太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ

太陽パーツ株式会社のスタッフブログ

アルミ押出形材の需要が増す理由とは?

近年、アルミ押出形材の需要が増加し続けている理由は、アルミ押出の技術の進歩が第一にあげられるでしょう。
アルミ押出形材というと建具などの簡単な形状で、ある程度長い素材をそのまま使う場合には、短いものをつなげて使うよりも、長い状態の素材をそのまま使った方が良いからです。
だからアルミ押出によって作られた形材は建具などに活用され続けているのです。
そして技術の進歩によって様々な形状の製品を作り出す事ができるようになったため、建具だけではなく自動車に使う部品を製造したりOA機器の部品を生産したりするようになりました。
同じ金型を使って製品を生産する加工技術とは違って、長尺でありながらも複雑でより薄肉の製品が生産できるので、剛性のある丈夫な製品を作れるのもアルミ押出形材の需要が増した理由となるでしょう。
他にも押出技術の種類も増えたため、直接押出法で見られたメタルフローの不均一を改善できる、間接押出法や、静水圧法といった製法もあるので、製品によって生産方法を使い分ける事も可能です。
アルミ押出のための金型であるダイスも、簡単な形状のものはもちろんですが、合成ダイスやポートホールダイスやブリッジダイス、スパイダーダイスなど多くのダイスを使って、より複雑な形状を作り出す事も可能になっています。
より精密な製品を作りたいと思うのならば、ダイスの設計をしっかりとしなくてはなりませんが、専門家が数多く存在しているので相談されると製造と失敗がないでしょう。
そのためにはアルミ押出の高い技術と経験を必要とします。その製品を作るために必要な金型の形状を見極め、安定した製品の供給が望めるのもアルミ押出技術の素晴らしいところです。

太陽パーツではアルミ押出の高い技術と経験を兼ね備えた製品づくりをモットーとしております。低コストでより良い製品を生産したいと思うのならば、一度太陽パーツへお気軽にご相談ください。

 

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

大量生産の際に使用される「量産金型」とは

金属加工には金型という製品の元となるものを使って製品の生産を行っているものが多く存在しています。その代表的なものがプレス加工やアルミダイカストなどです。
ダイカストなどの技術では金属を加工するためのものもありますが、射出成形というプラスチックを使った製品の生産を行う技術では、「量産金型」と言われる金型を使う事が多くなりました。
ところで皆さんは「量産金型」というとどのようなイメージを浮かべられるでしょうか? 今回は量産金型というものがどのようなものなのかについてを、わかりやすく説明していきましょう。
量産金型というのは文字通り製品を大量生産する時に使われている金型の事を言います。なぜ今量産金型というものが必要なのかというと、量産金型を使って製品を製造すると、一度に大量に製品を作り出す事ができるからです。
一度に大量生産をするという言葉を聞くと、何となく製品の質が悪そうに感じるかもしれませんが、量産金型というのは精度の高い製品を短時間に大量に生産できるので心配はいらないのです。
ではどうして量産金型というのが精度の高い製品を大量生産する事ができるのかというと、それは金型を作る素材がまず違います。耐久性の高い鋼材を使って作られます。
さらに大量生産をしても高い精度の製品を作るために、金型を作る前に何度も何度も試作品を作ってテストを行う必要があるのです。つまり金型を作る前の段階で苦労する金型なのですね。
ただし苦労して作っただけの事はあって、メリットはとても高いと言えます。精度の高い製品を安く早く生産できるので、価格競争にも品質競争にも勝つ事ができるでしょう。
ですが大量生産に特化しているため、コスト割れするようなロット数では製品の生産はできないのです。この事から量産金型を使う時は、大量生産が決まっていて何年先も製品の生産が決まった状態であるのが望ましいのです。

太陽パーツでは量産金型のように優れた耐久性のある金型を、低コストで作るエコダイカストというのがあります。金型のご相談はお気軽にお問合せください。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工における【絞り加工】について

