太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > アーカイブ > 2014-11

2014-11

アルミダイカストと亜鉛ダイカストの違いについて

ダイカストというとアルミダイカストが有名ですが、ダイカスト鋳造はアルミニウム以外の素材でも可能です。

例えば、アルミダイカストと間違われやすいものに、亜鉛ダイカストという製法があります。
亜鉛ダイカストとアルミダイカストは素材が違うだけだと思われるかもしれませんが、実際には違う製造方法です。

その理由は、両者の金属の性質の違いに大きく関係しているからです。
アルミダイカストはアルミニウムが原料のため、強度も高く、伝導性や熱伝導などにも優れており、価格が安いこともあり、大量生産したい時にも多く利用されている製造法です。

一方、亜鉛ダイカストは、アルミダイカストよりも加工性が高い特徴があり、アルミダイカストよりも複雑な形状に加工する事が可能となります。寸法精度の高い製品づくりの際には、よく利用される製造方法です。
さらに、薄肉化ができるため鋳造後の加工の時間短縮にもつながります。


どちらの製法を選ぶかは、もちろん作りたい製品により最適なものは異なります。
太陽パーツでは、ダイカスト鋳造に強みを持ち、皆様の作りたい製品づくりをサポートしております。製品の原料のご相談から最適な製造法、コスト削減に関するお悩みまでお気軽にご相談ください。
特に、ダイカストにおいては金型費用が従来の半額になる弊社の特許製法もご用意しております!=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削加工の特徴と様々な種類

切削加工を簡単に説明するとすれば、素材を削って製品にする、というものです。
そんな切削加工の特徴は高い精度を出すことができるのも一つですが、さらに切削加工は様々な種類の機械を使って加工できることも特徴として挙げられます。

特に切削加工の機械として耳にするのは、汎用旋盤ではないでしょうか。次にフライス加工などが切削加工の代表的なものですが、実は研磨や歯切りなども切削加工の一つです。
他にも放電加工などもありますが、放電加工はレーザーで加工をするため、溶けたようになってしまうのが特徴です。そのため精度が必要な場合には、他の切削機械が選ばれることもしばしばです。

切削加工のイメージがあまり浮かばないという場合は、ご家庭で日曜大工として木を材料にさまざまなものを作られる方もいらっしゃいますよね。それもある意味で言えば切削加工の特徴を持っています。
材料を切ったり、穴を開けたり、という加工は切削加工の一種であると言えるからです。

切削加工は特徴や加工の方法によって、およそ300種類に分類されていると言われています。
一言で切削加工といってもこれだけの種類があるため、ひとつの製品を製造する場合でも様々な方法が考えられます。


太陽パーツではお客様が作りたい製品に最適な方法をご提案しております。
切削加工はもちろん、他の機械加工にも精通していますので、トータルにサポートいたします。まずはお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

幅広い用途で利用させるアルミダイカストなら太陽パーツへ

アルミダイカストはその製造方法から様々な用途に製品が使われています。
その代表的なものと言えば、車の部品がまず第一に挙げられるのではないでしょうか?
特に切削加工では難しいと言われている複雑な形状にできることから重宝されている技術のひとつです。

ただ以前までは、比較的小さい部品しか作れないといったイメージもあったようですが、近年では技術の向上もあって中型の製品などにも使われるようになっています。特にエンジン部分の部品にアルミダイカスト製品が使われることが非常に多くなったことからもわかります。

つぎはぎが無いという点ではアルミダイカスト製品は油圧や気密といったものが必要な部分には最適です。
車やバイクなどの部品に使われるのもこうした漏れなどの心配をしなくて済む安全面での評価もかなり高いと言えます。
しかも技術の向上やこれまでノウハウを培っているため、高精度の部品をアルミダイカストの製品で実現する事ができているのです。

他にも金型の技術の発展もあってかなり複雑な金型を作る事も可能になったため、当然ですがアルミダイカスト製品もより複雑な形状のものが製造できるようになってきています。

太陽パーツでは、アルミダイカスト製品の鋳造を行っております。
金型の作成から鋳造、二次加工など、トータルサポートしておりますので、製品づくりのことでお悩みのことがございましたら、一度お気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミ押出しの成型のコスト削減・小ロット・短納期について

アルミ押出し製品の製造は時間がかかるとお考えの方も多いのではないでしょうか?
確かにアルミ押出しの場合は複雑な断面の製品を成型できる反面、マイナスイメージをお持ちの方も少なくありません。

例えば、マイナスイメージの代表的なものが成型のための金型がコストです。
金型も依頼して成型までを依頼するとなると、小ロットではコストがかかり過ぎると思われる方も多いかもしれません。


太陽パーツでは、アルミ押出しの小ロット生産も行っております。
イニシャルコストを抑える要望にもお応えいたしますので、金型も昔のように高額費用がかかるという事はありません。
むしろ、コストダウンと合わせて以前よりも高い精度の製品を製造することができる、評判の良い製造方法です。

切削加工に比べると精度は劣るかもしれませんが、アルミ押出しの製品の主な用途は建具などとして使われる事が多いため、一般的な公差に入っていれば問題の無いものが多いのも事実です。
もちろん、太陽パーツでは、より高精度・高難度の製品づくりにも対応いたします。


アルミ押出しで製品を成型したいと思いつつも躊躇されている方は、一度お気軽に太陽パーツまでご相談ください。
弊社ではコストダウンと短納期、小ロット生産、大量生産など、お客様のご要望に可能な限りお応えいたします。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

板金加工での基礎的な知識について

板金加工を依頼する場合、少し基礎知識を知っていたほうが良い点があります。
というのも基礎的な事を知らないで状態で依頼するのも危険です。最低限の基礎知識は知っておいて損はありません。

