太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > アーカイブ > 2019-11

2019-11

【ダイカスト】を知ろう!基礎知識

現代人の私たちの生活は経済的にも恵まれ非常に便利なものに囲まれて生きています。その陰には様々な生産技術の発展が強く関係しています。例えば今や一家に一台と言われている自動車も、現代の生産技術を活かして作られているのです。

ところで、昔と違って現在の自動車というのは剛性も高くなり、安全性が各段に上がっているだけではなく、車両総重量も非常に軽量化されているので低燃費です。その陰にはアルミ合金を使った部品の数々が使われているからだと言えるでしょう。

例えばエンジンは車の部品の中ではとても重要で大きな部分なので、鉄などで造られていた時には非常に重く、錆に弱いというウィークポイントがありましたが、現在では錆の心配はあまりありません。これもアルミ合金を使っている恩恵かもしれません。

そしてエンジンをはじめ多くの部品の生産に使われている技術こそが『ダイカスト』なのです。今回はダイカストの基礎知識についてわかりやすく説明していきます。

ダイカストを簡単に説明すると、金型という型の中に溶けたアルミ合金などを流し込んで、冷やして固めるという加工技術です。こうした技術を『鋳造技術』というのです。

ダイカストマシーンに金型をセットします。セットした金型に溶かしたアルミ合金を高圧で射出していき、充填が済んだら冷やして固めて金型の形に形を変えます。

加工するには金型が必要になりますが、近年では技術が進歩した事もあって、薄肉でより複雑な形状の金型を造る事が可能となり、軽量化と高い剛性を持つ耐久性の高い部品の生産ができるようになったのです。

しかも圧をかけて製品の生産を行うので非常に美しい鋳肌をしていて、表面処理を容易に行う事が可能です。鋳込み金具を使って鋳込みをつくる事が可能なので、硬さや耐摩耗性の高い製品を加工する事もかのうです。

精巧な金型で加工するため最終仕上げ加工を行わなくても良いというメリットがあります。その分時間を短縮する事も可能です。これらの特性から自動車やバイクなどのエンジン部品の生産に利用されています。

ただし製品の生産に必要な金型については費用がかかるため、どちらかというと小ロットでの注文よりも大ロットでの注文に向いています。年々生産量は増え続けているため小ロットへの対応を希望する声があるのも事実です。

太陽パーツでは小ロットでもダイカストを利用したいという要望に応えるため、エコダイカストという技術を活かしています。

精度は変わらず小ロットでダイカストを検討したい方にお勧めです。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

【板金加工・プレス加工】共通点と相違点をご紹介 ~2~

今回も引き続き、板金加工・プレス加工の共通点と相違点についてご紹介致します。

 

【板金加工とプレス加工の相違点】
同じ金型を使って加工するという部分では共通しているのですが、金型の形状や用途についてはかなり違いがあります。例えば板金加工で使われる金型というのは汎用金型といって、共通の金型を使用しますがプレス加工の場合は製品の形状をした金型を使用します。

また、プレス加工で製品の加工を行う場合、一つの金型を使って製品の加工を行う『単発』複数の加工技術を使った『複合』そして異なった金型を使って製品を順番に加工していく『順送り』そして『トランスファー加工』があります。

他にも板金加工では汎用金型を使用するので、新しい依頼が来た場合にイニシャルコストがかからない事が多いですが、プレス加工については依頼事に金型を作るのでイニシャルコストがかかります。

こうした点が板金加工とプレス加工の相違点です。どちらも金型を使って加工するという点では同じですが、金型に決定的な違いがある全く別の加工技術である事がわかっていただければ幸いです。

 

太陽パーツではプレス加工の金型の制作において、精度の高い製品をお客様に提供できるよう心がけております。板金加工やプレス加工に限らずあらゆる金属加工をしておりますので、効率の良い方法を探しているのならぜひお声かけください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

【板金加工・プレス加工】共通点と相違点をご紹介 ~1~

板金加工とプレス加工は似ているようで違う加工方法です。ただし共通点が多いというのは事実です。そこで今回は具体的にこの二つの加工の共通点と異なる点についてをわかりやすくご説明いたします。

【板金加工とプレス加工の共通点】
まずは板金加工とプレス加工の共通点をご紹介していきましょう。共通点がわかればどうしてこの二つの加工方法が同じなのでは?と思われているのかがわかるかもしれません。