プレス加工は金型を使って必要な形状に金属板を加工する事ができる加工技術です。比較的自由度が高く精密な製品を作る事も可能になりました。
そしてプレス加工にはいくつもの加工方法があるのですが、その中でも「絞り加工」という加工技術についてを、簡単ではありますがお話しいたしましょう。
絞り加工というのは金属の板を金型に挟み込み、金型と同じ形状になるまで高い圧力をかけて形成するという加工技術です。
イメージとしては金属の板を挟んで固定して、そこへ上下から金型を押し付けて、高い圧力でその金属を伸ばします。
つまり簡単に言うとプレス加工の絞り加工というのは、金属の伸びる性質を利用して金型と同じ形状にする加工技術なのです。
代表的な絞り加工の製品と言えば、アルミニウムでできた灰皿などがそうですね。あれも絞り加工の技術を使って作られた製品の一つです。
大量生産が可能になるため、安くて良い製品を作りたい時などにも利用されています。
絞り加工でできる形状もとても豊富で、円筒絞りといって円筒形にしたり、角筒絞りといってお弁当箱のような形状に加工する事ができたりします。
他にも異形絞りやすり鉢状になった形状に加工する事も、球体に加工する事も可能となっています。比較的自由度が高いというのも絞り加工の特徴かもしれません。
絞り加工に使う事ができる材料もかなり多く、ステンレスに鉄、アルミニウムや真鍮に銅など意外と使える金属が多いのも特徴の一つでしょう。
加工を行う時の時間も短いですし、何よりも絞り加工を行う事によって得られるメリットも大きく、製品の表面処理にも貢献してくれると言えます。
しかもコストの削減も可能なので、現在プレス加工の絞り加工での製品の製造を検討されているのならば、絞り加工で製品の製造をしてみてはいかがでしょうか。

太陽パーツではプレス加工の金型などの他に、プレス加工による製品の生産の依頼も受け付けております。詳しい事はホームページからぜひお問合せください。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

太陽パーツ テクニカルニュース vol.7



太陽パーツがお届けする
エンジニアのための技術情報紙『Taiyo Parts Technical NEWS』 vol.7

詳細についてはこちら

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

板金加工に欠かせない「タレパン」を知ろう

金属加工の加工技術の中に「タレパン」という加工技術があります。あまり知られていないかもしれない加工技術ですが、非常に便利な機械加工技術なのでわかりやすく説明してまいります。
タレパンというと何となくほんわかしたイメージが沸くと思うのですが、これは「タレットパンチプレス」という加工を短くした言い方で、とても頻繁に使われている加工技術なのです。
パンチプレスは金属の板をセットして、金型を取り付けた機械がパンチ、つまり叩くようにして打ち抜いていくと言うとわかりやすいのではないでしょうか。
タレパンの機械は金型を一つしかセットできないタイプのものもありますが、NC制御がついているタイプの機械なら、いくつもの金型をセットする事ができます。
そしてプログラミングによって必要な加工を全て一度に行う事ができるので、大量生産をする事も可能な金属加工技術なのです。
つまり部品によってはタレパンの機械一台で、完成品を作る事だって可能となります。ただしNC装置がついていないと自動で金型を変えたりはできません。
他の加工と違うところは、金型とダイを使って金属の板を挟み、強い圧力で製品を打ち抜いて製品を作るところですが、金型を定期的にメンテナンスしなくてはなりません。
なぜならば、タレパンというのは刃物の部分(上)とダイの部分(下)で材料を挟んで金属板を切るという、金型がハサミと同じような働きをする加工技術だからです。
刃物が切れなくなってきたら製品の精度も落ちてしまうというわけなのです。ですので金型のお手入れはしっかりと行う必要があるのですね。
少しでもずれてしまうと刃物としての役割を果たす事が難しくなってしまうのもタレパンの特徴です。そのため金型の精度に気を付けなくてはならないのです。

太陽パーツでは板金の金型はもちろん、タレパンの金型の製造も行います。適正なクリアランスの金型で製品を作りたいのなら、ぜひ一度太陽パーツへお気軽にご相談ください。

 

 

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

マグネシウム合金が優れている点とは【マグネシウムダイカスト】

マグネシウムというのは世界中で利用されている金属です。例えば他の金属と混ぜて使われる事も多いマグネシウムですが、なぜマグネシウム合金は使われるのか、優れた点をいくつかご紹介いたしましょう。
そもそもマグネシウムという金属はどういうものなのかというと、一番にはとても軽いという特徴があります。実はマグネシウムというのは構造用金属の中で最も軽い金属だと言われています。
そのため軽量化したいなどの理由でマグネシウム合金を使う事が多いのです。さらに剛性がとても優れている事や、密度当たりの引張強度である強度重量比がとても高い事でも知られています。
つまり強い金属になるという事になりますね。さらに動作温度での耐久性が高い事でも知られています。他にも高い耐蝕性を持ち薄肉成形ができるというのも理由の一つでしょう。
さらに熱に強く熱伝導率も良いですし、電気を通し熱への耐久性も高く原料にかかる費用の削減にもつながります。しかもリサイクルができるのも利用される理由の一つだと言えるのではないでしょうか。
これらの理由からダイカストで製品を作る時には、マグネシウム合金を利用する事が多くなってきたのです。薄肉な部品が作れて耐久性や熱、電気の伝導率が高いとくれば製品の小型化にも貢献できます。
もちろんアルミニウム合金も利用されているのですが、実はアルミニウム合金と比べてもマグネシウム合金というのは、軽くて丈夫な部品を作る事ができるとして人気が高いのです。
しかもダイカストにおいては、量産する事が目的ですが加工しやすいという点からも、マグネシウム合金は優れていると言ってもいいでしょう。
ちなみにアルミニウム合金よりもおよそ30%も比重を小さくでき、電子部品などに最適な優れた金属であると言えるのです。
太陽パーツではマグネシウムダイカストによる製品の生産を行っております。しかも使用する金型のコストも大幅に減らす事も可能です。
詳細については、太陽パーツのホームページからお気軽にお問合せくださいませ。