例えば、板金加工ではどのような材質が適しているのか、板金加工とはどのような加工の事を言うのか、他にも板金加工では難しいと言われている事なども知っておくと良いかもしれません。

まず板金加工に多く用いられる材料は、鉄を使って加工することが最も多いと言われています。
価格的な安さであったり、加工しやすいという点から鉄材が最も多いのも頷けます。
他にもステンレスやアルミなども板金加工には適しています。

また板金加工の仕上げには塗装処理などがセットとなっている場合がほとんどです。
表面処理のための寸法公差などには十分に気をつけて加工をすることになります。

板金加工で切断する場合、どうしても上から押す形になります。
そのため下に出っ張りを感じる事もあります。

他に加工の方法としては曲げ加工などができます。


お気づきのように、板金加工と一言に言っても様々です。
作りたい製品にどのような加工が必要なのか、太陽パーツではお客様に最適な方法、メリットがある方法をご提案しております。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミダイカストと金型温度の関係

アルミダイカストは技術の向上によって精密かつ複雑な製品を作る事ができるようになってきています。
より複雑な形状のものを製造できるようになってきても、不良品を完璧に防ぐことは難しいでしょう。

例えばダイカストの場合、技術の問題だけでなく、金型温度も密接に関係しています。
アルミダイカストで作る製品の不良品は、気泡が入ってしまうなどがほとんどです。
ところがそれ意外にも金型に製品が焦げ付くなどの不良も発生することがあります。

通常、ダイカストで製造した製品は、金型から外す時に水溶性の離型剤を使って剥がします。
この水溶性の離型剤を使うのはずっと伝統のようになっていますが、この離型剤が原因で起こる不良品も少なくはありません。

最近では、油性の離型剤も登場し、製品の剥がれが良くなり不良品が出にくくなったというわけです。これは金型温度が高温になる事と水の蒸発の関係を研究した結果得られたことです。


アルミダイカストを含めたダイカスト技術はこれからもまだまだ発展します。
太陽パーツでは、高精度・高品質のダイカスト鋳造を行っております。
不良品にお悩みの方を始め、コスト削減や製造方法のご提案も行りますので、ぜひお気軽にご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミ押し出しとダイスについて

アルミ押し出しというと一般的にはどんな製品を想像されるでしょうか?
その多くはアルミサッシといった建具などが頭に浮かんでくるのではないかと思います。ですが、最近では他にも様々な用途で使われてます。

太陽パーツでは、建具だけでなくお客様のオリジナル製品製造の際にもご要望にお応えしています。

アルミ押し出しはダイスと言われる金型の中を、溶けた素材が通って冷える段階で成型されるので、意外にも高い精度の製品を作ることができます。
特に最近ではダイス(金型)の精度が高く複雑になっているため、様々な断面形状の製品を製造することができます。

複雑な形状だけでなく、薄肉の製造もできるようになってきています。


太陽パーツではアルミ押し出しにも対応しております。
押出成形後の切断や穴あけ加工、曲げ加工、表面処理も行っております。
さらに成形後の組立から梱包までも含め、お客様のニーズに合わせた制作方法をご提案しております。
大ロット・小ロットに関わらずお気軽にご相談ください。

=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミダイカストの腐食の問題

アルミダイカストの製品は様々な製品に使われています。
車の部品はもちろんですが工場などでのツールなどにも利用されています。

そんな中でアルミダイカストの悩みと言えばやはり塩分による腐食ではないでしょうか。
もともと金属加工の製品にとって塩害による腐食は、一つの課題となっています。
例えば自動車部品などでもそうですが、海の近くで暮らす人のために、塩害対策をした製品が特別に製造されているくらい重要な事なのです。

そのため、腐食対策をしなしなければならない場合が多々あります。
腐食対策として多く利用されているのが、アルマイト処理による可能です。
もちろんアルマイト処理とアルミダイカスト製品は切っても切り離す事ができないものです。

場合によっては、アルマイト処理を行ってほしくない場合もあるでしょう。
そのような場合には、工夫が必要であり、腐食対策ならば「水溶性アクリル系コーティング」などの方法もあります。
コーティングが可能であれば、これらの処置をすれば腐食への対策はできるものと言われています。

後は腐食対策のためには精度の必要な部分だけは他の加工を施すなどの工夫をするのも良いでしょう。


現在の製品の欠点や悩みを抱えている方は、一度太陽パーツへご相談ください。
太陽パーツでは、お客様にメリットのある製法などをご提案しております。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削加工の機械の進化は止まらない【3次元加工】

切削加工は日本の産業を支えているものひとつ言っても過言ではありません。

日本の切削加工は、世界でもトップクラスの技術を持っているにも関わらず、その進化は止まることを知らず、近年は3次元加工も可能です。
そのため、製品をより高い精度で製造できるのはもちろん、強度も確保できるようになっています。

これまで切削加工による3次元での加工は難しく、できたとしても機会のコストが非常に高くすぐに導入できるほど安くはありませんでした。
もちろん現在でも機械の価格は決して安くはありませんが、3次元加工ができることにより自由自在にアイデアを形にできるのは事実です。

さらに、以前は旋盤加工とフライス加工は別々に行われていましたが、3次元加工が可能になることで、余計な時間と手間を省く事ができるのです。
旋盤とフライスが一台でできる複合加工機があれば、より複雑な形状の製造も可能になります。

太陽パーツでは、切削加工においても様々な加工法に精通しております。
切削加工等でお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。
試作品の製造から大量生産まで、お客様のモノづくりをどこまでもサポートいたします。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > アーカイブ > 2014-11


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.