共通点の一つ目としては板金加工もプレス加工もどちらも金型を使うという点でしょう。金型を使う事で同じ形状の製品をたくさん生産できるというのも共通点です。しかも同じ製品の金型を使って加工したら、どちらの製品がどの製造方法で造られたのか判断できないかもしれません。

加工できる材料も薄い金属の板というのも共通点でしょう。さらに加工する時には金型で加工する前にせん断といって、部品に必要な大きさに材料を切り分けするのも共通点でしょう。その際にバリが出る(ダレる)のも共通点です。

これは刃物(金型)で上から叩き切るために起こる現象ですが、上下の刃物のすき間が少なければ少ないほど少なくなりますが、これは金型の精度が強く関係しています。

他にも工夫としてはせん断する時のスピードも強く関係していて、大量生産を意識するとどうしてもスピーディーに加工を行うので、バリがかえってしまいやすいのも共通点だと言えるでしょう。

~2~へ続く=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

【切削・研削・研磨】それぞれの加工について ~2~

今回も引き続き、【切削・研削・研磨】それぞれの加工についてについてご紹介致します。

【研削加工】
研削加工と研磨加工は似ている加工方法ですが、切削加工のように砥石などのツールを使って求められる寸法まで加工を行います。他ほにも製品に必要のない加工の過程で残った部分の除去などを行います。

研磨加工のような表面を滑らかにするだけではなく、切削加工と同様に指定の形状や寸法になるまで除去加工を行う事ができるのも、研削加工の特徴だと言えるでしょう。

ちなみに研削加工に仕様するツールとしては、研削用の砥石を使って加工を行います。研削用の砥石には粗目の粒子を結合剤を使って結合させたものを使用します。加工する部品が多い場合はその形状に合った砥石を作って加工する事もあります。

加工場の特性としては研削加工は切削加工に比べると、加工中に熱が生じやすかったり切り残しが生じてしまい、高い寸法精度が得られない事もあります。逆に切削加工は切れ味が良いので除去したい部分が多い時には切削加工を選ぶなどの工夫をすると良いでしょう。

今回は切削加工、研削加工、研磨加工のそれぞれの加工について簡単に説明いたしました。ただこれだけではどの製品がどの加工にふさわしいのかについてはわかりにくい事もあるでしょう。

加工の事でお困りの方は太陽パーツへお気軽に問い合わせください。わかりやすく違いをご説明し、製品にふさわしい加工方法を提案いたします。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

【切削・研削・研磨】それぞれの加工について ~1~

金属を加工するための加工方法は『切削』『研磨』『研削』などの方法がありますが、どの加工方法で部品の製作を行うのかについては、部品がどんな形状であるかや部品に求められる寸法精度などにも関係しています。

今回は切削加工、研磨加工、研削加工のそれぞれの加工方法やどのような製品の加工に向いているのかについてをご紹介いたします。

【切削加工】
切削加工とは刃物やドリルなどの工具を使う加工方法です。加工機械としてはフライスや旋盤加工、マシニングセンタやNC旋盤ほか複合機などがこれに当たります。ボール盤やペンチレスなども切削加工の一種ですね。

切削加工の特徴としては刃物を使いますので、ある程度の厚みで加工ができるので加工がスピーディーです。粗取りから仕上げ加工までができるので、中心的な加工技術として使用されています。

ちなみに切削加工はプレス加工やダイカスト、押出などで使用する金型を加工する時などにも利用される技術でもあります。最近は金型の精度が上がって精度の高い製品ができるようになったと言われていますが、これも切削加工の技術が発達した賜物かもしれません。

また、加工場の特徴としては刃物である程度の切込みで削っていくので、大きめの削りかすが出ます。

【研磨加工】
研磨加工とは加工済みの製品の表面をさらに滑らかにするために仕上げの仕上げ加工として利用されます。例えば製品の性質上切削加工の細かな溝もキレイにしたい場合などに使われる加工技術です。

研磨加工は『遊離砥粒方式』と『固定砥粒方式』があり、これらの加工に使われるツールは砥石やラップ剤です。砥粒とウエイトを使って製品を一定の圧力で加工していきます。

平研のようにテーブルの中に製品を入れて加工するタイプもあれば、軸に加工する製品を取り付けて回転させ、円錐形の大きな回転した砥石を近づけて仕上げ加工を行ったりします。

