太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > アーカイブ > 2019-06

2019-06

金型の損傷を防止する表面処理技術とは?【ダイカスト】

ダイカストは優れた生産能力の金属加工技術の一つです。加工方法は金型に溶けた金属を圧入します。金型の中で冷えて製品の生産を行う鋳造技術がダイカスト技術です。
ダイカストで生産された製品は滑らかな鋳肌で、仕上げ処理がしやすく高い寸法精度の部品を短時間に大量に生産できるため、現在では多くの製品にダイカスト製品が活用されています。

継ぎ目を最低限に抑える事ができるため、非常に丈夫な部品の生産が可能なので、自動車部品や航空機などの安全性が必要なものに利用されています。さらにダイカストで使う材料はアルミが多いです。
アルミは丈夫で軽くて加工がしやすく腐食に強いなど、メリットの非常に高い金属です。もう一つのメリットは溶融温度が他の金属に比べると低い事もあげられます。
なぜ溶融温度が低い方が良いのかというと、ダイカストの金型は金属でできています。熱に強いとはいっても金属ですから使っているうちに傷んできてしまうわけです。
そこで考えられたのが金型の『高度化技術』です。金型の損傷を防止するために行われる処理技術で、金型の表面に損傷防止のための処理を行います。処理する事によって金型の寿命を伸ばす事ができるのです。

そもそもダイカストの金型は硬い素材を使用し、熱処理を行って最適化を行う事で作られますが、実はそれだけでは十分な寿命を得る事はできないのです。そこで表面処理を行うわけです。
金型の損傷を防止するための表面処理には『拡散法』と『コーティング法』があります。
拡散法とは金型表面から元素を拡散させて浸透させる事で表面部分の質を改善する方法です。窒化処理はその中でも最も多く使われている方法なのです。
高度を高くすることができたり残留応力を拡散できるという効果があり、ひずみや変形が少なく済むというメリットがあります。
コーティング法というのは材料となる合金との反応性が少ないため、硬質や熱安定性の高い皮膜を金型表面に形成させます。
どちらの方法も生産する製品の素材などに応じて処理方法を選びます。金型の寿命が長くなるだけではなく製品の質の向上にもつながるというメリットがあります。

太陽パーツではダイカストの金型の製造を行っています。コストをかなり軽減させるエコダイカストをはじめ、お客様のご要望にお応えしております。ダイカストの事でお悩みなら一度太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

高品質で需要の高まるダイカストが構成されるまでの3要素~2~

あらるゆる鋳物を作り出すダイカスト。今回も前回に引き続き、ダイカストが構成されるまでの要素についてお話させて頂きます。

金型の基本構の中でも大量に製品の生産を行うために金型の素材は熱間ダイス鋼やSKDなどが使われます。
また、対溶損性や耐摩耗性そして耐ヒートチェック性などが求められます。そのため金型本体も熱処理を行ったり表面処理を行って硬度を高く、耐久性の高い金型の生産が求められます。

特に製品の形状に中空部があったりアンダーカットがある場合には、分割して生産された部品を後で溶接や溶着をしてつかったり、ボルトで固定するなどして使いますが、一体化して作る場合は
分割せず一体で成形する場合には引抜き中子を使って生産していきます。この時使われるのが中子です。中子に使われる素材は再生利用ができるものと溶解除去する事ができる素材なども用いられます。

このようにダイカストは3つの要素によって製品の生産を可能としています。もちろんこれからもさらなる進化が求められるでしょう。
そのためには材料となる金属とダイカストマシンの向上、そして金型の進化も非常に重要になります。
太陽パーツでは金型の長寿命や生産性の向上を目指しております。お客様のご要望に応えるために短納期でより良い製品が提供できるよう努力をしております。ダイカスト製品の生産の事なら何でも気軽にお尋ねください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

高品質で需要の高まるダイカストが構成されるまでの3要素~1~

ダイカストは質の良い部品を短期間の間に大量生産ができる加工技術です。ダイカストは金型を使って溶けた金属を加工する鋳造技術の一つです。

一度に大量生産ができるだけではなく、非常に精度の高い製品の加工が可能です。しかも継ぎ目が極力少ない製品の加工ができるので、とても丈夫な部品を生産するのに適しています。
そのため現在ではあらゆる製品をダイカスト技術によって生産しているのです。ダイカストで製品の生産を行うためには金型を使用するのですが、ダイカストの金型は3つの要素で構成されています。

