太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ

太陽パーツ株式会社のスタッフブログ

加工の形状に合わせて工具を選ぶ切削加工

部品加工にはさまざまな技術を使います。切削加工は金属加工の代表的な加工技術です。
切削加工の代表的なものと言えば「旋盤加工」と「フライス加工」です。外径の加工はもちろん内径の加工も得意としています。
想像しているよりも複雑な加工を高い精度で行う事ができます。ただし、そのためには加工する部品の形状に合わせた工具を選ぶ必要があるのです。
昔は切削加工を行う時の工具は、加工を行う職人の長年のカンや技術で作ったりしていりしました。ですが現代ではほとんどの加工が市販されている工具で行えるようになっています。
例えばチップを使って加工を行う場合には、加工数に応じてチップの交換をする事で、複雑な形状の部品を加工する事ができます。
交換する方法さえわかればパートさんでも交換する事が可能なので、より生産性が向上しているのは事実だと言えるでしょう。
ただしどのチップで削っても良いというわけではありません。加工をする部品の素材が何かも考慮する必要があるでしょう。
そのため、切削加工で使用する工具を選ぶ時には、加工する部品の形状に合った工具を選ぶ必要があったり、加工する部品の金属の素材に合った工具を選ぶ必要があります。
ちなみに特定の金属専用の工具であっても、他の金属の仕上げ用として使ったりする事で、光沢を出す事ができたり逆に曇らせたりといった加工も行えます。
これについては工具の良さも関係するかもしれませんが、昔ながらの職人の経験や腕やカンが関係していると言えるのかもしれません。
太陽パーツでも優れた職人が、それぞれの技術を活かした部品作りを行っています。切削加工による部品加工や金型の生産などのお悩みがあれば、いつでも気軽にご相談くださいませ。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

50個からの小ロットも可能!太陽パーツのエコダイカスト

部品の生産を行うためにはその部品の生産に最適な金属加工の方法を検討し、発注して部品の生産を行いますが、この時に悩むのが生産方法と部品の生産にかかるコストの問題です。
例えば大量生産を行うのであれば、ダイカストを利用して部品の生産を依頼するのが一般的です。現代のダイカストの技術の高さは素晴らしく、精密部品の加工にも適しているからですね。
ダイカスト技術にはたくさんのメリットがあります。大量生産なら一つあたりの部品の価格が安くなります。しかも精度の高い部品を大量に生産する事が可能なのです。
さらにダイカスト製品は表面処理がしやすく、とても滑らかで美しい仕上がりです。さらにより複雑な製品を作る事も可能で、二次加工を必要としない部品の生産も可能なのです。
これだけ優れた生産性と精度の部品を生産できるダイカストですが、大量生産に向いている加工技術だと言えるのが唯一のデメリットなのです。
その理由は『金型の費用が非常に高い』という事です。金型一つを作るのに100万円かかってしまうとしたらどうでしょうか?それだけの費用をかけて部品50個だったら?
金型の費用を消化するためには、一つ当たりの部品の価格が高くなってしまいます。このためダイカストで部品の生産をしたいけど、ちょっと難しいと言われるゆえんなのです。
ですがここで諦める必要はありません!太陽パーツの『エコダイカスト』だったら、金型の費用が従来の半分で済んでしまうのです。
その理由は、一般的なダイカストの金型はベースとなる部分と、金型の本体を一体化して作っていました。このベースの部分に使われる材料の大きさは、金型の部分とほぼ同じです。
当然このベース部分の費用は「使わないのに金型と同じ材料費がかかっている」のです。太陽パーツのエコダイカストはこの余分なベースの費用をカットできます。
だから50個の小ロットであっても部品の生産をダイカストで行う事ができるのです。さらに詳しい情報が知りたいという方は、ぜひ太陽パーツにお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストのメリットでもある【強度】について