砥石の形状も色々とあって、加工する製品の形状に合わせた砥石を注文する事ができます。加工後の表面はとても滑らかで切削による削り跡などもキレイに仕上げる事ができます。

~2~へ続く=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削加工商品の4つの軸【旋盤加工・NC旋盤加工・フライス加工・MC加工】とは?~2~

今回も引き続き、旋盤加工・NC旋盤加工・フライス加工・MC加工についてご紹介致します。

 

加工できる素材の形状は旋盤加工やNC旋盤加工のような円筒形のものばかりではなく、四角い素材や板などの加工を行う事もできます。フライス加工やMC加工では正面フライスやエンドミルそして溝フライスなどの工具を使って加工を行います。

MC加工では旋盤加工のようにR加工も行えます。プログラミングによって加工を行うので、フライス加工よりもより複雑な加工を行えます。

また、NC旋盤加工では機械の種類も豊富で、様々な製品の加工ができるようになっています。多軸旋盤の出現によってそれまでできなかった横への穴あけやカットなどを施せるようになりました。

NC旋盤やMC加工の機械が開発されるまでは、技術者の腕や経験がものを言っていた時代もありましたが、これらの自動機の開発によって誰でも一定の品質の製品を加工する事ができるようになったのです。

このように旋盤加工とフライス加工そしてNC旋盤加工とMC加工は部品の生産や、金型などの生産に欠かすことができないものなのです。

太陽パーツではこれらの加工機械を駆使して、精度の高い金型や製品の生産を賜っております。加工の事でお知りになりたい事などがありましたら、ぜひお気軽に太陽パーツへご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削加工商品の4つの軸【旋盤加工・NC旋盤加工・フライス加工・MC加工】とは?~1~

切削加工は世の中の多くの製品の部品を生産するのに使われている技術です。切削加工とは刃物などのツールを使って金属を削って製品を作ります。

切削加工には「旋盤加工」「NC旋盤加工」「フライス加工」「MC加工」の4つのタイプがあります。今回はそれぞれの加工の特徴について改めてご紹介いたします。

旋盤加工とNC旋盤加工は加工する材料をチャックに取り付けて加工を行います。旋盤加工では加工する材料が高速回転し、回転している素材にチップなどの工具を使って加工していきます。

旋盤加工とNC加工では外形と内径の加工が可能で、さらに穴あけ加工やねじ切り加工なども行えます。一般的には円筒状の製品の生産を行いますが、四角い素材の角の部分にRをつけたり免取などを行う事も可能です。

一般的には3つの爪で材料を掴みますが、四角い素材を加工する際には4つのチャックを使う事もあります。また、NC旋盤加工はプログラミングで加工する事ができるので、旋盤加工では難しいR加工やテーパー加工などもできます。

一方フライス加工とMC加工は加工する部品をテーブルに取り付けて、刃物が高速回転して加工を行います。刃物が高速回転するのでドリルでの穴あけをする時に、ドリルが傷みにくいなどのメリットがあります。

~2~へ続く=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

小ロット生産のメリット!【エコダイカスト】

ダイカストの最大のメリットは精度の高い製品を大量に生産できるという点です。しかし最近は小ロット生産にだけあるメリットが注目されつつあります。

なぜ小ロット生産が注目されているのかというと、生産された部品を使って製品を組み立てた時にちょっとした不具合があったりした場合、その部品に加工を施して生産する事も意外とあるのです。

そんな時に大量生産してしまった場合、部品の変更のために加工をするとなると、それまでに作ってしまった部品が無駄になってしまったり、加工を施してもコストと時間がかかってしまうでしょう。

こうした手間を省く事によってコストの削減と時間の節約をする事が可能になるわけです。そこで注目が集まっているのが小ロット生産です。例えば小ロット生産だった場合だと設計などに変更があった場合に対応がしやすいのです。

また、実際に製品の生産を終えて販売を開始した後に不具合が見つかり、部品の変更を行う事は頻繁にある事なのですが、この時に大量生産してしまった後だとコストにロスが出てしまいかねません。

少しでも損害を減らすためにも起動に乗るまでは大量生産ではなく、小ロットで少しずつ安定するまで調整する必要があるわけです。このことから近年では大ロットでいきなり生産するのではなく、小ロットで様子を見ながら生産する事に注目が集まっているのです。