一つは合金ですね。合金はアルミニウムや亜鉛、マグネシウムなどの金属で構成されています。そしてもう一つがダイカストマシンです。ダイカストマシンが無ければ製品の生産はできません。
そして最も重要なのが金型です。ダイカストの金型は製品の寸法精度や鋳肌の美しさ、そして製品の質に影響を与えてくれます。
金型は製品の形状が彫り込まれていて、この精度が高ければ高いほど良い製品を生産する事ができる事になります。では金型の基本構造についてをご紹介いたします。

ダイカストで最も重要な金型の基本構を簡単に説明すると、固定型と可動型そして引抜き中子で構成されています。高圧で溶けた金属が圧入され金型の中で冷やされて製品が作られます。
生産ができたら金型から製品を自動で取り外し、再び材料が圧入されて製品の生産を行うのです。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削加工の一つ【フライス加工】について

切削加工にはフライス加工と旋盤加工があります。どちらもそれぞれの特性を活かした加工を行う事ができます。今回はフライス加工についてのお話をいたします。

フライス加工とは面加工を行う技術です。刃物を使って切削加工を行うのは旋盤加工と同じですが、旋盤加工では加工する素材が回転するのとは違って、フライス加工では刃物が高速回転を行う事で加工を行います。
フライス加工は汎用加工とマシニングを使ったマシニング加工があり、フライスは加工する技術者が加工するのとは違って、プログラミングをすればマシニングが加工を行ってくれます。
そのため大量生産を行ったり、複雑な加工を行ったりする場合にはマシニング加工で加工を行います。例えばR加工やテーパー加工などの場合は、人の手で加工するのには限界があるからですね。

フライス加工では溝加工を行ったりカットなどの二次加工を行ったり、平面な部分への加工を行います。
加工に使われる工具はエンドミルやドリルなどが使われますが、複数のチップを取り付けて加工するスローアウェイ方式で加工を行います。
特に大きな製品の加工を行う時にはより効率よく加工ができるツールを使用します。段差加工などを行う時などには平面と側面を同時に加工できるので便利です。
マシニングセンタでは大きな中ぐりを加工するのにも最適です。用途にあった加工機械を使って製品の加工を行う必要がありますが、より精度の高い製品の加工や大量生産するのなら、マシニングセンタで加工するのがおすすめです。

太陽パーツでは生産量や製品の形状によって、最適な加工技術を用いて加工を行います。加工の事でお困りであればいつでもお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

多様性に富んだ製品を成形する押出成形機

時代のニーズに応えるために加工技術は進歩を続けてきました。そのため一つの加工技術で何種類もの材質の部品の生産を可能とし、それぞれの発展をして現在に至っています。

例えば押出成形機はアルミ押出が主流だと思われていますが、実際にはプラスチック材料を使った製品の生産にも活用されていますし、中でもゴムの製品の生産にも非常に活躍している技術です。
アルミ押出とは違って、ゴムの押出の場合は材料を金型に注入する前の段階で、スクリューとシリンダーの部分で材料を加熱して、金型へと注入して製品の加工を行う仕組みになっています。
プラスチック押出成形機でも同様に、材料の裁断と過熱を行って無駄な熱量を使わずに効率よく材料を加熱して、製品の生産を行っているのです。
押出成形機のスクリューは材質によってローリングタイプとせん断タイプとに分けて使います。製品の性質などを考慮する事で効率よく製品の生産が行えるという仕組みです。
そのためプラスチックや樹脂やゴムの押出成形機では、各種スクリューを用意して使い分けを行っているのです。長年の経験でスクリューを使い分けしますが、新たな素材が現れた時には最適なものを選択する必要があるでしょう。

近年、樹脂製品やゴム製品は自動車部品や住宅などの建材、そして私たちの健康を守る医療に活用されています。より良い製品を作る事によってさらなる進歩を遂げる事ができるのです。
そのため、どんな製品をどんな素材で作れば良いのか?加工を行う時に使う技術はどれが適しているのかを決めるのは非常に重要な事なのですね。

太陽パーツでは長年の経験や独自の技術でどんな材料をどのように加工するのかによって、最適な加工機械を選択して製品の安定供給を行っております。
より精度の高い製品をお客様に提供できるよう日々精進しております。どの部品をどの加工で行えば製品精度を保ちつつコストを削減できるのかお悩みでしたら、ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

幅広い分野に適用されるプレス加工の深絞り

プレス加工は金型を用いて製品を作る生産技術の一つです。金属の板を使って高速で製品の生産が可能なため幅広い分野で利用されている技術でもあります。例えば絞り加工は金属の板をカップ状の製品に加工する事ができます。金属のコップやアルミの灰皿などを想像するとわかりやすいかもしれません。ただカップ状にするだけではなく、浅い直角の形状をしたものや、深くてカーブしている形状など、金型の形によってどんな形にも加工する事が可能なのです。

