太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > アーカイブ > 2014-02

2014-02

アルミダイカストと自動車産業の展開について

最近はより進化したカーボンフレームを利用した車体も登場しています。
ですが、必ずしも一足飛びにCFRP(炭素繊維強化プラスチック)化される訳ではありません。

最近では、アルミを利用したフレームでダイカスト技術も応用したものが採用されているとともに、足回り部品にはダイカストを用いた部品の生産が行われています。

アルミダイカストの利用は、材料面での発展も大きく影響しています。
従来のADC12では実現できないような製品も、材料面からの改良により実現できていることがその要因です。

特に、エンジン関係では鋳鉄からの置き換えのアイテムだけではありません。
ダイカストならではの一体化、溶接できる、熱処理ができるなどの新しい技術を含めた提案ができるようになってきていることことなども挙げられます。

ダイカスト技術は自動車製造を含め、現在でも多くの製品づくりに利用されています。
また、近年ではダイカス製造におけるコスト削減にも注目されており、太陽パーツではダイカストで製造する製品のコスト削減の提案も行っております。

コスト削減につながるダイカスト鋳造にご興味をお持ちの方は、太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

海外生産の価格で日本品質のモノづくりなら太陽パーツで!

切削加工などその他の加工は、コスト削減の対策が多く取られています。
機械加工は、現在の製造において必ずと言って良いほど、使用される重要なファクターには変わりはありません。

最近では、中国や東南アジアへの日系メーカーの進出に伴い、現地の企業が日本製の工作機械を購入し、その機械で製造した部品を日系メーカーに納入するという形も多く取り入れられています。

そのため、コストでの太刀打ちができないという場合もあります。
日系企業も数年前から設備自体も現地調達を図るべく、現地メーカーの設備を導入していることも低価格化に拍車をかけていると言えるでしょう。


太陽パーツでは、そんな海外生産にも強みを持っております。
中国に上海工場と大連工場があり、中国の低価格で日本品質の製品をお届けしております。

特に海外製造を行う場合は、コストメリットがありながら安定した品質の確保が重要なポイントとなります。
太陽パーツは長年の海外生産のノウハウと経験を持ち、お客様のニーズにお応えいたします。
さらに、弊社は海外に100社以上の様々な分野の協力会社もあり、お客様の新しいニーズにも行えいたします。

海外生産にご興味をお持ちの方は、ぜひ一度太陽パーツまでお気軽にご相談ください。
もちろん社内でもプレス・板金・切削・溶接・組立など幅広く対応しております。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

製造コストが高いと感じたらコスト削減ができる太陽パーツへ

現在、製造コストを下げることは多くのメーカー様にとって大きな問題でもあります。
特に大量生産を行う製品では、完成品の精度や品質なども、大切にしたいところだと思います。

太陽パーツでは、現在「製造コストが高い!」、「コスト削減をしたい!」とお考えの方に最適なアルミダイカストの技術をお届けしております。

その製法が、弊社の特許製法でもある【エコダイカスト】です。
エコダイカストでは、金型製作費用が従来の半額に抑えることができるため、製造コストの削減につなげることができます。もちろん、金型費用が半額になっても、従来と同じ精度・品質の製品を製造することが可能です。

エコダイカストであれば、今まで切削加工で製造していた製品などもコスト削減につなげることができます。
さらに、エコダイカストなら50個からの小ロット生産にも対応しております。

その理由は、こちらからご確認ください。



現在の製造コストを見直したいという方は、ぜひ一度太陽パーツまでご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

コストダウンにつながる製造法~ダイカスト鋳造~

切削加工等の金属加工での製品製造は非常になじみがあると思います。
基本的に加工=時間という考えがあり、生産量が増えれば増えるほど時間がかかるため、大量生産を考える場合は非常に不利な清算方法となります。


そこで、金型を利用して成形するダイカスト法が有利になります。
製造したい数が増えれば増えるほど有効的な生産方法です。

ダイカストを利用した製造法は、複雑な形状になればなるほどメリットが生かしやすくなります。
精度を求められる製品でも、成形後に後加工することで対応可能となり、単純な形状であれば、後加工はバリ取り程度で出荷できる状態になるこも魅力的です。

鋳肌の荒れや、金型の寿命により素材自体の精度は低下することはあるものの機械の加工時間は短縮できるため、すべて切削加工等で生産するよりもコストメリットは大きいことは理解いただけると思います。