部品加工を行う時、さまざまな金属加工の中からどれか一つの加工法を選択するとした時、なぜダイカストを選ぶ方が増えてきたのでしょうか?
金属加工には、旋盤加工、NC旋盤加工、フライス加工、MC加工、プレス加工、アルミ押出加工など、数多くの加工技術があります。
その中の一つとしてダイカストがありますが、実はダイカスト技術には他の金属加工には無い優れた特徴があるのです。今回はその優れた特徴と選ばれる理由をお話しいたします。
「優れた生産性」「優れた寸法精度」「優れた強度」「優れた設計性」「軽量化」「表面処理のしやすさ」「コストが安い」
これだけでもかなりのメリットがありますが、この中から優れた強度についてをわかりやすくお話しいたします。
ダイカストは金型を使って溶けたアルミを金型へ入れて、高い圧力をかけて成型します。そのため部品の強度が他の製造法で作ったものよりも高くなります。
もちろん部品の大きさや肉厚によって多少の強度の変化はありますが、複雑になればなるほど強度が高くなっていく製造技術なのです。
こうしたメリットがあるため、ダイカストは利用範囲が広く、さまざまな分野で活躍する製品の部品製造に利用されているのです。
さらに大量生産をすればするほどコストが安くなるので、消費者にも安くて良いものを提供できるようになったのです。
ただし大量生産に向いているけれど、少量の生産には逆にコストがかかってしまうというデメリットがあります。
それでも精度の良い製品の製造をしたいとお考えであれば、太陽パーツのエコダイカストの活用を検討されると良いでしょう。
エコダイカストは、少量の部品の生産であってもコストを安く抑える事ができるので、おすすめのダイカスト生産法です。
太陽パーツのエコダイカストについて知りたい方は、ぜひお気軽にご連絡くださいませ。どうして金型を作るのに安くする事ができるのかなどの疑問にも丁寧にお答えいたします。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

精密な加工でものづくりに貢献するプレス加工の利点とは?

部品の製作を行う時には色々な加工方法から、最も適した加工技術を使って部品の製造を行います。
例えば金属加工で部品の製造を行う場合ですが、切削加工や金型を使って部品加工を行う場合もあります。
それぞれの加工法には機械によってメリットやデメリットがあります。その中の一つに「プレス加工」という加工技術がありますが、今回はプレス加工のメリットについてをわかりやすくお話しいたします。
プレス加工とは、金型を使って金属の板を上下または前後などから挟み、高い圧力でプレスして金属を加工する「転写加工」の一つです。
金型は一度部品加工を行うだけで壊れてしまうものではなく、繰り返し同じ部品を生産する事が可能なので、大量生産をする肉薄の部品加工に最適な加工技術です。
つまりプレス加工の最大のメリットは、他の加工技術よりも生産性がとても高いと言えるでしょう。
もちろん同じように金型を使う「ダイカスト」という加工技術もありますが、材料の金属を溶かして金型に高圧で射出して形成する手間がありません。
その手間が無い分、素早く部品を生産する事ができるのです。
さらにプレス加工のメリットはコストが安いという点です。金型を作るのは確かに高い費用がかかりますが、そう簡単に金型がダメージを受ける事はありません。
そのため、生産量が高ければ高いほど一つ当たりの部品の加工費用が安くなるのです。ちなみに射出成型のおよそ4倍~5倍の生産性の高さがあります。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

大量生産にもってこい!【アルミダイカスト】の生産性

アルミダイカストは現代使われている様々な製品の部品を生産するのに利用されています。特にアルミダイカストで部品の生産を行う事によるメリットは、他の機械加工とは違った高い生産性にあります。
そもそもアルミダイカストというのは熱して溶かしたアルミニウム合金を、金型に射出して冷やして高い圧力をかけて生産する技術です。一度にいくつも部品を生産できるので、他の機械加工より生産性が高いのです。
金型の生産技術も高いため、より複雑でより肉薄な製品の生産にも使われています。しかもアルミニウムは溶融温度も低く、金型を傷めないという性質があるため、金型のもちも良くその分コストが安く抑えられるのです。
他の金属とは違ってアルミダイカストに使われる材料は、何度でも再利用する事ができるため、材料を無駄に使わないというのもメリットの一つだと言えるでしょう。もちろんプラスチックなどもそうですね。
一日に生産できる部品の数の多さは、他の生産技術でもかないませんし、アルミという軽い特性があるため、軽量化したい自動車などの部品にはピッタリの生産方法なのです。
ただし、アルミには向かない性質の部品を生産するときには、アルミダイカスト以外の技術を使う必要があるようですが、軽量で丈夫で美しくて量産効果がある製品を作りたいのならば、アルミダイカストを利用するのが一番です。
もちろんアルミ以外の金属をダイカストで作る事もできますが、融点がアルミニウム以上になると金型の傷みが激しくなる可能性が高いので、その時にはどの技術で生産をするのかを検討する必要があるかもしれません。
太陽パーツではアルミダイカストで部品の生産をするのに適しています。スピーディーに良い製品を生産したいのでしたら、ぜひ一度太陽パーツの担当者までご連絡くださいませ。
特に次のようなお悩みがある場合には、ぜひお気軽に相談してくださいませ。
・コストの削減を検討されている
・ダイカストの金型の傷みが激しい
・小ロットだけどダイカストを利用したい
これらの悩みをスッキリと解決できるのは太陽パーツのエコダイカストです。お気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