小さな製品ばかりに活用されるのではなく、例えば大きな建具や自動車のボディーのように大きなサイズの製品の加工にも活用されています。
金属の板を金型の形状に挟んで伸ばすイメージがあるので、何となく製品の肉厚が薄くなってしまうのではないかとお考えになるかもしれませんが、それは特殊な例でほとんどは厚みは変わりません。
むしろ継ぎ目のない製品を作る事ができるので、剛性の高い製品を加工する事が可能になるのです。もちろん複雑な計上の製品を加工する場合には材料の限界点に達しないよう加減されます。
そのため剛性の高い安定した寸法精度の製品を生産する事が可能なのです。

余談ですが私たちが普段使っている自動車の部品の多くがプレス加工で作られています。
特に車のルーフというのは走行性能や燃費に非常に関係している場所ですので、安定した寸法精度の製品を加工するのにプレス加工が適しているのですね。
もちろん金型の精度が上がった事も良い影響を与えています。いかに金型が重要であるかという事もわかりますね。

太陽パーツでは大型の製品から小さな製品まで、自信をもってお客様へ提供しています。絞り加工による製品の生産を検討しているのであれば、ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談ください。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

板金加工の1つである深曲げ加工について

板金加工ではいろいろな加工を行います。「曲げ加工」「絞り加工」「打ち抜き加工」などの加工を行いますが、今回は「深曲げ加工」という加工方法についてお話いたします。

板金加工は金型を用いて上下や左右に材料となる板金(板状の金属)を挟み込んで金型の形状を転写する加工技術です。加工によって金型を変えながら加工を行っていきます。
一般的な曲げ加工を行う時には土台となるダイという下型の上に材料を置いて、パンチという上型でプレスする事で曲げ加工を行います。
必要な角度の曲げ加工を行うには、ダイの溝の角度を製品の角度に作る必要があります。つまり曲げ加工はダイの角度や形状で形状が決まる事になるのです。

例えば曲げる箇所が一か所であれば普通の曲げ加工でも充分に加工が可能ですが、部品の中には2方向以上を曲げ加工しなくてはならないものもあります。
この場合には曲げた箇所にダイが干渉してしまう事もあるので、通常のダイで曲げ加工を行う事は難しくなります。こうした数か所が中心に近い状態で曲げ加工を行う事を深曲げ加工と言うのです。
深曲げ加工を行う時には深曲げ加工に対応した専用機械を使わなくてはなりません。
以前は板金加工では複雑な形状の製品はあまり生産されませんでしたが、大量生産ができ加工が容易なため、これまで行わなかった加工を板金加工で!というニーズに応えるためにできた技術とも言えますね。

深曲げ加工はブラケットやカバーなどの部品の生産に多く活用されています。今後もニーズに応えるために新しい技術を取り入れて、板金加工も進化していく必要があるのです。
太陽パーツでは複雑な板金加工にも、これまでの経験や技術を駆使してニーズにお応えしています。「これは板金でできるか?」という疑問がありましたらお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

太陽パーツのエコダイカストは【50個からの小ロットでも作れる!】

ダイカスト製品の金型は初期の頃と比べると、複雑な形状やより薄肉の製品を生産する事も可能です。製品の鋳肌も美しいので仕上げ処理を行うのも容易です。
一度に大量に製品を生産できるので、大ロットの製品の生産にも優れていますし、大量生産を行う事による量産効果で部品一つあたりのコストを下げる事も可能です。

製品の材料にはアルミ合金やマグネシウム合金を試用するので、非常に軽くて錆びにくく腐食しにくいというメリットがあり、組み込んだ時の全体の重量も軽くする事もできます。
これがダイカストの良さです。大量生産に向いている生産技術ですが、唯一の弱点ともいえるのが金型にコストがかかるという点です。二次加工を必要としない精度の高い金型を造るのだから仕方がないのも事実です。

これまでは試作品を作ってその試作がうまくいけば金型を作り、ダイカストで量産体制に入るという流れが普通の事でしたが、これを試作品からダイカストを利用する事はできたら良いと思いませんか?