 

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削加工と研削加工は何が違うの?

金属加工には似ている加工方法がたくさんありますが、今回は「切削加工(せっさくかこう)」と「研削加工(けんさくかこう)」の違いについてを簡単に説明いたします。
まずは「切削加工(せっさくかこう)」から説明しますと、切削加工というのは金属を加工する技術の一つで、機械に取り付けた金属が高速回転をして、その金属に加工工具で削る加工です。
もちろん金属が回転するのではなく工具の方が高速で回転をしながら削るというのも切削加工の一つです。
切削加工では金属に穴を開けたり穴を広げたりする事も可能ですし、ネジを切る事もできますし内径や外径を削って必要な形に加工する事ができる技術でもあります。
切削加工に属する加工は、汎用旋盤、汎用フライス、ペンチレス、NC旋盤、マシニングセンタ、ボール盤、などが当てはまります。
そして切削加工を行う時の工具というのは、バイトであったりチップであったりドリル、突っ切りバイト、溝入れバイト、内径用バイト、外形用バイト、エンドミルなどがあります。
一方「研削加工(けんさくかこう)」というのは、バイトやドリルなどを使う事はありません。この加工技術というのは砥石を使って製品を美しく仕上げるための研磨加工の事を言います。
研削加工に使う機械は、他の金属加工用機械と同様に、超大型の平面研磨盤、大型平面研磨盤、センタレスやバレル研磨、バフ研磨、円筒研磨機などかなりの種類があります。
使用するのは砥石や研磨剤で、美しい仕上がりにする事ができ寸法精度もかなり高いのが特徴です。1/1000の寸法精度を出す事も可能です。
研削加工を行う時は、製品を取り付けて高速で回転する砥石が近づいてくるタイプや、回転している砥石に部品を近づけていくタイプがあります。
金属を鏡のように仕上げる事も可能な研削加工は、主に仕上げを行う時に使われている技術なのです。
いかがでしたか? もっと簡単に説明すると、切削加工というのは金属の塊から部品を製作する時の技術で、研削加工というのはできた製品を仕上げるために使う技術なのです。

太陽パーツは金属加工のプロです。部品を製作してもらいたいとか金型を作って欲しいなどのご要望がありましたら、いつでもお気軽にご連絡くださいますようお願いいたします。

 

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

金属加工においての「熱処理」の役割って?

金属加工を行った後の処理の一つに「熱処理」という加工があるのをご存知の方も多いと思いますが、熱処理を行う事によってどのような効果があるのかをあまりよく知らない方もいるかもしれません。
簡単に金属加工での熱処理を行う事によって、どのような効果を実感する事ができるのかについてを、簡単にわかりやすく説明していきましょう。
まず熱処理というのがどのようなものなのかについてを説明しますと、製品を熱処理する事によって熱する事による金属の変化をプラスして、より良い製品に仕上げる事ができます。
例えば加工した金属を熱処理する事によって、結晶構造やその金属の性質が変化するのですが、変化させる事によって金属を強くしたり、さびにくくさせる事が可能になるのです。
熱処理を加える事によって何がもっとも変化するのかというと、やはり「硬度」でしょう。金属を熱する事によって結合が強くなったり、熱した金属を冷やす事で柔軟性を持たせる事も可能です。
必要な部品に必要な機械的性質を変化させる事こそが「熱処理」の役割だというわけです。ちなみに熱処理を行う時の機械的性質変化や硬度の変化については、金属事に違う事も知っておく必要があります。
何となく熱処理をするというと、部品が溶けて弱くなってしまうのではないかと感じる方もいるかもしれませんが、熱処理を行う金属の性質にあった熱処理を行えるので安心です。
わからなくて不安な場合には熱処理のプロに、必要な性質を相談して使用する金属を選ぶなど工夫をするといいかもしれません。
さらに熱処理を行う時間についても、製品の大きさによって変わってくるものなので、これに関しても熱処理を行う際に尋ねてみるといいかもしれません。
なぜ専門家に相談をしながら熱処理を行った方がいいのかというと、熱処理を行う事による熱処理変形というものがあるからで、熱処理を行った時後に冷却を行う時に、金属が膨張してしまったり収縮したりする事があるからです。
そのためにはしっかりと温度ムラができないよう工夫する、なるべく変化が起きにくくなるような加熱速度の調節に気を使う必要があります。
太陽パーツでは金属加工の事なら何でもご相談いただけます。熱処理の事でわからない事があったりした場合でも、お気軽にご相談くださいませ。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