太陽パーツ テクニカルニュース vol.12


 

太陽パーツがお届けする
エンジニアのための技術情報紙『Taiyo Parts Technical NEWS』 vol.12

詳細についてはこちら

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

国内の品質を低価格で提供!太陽パーツ海外生産の魅力

ダイカスト製法で生産する事のメリットをご存知ない方の方が少ない時代ですので、ダイカストでの部品生産に人気が集まるのも無理はありません。
ですが人気の生産技術だからこそ、生産工場にはたくさんの生産の依頼が集中してしまうものです。中には希望する納期通りに部品の生産が間に合わないのでは?と不安を感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
もしダイカストで部品の生産をしたいと考えているのならば、太陽パーツへお任せしてみてはいかがでしょうか。なぜならば太陽パーツには「海外生産」という奥の手があるからです。
例えば中国の工場では広大な土地に日本と全く同じ機械がたくさん設置されています。さらに海外の工場は一か所だけではなくいくつかに分けられて、毎日製品の生産を行っているのです。
国内とは違って人件費も現地に合っているため、日本国内で部品の生産を行うよりも格安で部品を手に入れる事が可能になるのです。
もちろん日本国内と全く同じ品質で部品の生産を行う事が可能です。スケジュールに沿って現地のスタッフと日本のスタッフが、コツコツと製品の生産を行って丁寧に梱包して国内に輸送します。
なので日本国内じゃないと品質が問題になるとか、納期に間に合わないといった問題からも解放されて、ストレスもどこかへ吹き飛んでしまうでしょう。
技術スタッフも多く、様々な問題に取り組んできたので何かがあったとしても、安心してお任せする事が可能です。
もしもダイカスト製品の生産を検討しているという方で、少しでもコストを削減したいと検討中の方は、ぜひ一度太陽パーツへとご相談されてみるといいでしょう。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカスト鋳造法と砂型鋳造の特徴を比較すると?

ダイカスト鋳造法と砂型鋳造はとても似ています。というか金型を使って金属を流し込んで固めて部品にするというのは全く同じ方法です。
ですがこの二つの鋳造方法というのは似ている部分もありますが、違っている部分もあるものなので、その違いはどんな事なのかについてをお話いたします。
まずはダイカスト鋳造法についてを具体的に説明しますと、ダイカスト鋳造法はアルミニウムやアルミ合金、その他の金属を熱して溶かし、金型に流して圧力をかけて冷やして固めます。
金型は複雑な形状に作る事も可能で、入子をしたり中子を入れたりして部品の生産を行う事ができます。生産性が非常に高いのが特徴で、一度に大量に精度の高い製品を作る事が可能な製造方法でもあります。
しかも製品の表面もとてもキレイに仕上がるので、処理をする時にもとても処理しやすいというメリットがあります。一つ一つのコストがとても安くなるため、他の金属加工よりも利用する方が多いのも特徴でしょう。
一方で、砂型鋳造というのはどのようなものなのかというと、砂を使って鋳造の金型を作って、その砂型の中に解けた金属を流して冷やし固めて部品の生産を行います。
ダイカストとは違って製品の精度はそれほど精密ではありません。ただ使用する型のコストは安く済むのが特徴ですが、決して一つの製品の価格が安いというわけではありません。
大量生産をするのには向いていません。ただアルミダイカスト鋳造法で製造する事が難しいと言われる大きな部品の生産を行うのには適しているといっていいでしょう。
ただし砂型なので製品の表面はザラザラとしているため、表面処理をする必要があるでしょう。またアバウトな寸法ではなくてしっかりとした寸法が欲しい場合には、二次加工を施す必要がある場合もあります。
太陽パーツではダイカスト鋳造法、砂型鋳造などの製品の生産を行っています。今後砂型やダイカストで製品の生産を検討しているのであれば、ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談くださいませ。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