太陽パーツではこれまで小ロットの製品でダイカストを使うのは無駄な事だという常識を覆す、特許製法の『エコダイカスト』という製法を開発しました。
従来の金型のように金型のベースにコストをかけずに済む、カセットタイプの金型の製造を可能にしたのです。その結果従来の金型の半分のコストで金型を作れます。
金型の交換に人員を割く必要がなくなった分、人件費の削減ができ金型に必要な金属の量も減ったため、なんと従来の金型の半額という低コストでダイカストを活用できるようになりました。
だから50個という小ロットの製品でも低価格で生産ができるようになったのです。もし小ロットの製品の生産にダイカストを活用したいとお考えでしたら、太陽パーツのエコダイカストをぜひお試しください。詳しくは太陽パーツへお気軽におたずねください。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

長期化する大型アルミ押出材の需給不足

アルミ押出で生産された製品は軽くて強度があるのでさまざまな分野で活用されています。アルミサッシなどの建材などに利用されているのはもちろんですが、近年では自動車部品や鉄道車両などの生産にも活用されているのです。

これまでは比較的小さな径サイズの製品が多かったのですが、金型の技術が向上しが事でより複雑な形状や、より大きな径サイズの製品を生産する事ができるようになりました。
それによってこれまでは鉄などを使って作られていた製品を、アルミ押出で作った部品に交換できるようになったわけです。そのため自動車構造部材やトラックなどの架装品に使われたり、鉄道車両などの部品として使われるようになったのです。
アルミ押出の製品を使う事によって全体の重さが軽量化され、丈夫でさびや腐食に強い製品を作る事ができるため、アルミ押出の製品の需要と供給のバランスが崩れてきているのです。

今はまだ自動車業界や鉄道業界などでアルミ押出への変更だけで済んでいますが、この状態が落ち着く事は無いというのが業界の見方です。つまり今後も需要が増加してしまい供給が間に合わないという状態が続く事になるのです。
ですがこれは部品加工業にとってはチャンスでもあります。需要に供給が追い付けば売上アップが見込めますし、企業としての信頼性を強める事ができるでしょう。
そうなるためには需要に供給が追い付く必要があります。幸いな事にアルミ押出という技術は生産性が非常に高いので、ニーズに応えるのは難しくはないかもしれません。
もちろんニーズに応えるためにはアルミ押出による製品の生産がスムーズに行われ、安定的に供給ができるよう努力や工夫をする必要があります。
この問題を解決するためには、精度の良い金型の製造と安定的な製品の供給がカギとなります。

太陽パーツでは国内の工場だけではなく海外にも工場を持っており、お客様の短納期にもできる限りの対応をしています。もちろん海外工場で生産した製品の品質も国内工場と全く変わりはありません。
もし今後のアルミ押出製品の需要と供給のバランスを崩さず取引をしたいと思っているのであれば、ぜひ一度太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

薄い製造も可能であるダイカストとその他の加工法の違い

ダイカストは鋳造という製造方法です。鋳造にはダイカストのほかにも『砂型鋳造』『低圧鋳造』『金型鋳造』といった方法で様々な製品が生産されています。
どの方法でも同じように金型を使って製品の生産ができますが、ダイカストと他の鋳造技術にはどんな違いがあるのかを今回はわかりやすくご紹介いたします。

ダイカストと他の鋳造法には共通点があります。それはどの製法でも金型を使って製品の生産を行うという点です。金型の中に溶けた金属を流し込んで冷やして固める事で製品の生産を行います。
作り方の原理は同じなのですが、それぞれの製造法には明らかな違いがあるもので、例えば砂型鋳造の場合には砂を使って金型を作り、一度製品を造ったらその砂型は崩してしまいます。
自由度が高く金型を作るのも容易なため、大きな製品を作る時などに活躍します。また素材も鉄などの金属を加工するのに適しています。ただし寸法精度のキビシイ製品には向きません。
少し進化すると金型鋳造という製法が使われるようになりました。この方法も金型が造りやすくコストを抑える事ができるのですが、圧をかけて流し込むわけではないため、材料の無駄が出る事を考慮する必要があるでしょう。
砂型と同じように寸法精度についてはあまり期待ができません。大型の製品やラフな製品を作るのに向いています。さらに進化した製法として低圧鋳造という製法があります。
金型に低圧で溶けた金属を注入するので、ダイカストに若干製法が似ていますね。コストが安いというメリットと巻き込みが砂型や金型鋳造より軽減されますが、生産性が低いという点がデメリットです。

ダイカストは砂型鋳造、金型鋳造、低圧鋳造をさらに進化した製法で、高圧で材料を注入して短時間で大量生産を可能としました。金型も初期の頃と比べると高性能です。
より複雑な形状であったり薄肉の製品の生産にも向いています。ただしダイカストは製品によっては高度な技術を使って金型を作るので、コストが他の鋳造技術と比べると高くなるのが難点です。

太陽パーツのダイカストならエコダイカストという特許を取得している技術を使うので、低コストで高品質な製品を安定供給する事が可能です。コストをかけず良い製品をお望みなら、ぜひ太陽パーツへご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > アーカイブ > 2019-06


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.