機械の種類を使い分ける金属加工【ベンダー加工】とは

ベンダー加工とは? 簡単に説明すると、プレス加工の加工技術の一つで、金属を機械の圧力で曲げる(希望する形に変える)という加工技術の事をいいます。
この加工を行うためにはプレス機械が必要となり、プレス機械に加工したい形状の金型を取り付けて、その間に金属の板を挟み込んで加工を行います。つまり金型があればどんな形にも加工を行う事ができるのです。
しかも大量生産を行う事も可能なので、生産性の高い機械加工であると言えるでしょう。ただし使用するプレス機械に取り付けられる大きさや重さである必要があります。
ベンダー加工には手動で金属を曲げる加工法があったり、機械の力を利用して曲げ加工を行う事も可能で、機械によって加工できる形状や大きさも変わってくるのです。
当然NC装置のついたベンダー機械もありますので、同じ形状の製品を大量に生産するのに適しています。
金型さえあればどの機械で加工をしても同じような製品を作れると思われるかもしれませんが、製品の大きさや重さそして金属板の板厚などを考慮して、最適なベンダー加工を行える機械を選択する必要はあります。
意外に思われるかもしれませんが、ベンダー加工という技術を利用する機会はとても多く、金属加工の中で頻繁に利用されている加工技術でもあるのです。
ただ単に曲げればいいのかというとそうではなく、近年では精密な製品を求められる事も多くなったため、金型を製作する時には高い精度を要求されることも多いようです。
つまりベンダー加工で作られる製品は高い精度のものを製造できる事になり、それを実現させるためには精度の高いベンダー金型を作る必要がある事になります。

太陽パーツでは、ベンダー加工の精密金型を製作しています。お客様のご要望に合った金型を作る事でお客様に貢献する事が可能です。
もちろん部品の製作についての依頼も可能です。詳細についてはぜひ太陽パーツへご相談くださいますようお願い申し上げます。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

金属加工におけるシャーリング加工(せん断加工)の役割って?

シャーリング加工とは、様々な加工機械を使って金属を切断する加工技術で、使用する機械によっては金属を切り抜いたり、細かく切り分けたりする事ができます。
特に金属の板を使った加工では、大きな一枚の金属板から加工に必要な大きさの板にするための、材料の切り分けなどを行ったりするのに役立っています。
代表的なシャーリング加工の機械は板金の機械で、台の上下に金属を切断するための刃がついていて、ハサミのように上下から挟み込んで金属を切断していきます。
この時注意したいのは、上下についている刃と刃の隙間が大きければ大きいほど、切断面のダレやバリのかえりが大きくなるので、隙間をできるだけ小さくできるよう調節する必要があります。
金属板の部品加工においては、よくコンターを使って切り抜きなどを行いますが、切り抜きする形状が直線で切断しやすい形状のものならコンターを使って作業をする機会も多いようです。
このようにシャーリング加工というのは、部品を製造するための材料の切り出しをしたり、ある程度完成に近い形状に切り抜くという役割を持っています。
シャーリング加工をする事によって、次の工程にかかる時間を短縮する事ができますし、材料の切り出しを依頼する手間とコストを削減する事ができるでしょう。
ただし、シャーリング加工は重要な役割を持っていますが、その加工方法ならではの弱点もあるので、注意しなくてはならない事も念頭に入れて加工するといいですね。
刃物は隙間が少ない方が切断面がキレイであるという事、この部分さえ気を付けていれば切り出しの他にも、大量に必要なブランク加工を行う事もできます。
つまりブランク加工や切り出し加工を担うだけでもコストを抑える事ができるというメリットのある加工技術である事は間違いないでしょう。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.