多くの金属製品の製作を可能にする旋盤とフライス盤

金属の部品を加工するためには、金属を加工する事ができる機械を使わなくてはなりません。旋盤とフライス盤はその基本的な加工を行える代表的な機械です。
この二つの機械の加工の違いやそれぞれの機械の特性をよく知って、今後、部品加工の事で悩んだ時には最適な加工方法で部品の生産を検討する事ができるのではないでしょうか。
まず旋盤の方から説明すると、旋盤加工というのは材料が高速回転をします。その高速回転をしている材料に対して、チップや刃物を使づけて切削加工を行うのです。
基本は円筒形の部品加工を行います。外径の切削加工だけではなく内径へドリルでの穴あけを行い、内径バイトを使って内径を広げていく加工も行います。
溝入れをしてねじ切りを行ったりする事も可能です。加工できる金属の種類がとても多いのも特徴で、金型などのために使う硬い素材の加工も専用のバイトで行えます。
一方でフライス盤での加工は、丸材を加工するというよりも角材を加工したり、旋盤加工を行った後の二次加工などのために利用する事が多いです。
加工できるのは平面削りやエンドミルを使っての段差加工をしたり、溝加工をしたり穴あけ加工をしたりする事も可能ですし、ドリルを使って指定された場所に穴あけを施す事も可能です。
タップを立てたりする事も可能です。旋盤加工との大きな違いは旋盤加工のように材料が回転するのではなく、ツールの方が高速回転をして部品の加工を行う事です。
この二つの機械加工を使って、様々な複雑な形状の製品を作る事も可能です。
もし金型の製造や切削による部品の生産を検討しているのであれば、太陽パーツへお気軽にご相談ください。きっとご希望に沿った部品の加工でお応えしてくれるでしょう。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

高価な金型も半額に!太陽パーツ自慢の「エコダイカスト」

太陽パーツでは様々な部品生産を行っております。加工機械の種類はとても豊富ですが、その中でも特に人気が高いのが「エコダイカスト」という特許製法での部品の生産です。
なぜこれほどまでに太陽パーツの「エコダイカスト」は人気でおすすめできる加工技術なのかというと、太陽パーツのエコダイカストは特許製法だからです。
一般的にダイカストを使って部品の生産を行う時、何を一番心配してしまうかというと、それはやはり「ダイカストで製品を生産できるようになるまで」に時間がかかるという点です。
なぜならばダイカストで部品の生産を行う時には、製品生産に必要な金型が無くてはならないからです。実はダイカストで部品の生産を行う時には、まず金型を製造する必要があります。
ダイカストの金型というのは一般的には非常に費用のかかるものです。なぜならば金型は上下で一対となっていて、それぞれの材料代や加工費がかかるからです。
だから生産数が多い部品の加工を行うためにダイカストの選択をするケースが多いのです。ただし従来のダイカストの場合は大量生産の部品以外には利用しないものでしたが、エコダイカストは全く違ったダイカストです。
通常のダイカスト用の金型というのは、ベースの部分と金型の部分が一体化されています。ベースの部分は金型ですが金型としては使わない部分なので、この部分の材料費だけが問題だったのです。
エコダイカストの金型はベース部分は必要ありません。この部分は太陽パーツの共通部品となっているので、お客様の負担は従来のダイカストの半額で済んでしまいます。
つまり大量生産をするためにエコダイカストを活用する事もできれば、50個くらいの極小ロットにまでも対応する事ができるようになった事になります。
当然ですが部品の精度もどこにも負ける事はありません。ただただ金型の費用を半額にまで抑える事ができ、変わらぬ製品制度で部品の生産ができるのでおすすめできるのです。
詳しくは太陽パーツの担当者まで、お気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

1 / 9012345...102030...最後 »

HOME > ブログトップ


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.