。


数値で目的の形状に加工できることとはもちろんですが、人の手ではなかなか難しい曲線形状などの多彩な形状のもの製造することができます。

他にも、同じ形状の製品を大量生産することもできます。しかも同じ寸法精度で製品が製造できるため、製造現場ではよく使用されている加工法です。


NC加工は具体的には、さまざまな機械加工に用いられています。
切削加工ならばNC旋盤加工、板金加工ではNCタレパン加工、NCレーザー加工があります。

製品づくりはもとより、ダイカストなどの金型製作にも欠かせない技術のひとつです。


太陽パーツでは、通常の機械加工からNC加工における機械加工まで幅広く対応しております。
複雑な形状の製品づくりなども、ぜひお気軽にご相談ください。

また、機械加工で製造している製品でもダイカスト鋳造でコスト削減が出来る可能性もあります。
大量生産されている製品などは特にトータルコストの削減にもつながります。

製品製造、機械加工、コスト削減になにかお悩みをお持ちであれば、ぜひお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストの後加工とは?

ダイカストにはその製法にも様々ありますが、用いる金属材料にもいくつか種類があります。
例えば、アルミニウム、亜鉛、マグネシウムなどであり、製品に合わせて金属素材を選びます。

ダイカストに選定される金属素材の中でも、亜鉛は後加工が最も省けます。
後加工が省ければそれだけ工数が減り、コスト削減にもつながります。

ちなみに、後加工には次のようなものが含まれます。

●ゲートの除去
溶融した金属の通り道でもある湯道・湯溜まりと製品をつなぐゲートを取り除きます。

●機械加工
表面の寸法精度を高めたりなど、旋盤、フライス盤、研削、などの機械加工を行います。

●穴あけ加工
単純に穴を開ける加工、穴の形を広げる穴広げ加工、リーマー加工などを行います。

●タップ立て加工
ネジをねじ込む加工です。ネジ切り加工を施したり、鋳造成形時にネジ切りされているものもあります。


その他にも製品形状に合わせた様々な加工を行う場合があります。

太陽パーツではあらゆる加工法に精通するからこそ、お客様のご希望の製品製造を可能にしています。

また、簡単な加工から複雑・精密な加工まで、ぜひ太陽パーツにご相談ください。
コスト削減の提案など、太陽パーツだからできるサポートで皆様のモノづくりをサポートいたします。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカスト鋳造品の製造工程について

ダイカスト鋳造品を得るためには、様々な工程を通過しなければいけません。

その最初の入口となるのが、金型設計です。
ダイカスト鋳造品を作るためには、その形状を作りだす型が必要です。熱した金属材料などを型に流し込むため、金型にも金属材料が利用されています。

金型製造の場合は、2次元図(2D)、3次元図(3D)があれば、図面をもとに金型を作りあげることができます。もしお持ちでない場合は金型設計を行います。
このようにして製作した金型を使用してダイカスト鋳造が行われます。


ダイカスト鋳造の際には、アルミニウム、亜鉛、マグネシウムなどの金属を溶解し、製作した金型へ射出します。これでダイカスト鋳造品ができあがります。

ただし、これで完成ではなくトリミングを行います。例えば、製品が湯道・湯溜まりとつながっているゲートを切り離します。
後は検査を行い、穴あけ加工などの機械加工による後加工を行い、ダイカスト鋳造品の完成になります。


ダイカスト鋳造を行う際には必ず金型が必要になります。
実はこのダイカスト金型の製作費用はかなりのコストがかかります。そのため、ダイカスト鋳造ではなく切削加工により製品づくりをされる方もいらっしゃいます。

そこで、太陽パーツでは、ダイカスト金型の製作費用を従来の半額に抑える【エコダイカスト】の技術で皆様の製品づくりをサポートしております。

なぜ金型費用が従来の半額になるのか、自社の製品の製造コストも下げられるのか、など詳しく知りたいと思って下さった方は、ぜひ一度太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

1 / 212

HOME > ブログトップ > アーカイブ > 2013-07


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.