金型の精度向上を狙えば、後加工レスの製品も可能となるため、合わせ技ならばよりメリットをあげられます。しかしながら、その際には必ず1ロットの数を押さえておく必要があります。
ロット数が少なすぎるとすべて加工の方が安上がりの可能性もあります。


ただし、金型にも寿命があり、ショット数に合わせて金型の再製作や修正が必要となりますが、金型の製作費用は決して安くはありません。

そこで、よりコストダウンにつながる方法が太陽パーツの「エコダイカスト」という製法です。

弊社の特許製法であるエコダイカストは、金型費用が従来の半額で製作可能です。
エコダイカストを利用すれば、大量生産のメリットをよりあげることができ、50個からの小ロット生産も可能となっています。

現在の金属加工からコストダウンを図りたい!とお考えの方は、お気軽に太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

自動車の製造の際にも用いられている板金加工

板金加工には様々な加工方法があります。
切削加工にも位置づけられる精密板金加工という方法もあり、精密板金加工にも複数の加工法があります。

主に切削加工でも可能なねじ穴加工、座繰り、切断などの加工も可能であり、高い寸法精度も期待できます。
そのため、一言に板金加工と言っても製造する製品によって加工法は実にさまざまです。


そんな板金加工が用いられる製品のひとつが、自動車車体です。
サイドメンバ、クロスメンバーなどのボディパーツへの展開など、さまざまな分野において採用されています。

最近はアルミパーツへの展開が出てきており、欧州ではその展開も多く聞かれています。
特に精密プレス加工の生産性の高さとアルミダイカストの精度向上、溶接適応における展開などは自動車産業でも今後重要になるのではないでしょうか。


太陽パーツでは、板金加工においてレーザーやタレパンなどのNC加工を始めとした様々な加工を行っております。
その他、曲げ加工、溶接など板金加工に関することならぜひご相談ください。
1個からの試作品作りにも対応しておりますので、まずはカタチにという方もお気軽にお問い合わせください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミダイカストの金型以外の重要なポイント

ダイカストを含め、金属加工などでは成形品の品質は金型に依存しやすい傾向があります。
もちろん製品形状において、金型は非常に大事なものではありますが、他に重要なポイントはいくつかあります。

例えば、目的製品の厚み・形状・湯流れなどは、金型形状の変更等で対応できる点は多く挙げられますが、金型形状を実現させるための環境設定にも大きなポイントがあります。

中でも溶湯は特に注目されるべきところです。
介在物やガス欠陥に関しては、充填時の要素以外にも注目され、投入溶湯のコントロールも厳しくなっています。
近年では、溶接できるダイカスト製品の生産も必要とされるため、ガス欠陥で品質不良が発生する可能性が高くなり、溶解、保持工程での水素ガス処理は必須と言えます。

さらに、後加工の介在物不良を避けるべく、ラドル形状、フィルター、金網等の利用で介在物をスリーブ内になるべく混入させない処理が行われています。
つまり金属加工やダイカストでは金型は確かに品質向上のための要素としては大きいといえますが、その他の条件もシビアな対応を求められています。

太陽パーツでは、アルミダイカストにおいてトータルコスト削減が可能なエコダイカストをご提案しております。
従来のダイカストに比べ、金型製作費用を半額に抑えられ、品質は変わらず高品質な製品の鋳造が可能です。アルミダイカストをお考えの方は、ぜひ太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工とその他加工技術との融合性

プレス加工は、金型を板材に抑えつけて、素材を目的形状に成形する技術です。
主に利用されているものといえば、自動車ボディへの展開をイメージされるのではないでしょうか?

実はプレス加工は、ただ任意の形に曲げで表現させることを主の目的としているだけではなく、抜きや切断、押し出しなどに加え絞りなどの表現も可能となり、それだけで製品の成形も可能としています。

分野的には精密板金加工に大別されそうな技術もプレス加工には存在しており、その精度の高さの割に生産性が非常に高いことが魅力的でもあります。しかし、複雑形状の成形などは他の加工方法に比べて不利な部分はあります。

例えば、車のボディ周りの技術については金型の構成や設備の大きさなどで設備コストがどうしても高くなってしまいます。その点は、アルミ化で溶接できる材料も登場している今、大型のものはてはダイカスト製品との複合構成での採用などが、コストメリットにも大きく貢献できるかもしれません。

つまり、プレス加工だけでなく、ダイカストだけでなく、両方を合わせた成形技術を考えることで、品質の向上とコストメリットを出すことができると考えられます。


太陽パーツではプレス加工を始め、切削加工などの機械加工、ダイカストなどの鋳造法にも精通しており、お客様の製品製造の品質向上、コストメリットを考えた提案をしております。
現在、製品づくりにお悩みの方、コスト削減をご検討されている方は、ぜひ一度ご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