時代の流れもあるかもしれませんが、安全性や使い勝手などを重視される昨今の消費者への対応を余儀なくされているのでしょう。

小ロットで生産する事のメリットは他にもあります。それはバリエーションを増やしてあらゆるユーザーの要望に応えたいという企業側の考えが働く事が増えているのです。

太陽パーツではダイカスト製品を小ロットで生産したいと考えている企業にうってつけの『エコダイカスト』があります。50個からの小ロット生産にも対応しています。もちろん従来の精度でコストもかなりダウンできます。

エコダイカストの詳細や生産については太陽パーツのホームページをご覧になるか、太陽パーツへお気軽にご連絡ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

生産性と品質を向上!【NC加工】

NC加工は製品の加工に欠かすことができない加工機械です。NC装置が付いている機械の中でも有名なのが「NC旋盤」や「NCフライス」といった加工機械です。この二つの機械はNCが付くまでは全て手動で行っていました。

今回はNC旋盤に絞って説明しますと、旋盤は加工する製品が高速で回転します。高速で回転している素材に刃物を近づけていって加工を施していくのですが、回転数と切削速度を調節すると粗削りな製品ができたり、鏡のように光る製品ができたりします。

NC旋盤をどのように動かすのかはプログラミングで決まります。NC旋盤についている操作盤で直接プログラミングする事もできますが、パソコンを使ってプログラムを作りデータを転送する事も可能です。

また、NC旋盤は加工する製品によって機械の種類も豊富です。初期のNC旋盤は軸は一つしかありませんでしたので、表と裏をワンチャックで加工する事は不可能でした。だからこそ精度が高いとは言っても微妙なズレが生じる事もありました。

ところが近年では技術の進歩によって多軸のNC旋盤が開発されたため、微妙なズレも生じにくくなり精度の高い製品を生産する事が可能になったのです。

他に一般的なNC旋盤だとあまり巨大な製品の加工はできませんが、トルクの大きな大型の製品の生産が可能な機械などの開発もされているので、様々な大きさや形状の製品の加工が可能となったのです。

しかもNC旋盤は半自動化が可能になったため、最低限の人材で大量生産が可能な加工技術です。ただし精密加工機械であるためすぐに誰でもが操作できるわけではありません。特に段取りを行う人は講習を受けたりする必要があるでしょう。

太陽パーツではNC装置のついた旋盤による加工を行っています。高い技術を使って製品生産や金型の生産を行っています。加工に関して疑問がある場合は、お気軽にホームページからご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工と板金加工の違いって?

プレス加工と板金加工で生産された製品は非常に見分けがつきにくいものですが、この二つの加工は似ていても全く違う加工技術で、加工する機械にもあきらかな違いがあります。今回はプレス加工と板金加工の違いについてお話いたします。

プレス加工と板金加工の製品の特徴は「薄肉」である点です。また継ぎ目がない製品が多い事も共通していますが、明らかな違いは金型を使っているか使っていないかにあります。実はプレス加工では金型を使用し板金加工は金型がありません。

さらに言えば板金加工というのは鍛造加工の一種で、プレス加工は塑性加工の一種です。あらかじめ生産したい製品の金型を用意して、金型の間に薄い金属の板を挟み込み、圧力をかけて金属板を金型の形にプレスするのです。

プレス加工ではせん断加工、曲げ加工、絞り加工ができ、金型も工程が一つしかない「単発型」複数の金型を使って加工する材料が進んでいき、順を追って製品の加工を行う「順送プレス」があり、この加工方法は大量生産に非常に長けた方法です。

そして単発型を並べた状態で順を追ってプレス加工を行う「トランスファープレス」という加工方法がありますが、これは順送プレスとは違って移動装置を使って加工を行う方法です。どちらかというと小さな部品よりも大きな製品の加工向きですね。

板金加工は似たような加工になっていますが、板金加工は金型があるわけではありませんので自動で加工するというよりも、人の手で加工するといった方がわかりやすいかもしれません。

ツールも金型のように専用のものを作るわけではありません。一つ一つを機械を操作して製品するので大量生産をするのには向いていないでしょう。また、一つ一つ加工しているので途中で変更箇所が出ても対応しやすいというメリットがあります。

このようにプレス加工と板金加工は似ているけれど、全く違う加工であるという事がわかりました。どちらで加工するのかについては製品の形状や数などを考慮して決定すると良いでしょう。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > アーカイブ > 2019-11


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.