スクイズダイカストの展開性について

アルミホイールは今は、低圧鋳造や重力鋳造で生産されていることがほとんどですが、ダイカストでも生産されていることはご存知でしょうか?
それがスクイズダイカストと呼ばれるもので、通常のダイカストが射出スリーブが横型なのに対し、スクイズダイカストのそれは、縦型となっていることが特徴です。

射出速度が通常のダイカストと比べて、低いので、金型キャビティ内のエアやガスを排出できるため、ガスの巻き込みを減らすことが可能となり、熱処理や溶接製品への応用へ適しています。
特にホイールだけでなく、エアコンプレッサーやバルブ部品などの耐圧性能が要求される部品への展開もされています。

ただし、このスクイズダイカストの設備自体は、通常のダイカスト設備に比べるとコストが上がります。
サイクルタイムの低減を考えた場合、射出時の傾動動作があり、コンプレッサーや油圧バルブ部品のようなボリュームメリットが必要な部品への展開は難しい部分があります。

近年では横型のダイカストでもより低速での射出速度が可能なような技術も開発されていて、メリットが薄まっていることが展開を鈍化させています。アルミホイール生産面でも高圧での製品成形の必要性も薄くなり、低圧鋳造や重力鋳造への置き換えが進んでいます。

しかしながら、まだまだメリットが生かせる足回りなどの車体部品の中でも保安部品への置き換えに期待できるのではないでしょうか。


太陽パーツでは、ダイカストによるお客様の製品づくりをサポートしております。
製品づくりのことでお悩みの方は、どのようなことでもまずはお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削加工とダイカストとの併用について~コスト削減方法~

切削加工は機械を使用して製品を作り上げていく機械加工ですが、ダイカスト技術は金型を用いた鋳造加工になります。どちらも違った工法と見られるかもしれませんが、ダイカストの場合は金型を切削加工で作成されるため、どちらも深い関係にあります。

製品づくりの際は、ダイカストと切削加工が最終製品を生み出すためにも両者の特徴をうまく生かせる製造工程を考える必要性があります。

まずは、単純に考えるとロット数から考えると簡単な形状で数個からという場合には、わざわざ型を起こすことなく切削加工のみで製品を製作できますが、その数が1000個などの大量生産となれば型を起こした方がコスト面を抑えることができます。

ただし、複雑な形状のものであれば、数個であっても機械の稼働時間を考えれば、型を起こして、後加工を追加することで対応できることも多くなります。
その判断は精度面よりもコストに中心に考慮した方が良いでしょう。

精度に関しては、後ほど後加工により対応できるため、どれだけ型で製品を製作し、後加工の時間をどれだけ落とせるのかを考えることが最適です。鋳造での精度UPも課題としてはありますが、それも切削加工に次第というところもあります。


太陽パーツでは、ダイカスト鋳造に力を入れており、50個からの小ロット生産にもメリットのあるエコダイカスト技術をお届けしております。
エコダイカストは金型費用も従来の半額になる技術でもあり、切削加工のみで製造していた製品のコスト削減にもつながりますので、ぜひお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

建築材料に強いアルミ押出のその他の製品活用について

アルミ押出と聞けば、どちらかというと建築材料やアルミサッシのイメージがあるのではないでしょうか?

アルミ押出では、目的の形状にくり貫かれた金型に金属素材を押し付け、押し出すことで目的形状を成形できるものです。そのため、アルミ押出しでできる製品は肉薄となり、より介在物などの影響を受けやすく、高品質なアルミ材料の供給が不可欠にもなります。

建築材料だけでなく、アルミ押出しは様々な業界の製品にも利用されています。
例えば、自動車業界向けにラジエタ―やエバポレーターの配管などの部材にアルミ押出材が採用されています。熱処理も可能なぐらいの品質の高さがある材料も選択できるなど、構造パーツへの展開性も検討できます。
パイプ状のものも他の加工方法と合わせればより構造パーツとしても展開が考えられます。


建築材料はもちろんのこと、自動車などアルミ押出材の用途は多岐に渡ります。
アルミ押出しを含め、様々な製品づくりをお考えの方は太陽パーツまでご相談ください。
太陽パーツでは、アルミ押出しの大量生産はもちろん、小ロット生産や試作など、お客様のご要望にお応えしております。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > アーカイブ > 2014-02


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.